リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

新潟大学の偏差値や倍率は?入りやすい学部とセンター試験の足きりのボーダーライン

【スポンサードリンク】

新潟大学というのは北陸地方にある国立大学で非常に難易度が高いです。この大学は新潟県やその周辺に住んでいる人ならば、多くが目指す可能性がある大学ですが、結構難しいと言えると思います。新潟大学の偏差値は文系学部は55前後で、理系学部はそれよりも少し高めということになると思います。新潟大学の偏差値は私立大学に例えると、MARCHまでいくか?どうかくらいだと思います。新潟大学の偏差値を私立大学に換算すると、文系学部は50台後半になると思うので、MARCHまでのレベルにあるか?どうか微妙なところですね。MARCHの偏差値が57~63くらいになると思うんですけど、だから、法政大学とかに近いのかな?という印象を持っています。だから、私立大学に例えると分かりやすいと思いますけど、新潟大学難関大学と言えると思うのです。新潟大学の偏差値はMARCHに匹敵するのではないか?と思われますけど、いろいろな学部があるので、その中でどこを受けるべきなのか?どこが入りやすい学部なのか?というのも気になると思います。

 

新潟大学の場合には文系学部で入りやすい学部というと、どこもあまり変わらないかな?という印象です。新潟大学の偏差値に関して、どこの情報を参考にするか?にもよりますけど、新潟大学の偏差値は文系学部はほぼ横並びなのです。人文学部教育学部、法学部、経済学部がありますけど、55前後って感じで、新潟大学ではどこが入りやすい学部か?というのは、なかなか決めづらいと思います。したがって、受験したい学部をそのまま受けるのが良いかもしれません。あとは受験科目やセンター試験の足きりのボーダーラインなどの情報を参考にして決めるというのもありですね。新潟大学センター試験の足きりのボーダーラインは文系学部は前期日程で65~70%くらいです。教育学部は学科や専攻がかなり多くあるので、個別のケースでかなり違いますけど、だいたい概ねこんな感じです。センター試験の足きりに関しては文系学部では存在しない可能性もありますが、パスナビを見る感じだと経済学部がやや低いかな?という感じです。65%あるか?ないか?くらいなので、新潟大学で受かりやすい学部というのは、センター試験の足きりのボーダーラインを参考にすると、経済学部というのは1つ候補になるかもしれないのです。ちなみに理系学部の受かりやすい学部はというと、偏差値で言うと、工学部あたりかな?という気がします。理系に関しても新潟大学センター試験の足きりのボーダーラインの情報はよく見ておきましょう。

 

新潟大学の入りやすい学部は相対的なもので、簡単な学部や穴場の学部というものはないと思った方が良いです。国立大学なのでどの学部も難しいですし、新潟大学の難易度はやっぱり高いですよ。受験科目や二次試験とセンター試験の比率などを調べて、それで最終的に受験する学部を決めると良いと思います。新潟大学は国立大学なので倍率などはほぼ一定だと思うのですが、一応見ておいてほしいと思います。新潟大学の倍率は前期日程は、文系学部も理系学部も2~3倍程度が多いです。教育学部や医学部、歯学部はちょっと事情が違うケースもありますけど、概ねこんな感じです。新潟大学の倍率は後期日程も前期日程とあまり変わらない印象です。全体的にはということなので、個別に見れば変わるケースもありますが、後期日程に関しても倍率はそこまで高くないです。新潟大学は倍率をみるとそんなに難易度が高い大学には見えないかもしれませんけど、簡単な学部もないですし、どこを受けてもそれなり難易度はあるので、新潟大学に入りたい人はやはりセンター試験の対策からコツコツとやっていくしかないでしょう。そして、二次試験の対策ももちろんやっておいてください。それを入試本番までに間に合わせないといけないのです。新潟大学に入りたいならば、科目数の多い勉強効率よくやっていかないといけないので、勉強の仕方も工夫していく必要があるかもしれません。

 

新潟大学の偏差値はMARCHに近いレベルで、とても難しい大学になりますから、受かりたいならば文系でもそれなりに勉強が必要ですし、理系はさらに大変かもしれません。新潟大学新潟県民やその他の周辺の地域ならば、やはり多くが目指すと思う大学なので、ライバルは多いですよ。新潟大学の偏差値にとらわれず、難しい大学なんだと気を引き締めて、受験勉強を始めてもらいたいと思います。国立大学は勉強の仕方なども難しいかもしれません。より多くの科目を勉強しないといけないので、そこは効率化や要領の良さをというのが求められるでしょう。新潟大学に入りたい人はセンター試験と二次試験の対策を両方やっていかないといけないので大変だと思いますけど、そういった点を踏まえるならば、より早く受験勉強を開始した方が良いと思います。新潟大学の難易度は高いですから、本当に気合を入れて勉強をしていきましょう。センター試験に関しては医学部以外は足きりのボーダーラインとかはない可能性もありますけど、目安とされている点数をとれるように、確実に二次試験に進んで、その時点で不利な状況にないようにしていきましょう。センター試験でとるべき目安の点数はパスナビなどに載っていますから、気になる人は調べてみてください。

 

あわせて読みたい記事