リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

青山学院大学文学部の偏差値や倍率と評判は高い?合格最低点とボーダーラインはどうか?

【スポンサードリンク】

青山学院大学文学部は青学の中でも人気の学部になります。青山学院大学文学部は非常に評判が良いですから。特に英米文学科は学生に人気です。ここは偏差値で言うとどれくらいになるのでしょうか?青山学院大学文学部は偏差値言うと60くらいになると思います。学科によって微妙に違いますけど、英米文学科は国際政治経済学部と並んで、青学の看板学部と言われています。文学部は英米文学科、フランス文学科、日本文学科、史学科、比較芸術学科があります。青山学院大学文学部の偏差値は全体的にどの学科も高いです。英米文学科は偏差値が高そうに思えるかもしれませんけど、3科目入試に関しては他の学科とそこまで変わりません。青学の中では文学部の難易度は恐らく真ん中くらいだと思います。したがって、ここは特に人気ですし、偏差値も高いのです。青山学院大学文学部の偏差値は学科によって微妙に違うけれども、そこまで大きな差はないと思います。センター利用入試のボーダーラインを見ても、青山学院大学文学部ではやはり英米文学科が1番高いですが、1番低いのかな?と思われる史学科との差は3%くらいです。だから、基本的に青山学院大学文学部のセンター利用入試のボーダーラインは8割台後半が必要です。青山学院大学文学部では英米文学科が難易度が1番高いと思いますけど、それ以外のフランス文学科、日本文学科、史学科、比較芸術学科はほとんど一緒と考えていいかもしれません。青山学院大学文学部の偏差値を見てもほとんど差はないんじゃないですかね?入試方式や日程にもよりますけど。

 

青山学院大学文学部に入りたい人は偏差値を上げていかないといけませんが、3科目で60くらいあれば結構可能性が出てきます。60弱くらいでも受からないことはないと思います。偏差値が60あれば合格可能性は5割を越えそうな気はします。あとは青山学院大学文学部の対策で重要なのは受験科目についてです。文学部ということで、青山学院大学文学部の受験科目では国語に漢文が入る可能性が高いです。他の社会科学系の学部は国語は漢文がないところが多いですけど、文学部は漢文が入るところが多いので、青山学院大学文学部の受験科目はしっかりとチェックしておいてほしいと思います。そして、青山学院大学文学部の受験科目の国語では、古典は古文と漢文両方やっていかないといけません。文学部は漢文まで出るのが通例になっていますから、他の学部と比べて勉強量が増える可能性があるので、ちょっと大変かもしれません。そして、もう1つ注意点があります。青山学院大学文学部の入試科目を見るときには選択科目も見ておいてください。5つある学科のうち、日本史と世界史しか使えない学科が3つあります。これは個別日程の一般入試になりますが、英米文学科、日本文学科、史学科は政治経済や数学などは使えません。全学部日程やセンター利用入試はまた違う可能性がありますけど、この3つの学科は2017年時点では、選択科目に制限があるので知っておきましょう。文学部で政治経済や数学で受験できるところはあまり多くないですから。

 

青山学院大学文学部の入試科目は是非調べておいてほしいですが、青山学院大学文学部に入りたい人は倍率についても知っておきましょう。青山学院大学文学部の偏差値のみならず、こういうデータも知っておくと良いと思いますから。過去の倍率はどうなっているか?というと、文学部はどの大学でも他の文系学部よりはやや低いということが多いです。それでも青山学院大学文学部の倍率は個別日程に関して言えば、4倍前後かな?って感じです。学科によって多少差はありますけど、3倍台から5倍いくか?どうかくらいのあたりに収まっています。これは今後大きな変化はないと思います。しかし、全学部日程はとかはもっと高いです。全学部日程の青山学院大学文学部の倍率は学科ごとにかなり差があります。10倍を超えるようなケースもありますが、恐らくこちらは年度によってだいぶ変わると思うので、過去の全学部日程の倍率は参考程度に見ておくと良いと思います。青山学院大学文学部の倍率はそこそこ高いと言えるのかな?でも、法学部、経済学部、経営学部とかはもっと高いですからね。青山学院大学文学部は学内でも評判の高い学部になりますけど、倍率だけ見ると他の学部の方が高いですが、これは多くの大学で共通の傾向です。文学部よりも社会科学系の学部の方がどの大学の基本的に倍率は高いです。それは文学部よりも社会科学系の学部の方が就職に有利ではないか?とか、そういう思惑もあると思われます。文学について本気で学びたいと思っている人にとっては青山学院大学文学部の評判は高いので、非常におすすめと言えると思います。それでも青山学院大学文学部の難易度は高そうに見えるまもしれませんが、倍率だけでは測れない難しさというのがあると思いますから、そこについても考慮しておきましょう。でも、青山学院大学文学部の倍率は自分でも細かくチェックしておくと良いと思います。

