リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

早稲田大学のAO入試の難易度は高い?倍率は低いが試験の内容や出願の条件や資格は難しい!

【スポンサードリンク】

AO入試を利用すると、一半入試ではとても入れないような難関大学に合格するチャンスが増えることもあります。一般入試も難しいですが、AO入試も難しいです。難しさの種類が違うと思うので、少なくともAO入試ならば楽に入れるとは思わない方が良いでしょう。受験生には人気の早稲田大学もAO入試をやっている大学の1つで、一部の学部学科についてはAO入試を利用して入学することができます。最新の情報によると早稲田大学で実施しているAO入試は政治経済学部国際教養学部スポーツ科学部、基幹理工学部創造理工学部先進理工学部となっているようですね。したがって、どの学部でもやっているわけではないので、早稲田大学で特に希望する学部がある場合には、そこがやっていない可能性もあります。早稲田ならばどこでも良いという方であれば、受かりやすいところを受けるという手もありますけど、学部ごとに早稲田大学のAO入試の試験内容も違いますし、難易度も変わってきます。

 

例えば、早稲田大学のAO入試の政治経済学部ではグローバル入試を行っており、これは面接、小論文、書類選考のほかに英語能力を見る試験となっています。英語能力というのは、TOEFLTOEICなどの資格をもとに審査をするみたいですが、英語力に長けた学生を多く集めたいという早稲田大学側の要望が感じられます。早稲田大学政治経済学部は看板学部なので、そういった人材を多く集めたいのでしょうか。早稲田大学のAO入試の内容としてはこのグローバル入試は1つ特徴的です。あとは早稲田大学スポーツ科学部ではトップアスリート入試を行っています。しかし、これはオリンピックや世界選手権への出場経験を持っていることが条件なので、いわゆるAO入試とはちょっと違うかもしれませんし、多くの人は無理でしょう。早稲田大学のAO入試では難易度が極めて高いと思います。AO入試というよりは、スポーツフロンティア入試に近いかもしれません。そして、早稲田大学のAO入試と言えば、国際教養学部ですね。ここは早稲田大学の中ではちょっと異質な学部という認識もあるかもしれませんが、AO入試で学生を募集しています。

 

この早稲田大学国際教養学部のAO入試は4月と9月に実施されており、4月は国外選考、9月が国内選考になっているので、9月がメインになるかと思います。早稲田大学国際教養学部のAO入試の試験内容は、筆記試験、面接試験、書類選考などとなっており、AO入試だけど筆記試験があるのが特徴です。一般入試ほどの問題のレベルではないかもしれませんが、早稲田大学の筆記試験なので、それなりの覚悟がいるかもしれません。早稲田大学のAO入試の中では難易度的には1番AO入試っぽい感じがします。一応、文系学部と思われる学部はこれだけかな?と思います。あとは3つの理工学部では徳辺選抜入試として、理系分野で数学オリンピック情報オリンピック物理チャレンジ、化学グランプリなどを活用した試験を行っており、こういった実績がないと難しいAO入試かと思われます。そして、早稲田大学創造理工学部建築学科だけに関しては、早稲田建築AO入試を実施しています。細かいことはホームページに載っていると思いますが、各学部ごとの早稲田大学のAO入試の内容は簡単にまとめると上記の通りになると思います。早稲田大学のAO入試は難易度はどれも高いでしょう。早稲田に入れるために多くの学生がチャレンジしてきますから。優秀な人が集まりやすいということも言えるかと思います。早稲田大学のAO入試はバカと揶揄されることもありますけど、むしろ一般入試で入ってきた人たちよりもAOや推薦で入ってきた人たちの方が成績は良いみたいなのです。それが以前ニュースにもなりましたから、早稲田大学のAO入試はバカを生み出す入試とは言えないということなのでしょう。

 

早稲田大学のAO入試は倍率を調べると、合格可能性とかもある程度見えてくるかと思います。一応、早稲田大学のAO入試の倍率を調べてみると、言うほど高くはなさそうです。年度によって細かい数字は変わるかと思いますけど、すでに紹介した学部のAOはどれも倍率は3倍前後くらいです。低いと2倍くらいで、高くても3.5倍くらいとなっています。早稲田大学のAO入試は出願条件を満たすのが結構大変なものもありますから、その時点で受けられない人が多くいると、それだけ早稲田大学のAO入試の何度も上がると言えます。早稲田大学のAO入試はレベルが高いですよね。特にスポーツ科学部や理工系の学部は試験内容や出願条件が難しいと思います。早稲田大学のAO入試の出願資格では評定平均などが加味される可能性もあるので、それも併せて調べておく必要があるでしょう。早稲田大学のAO入試は出願条件を満たして、土俵に上がるまでがすでに難しいので、そのうえで合格するのはさらに難しいと言えます。早稲田大学のAO入試に受かりたい人は出願資格を調べて、それを満たし、または満たせる学部を選び、そこを受験して、受かるための対策をとっていく必要があると思います。

 

早稲田大学のAO入試に受かりたい人は、早稲田大学のAO入試の倍率には惑わされないでしっかりと対策をとっていく必要があります。早稲田大学のAO入試に受かるにはAO入試専用の塾や予備校を利用すると良いかもしれません。そういったところがありますから、探してみると良いかもしれません。早稲田大学のAO入試は評定平均が関係する可能性もありますから、学校の勉強も頑張るようにしていきましょう。早稲田大学は人気の大学で、AO入試の難易度も高いとは思います。一般入試ではかなり難しい大学で、多くの人が苦労しているとは思いますけど、AO入試でも入りたい人は多くいて、かなり大変だと思いますから、入れた人は本当にすごいと思います。一般入試とAO入試は難しさの種類が違うので、AO入試も難しいと思いますよ。逆に言うと、AO入試の方が向いている人がいると思うので、そいういった人にとってはAO入試を受けていくことで早稲田大学に入れる可能性が上がっていくのではないでしょうか?早稲田大学AO入試は大変だとは思いますけど、挑戦される方はぜひ頑張ってほしいと思います!

 

あわせて読みたい記事