 

あとは合格最低点でしょうか?センター利用のボーダーラインについては簡単にお話ししましたが、青山学院大学文学部の一般入試の合格最低点についても簡単に書いておきます。とにかく全学部日程は合格最低点が高いです。青山学院大学文学部の全学部日程の合格最低点は学科ごとに差がありますが、7割~7割後半です。これも恐らく毎年変わりますよ。先ほど言ったように、全学部日程は倍率が年度によって変化が激しいと思うので、全学部日程の合格最低点についても変化がそれなりあると思いますから、過去の合格最低点はほとんど参考にならないのではないか?と思います。青山学院大学の全学部日程は早慶上智あたりを本命にしている受験生が個別日程の前に受かっておこうと考えて受験するケースも多く、MARCHや青学を本命にしている受験生が受かるのは本当に難しいです。実際、全学部日程の青山学院大学文学部の偏差値もかなり高いですから、全学部日程の偏差値についても調べておくと良いと思いますけど、やはり合格最低点の高さについて知っておかないといけないのです。だから、全学部日程を受けても良いのですが、全学部日程の青山学院大学文学部の難易度は非常に高いということを知っておきましょう。ただ、一般入試の個別日程の合格最低点であれば、多少低くなりますが、それでも高いです。こちらは7割前後って感じですね。史学科が多少低いです。史学科、日本文学科A方式、B方式、比較芸術学科の合格最低点は65%くらいとなっていますが、フランス文学科は7割弱、英米文学科はA方式が7割、B方式が7割5分、C方式が6割くらいとなっています。

 

これは2016年度の結果なので、今後も同じとは限りませんが、青山学院大学文学部の合格最低点ということで参考になればと思います。全学部にって、個別日程ともにホームページに載っているので、青謝学院大学文学部の合格最低点は細かい数字が気になる人はそこを見ておくのが良いと思います。センター試験を受ける人は青山学院大学文学部のセンター利用のボーダーラインについても詳しく調べておきましょう。青山学院大学文学部の難易度はどの学科も難しいですけど、ここに受かりたい人はかなり勉強をしないといけません。どの学科も偏差値が高いので、青山学院大学文学部に受かりたい人は3科目で偏差値60を目指していきましょう。青山学院大学文学部は英米文学科、フランス文学科、日本文学科、史学科、比較芸術学科のどれも偏差値が高いですし、穴場の学科などもほぼないと思うのです。そして、学内でも特に人気の学部で評判も高いのが青山学院大学文学部になります。学生にとっての魅力も多くあって、入学できれば楽しいキャンパスライフになるのではないか?と思います。青山学院大学文学部の学生の評判などをインターネットを通じて、口コミとして調べておけば、より魅力が伝わってきて、青山学院大学文学部に受かりたいという気持ちが強くなる可能性があります。今、青学自体が人気が上がっている大学なので、本当に入るのは難しくなっていますから、文学部も例外ではないと思って本当に勉強を頑張らないといけません。ちゃんと計画的に勉強をして、過去問対策も時間をかけてやりましょう。青山学院大学文学部に入りたい人、受験予定の人は口コミや評判などを調べておいて、ここに受かるための勉強をするモチベーションを上げると良いかもしれません。そういったことをすれば大学や学部の魅力を掴めて、それで受験勉強を頑張るぞ!という気持ちになれる可能性もありますから。入試に必要な情報を調べつつ、大学や学部への魅力などについても調べておくと良いと思います。

 

あわせて読みたい記事