リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

内定辞退の理由の例で一身上の都合や親の反対はNG?留年や合わないはおすすめか?

【スポンサードリンク】

内定辞退の理由としてはどんなものが良いのでしょうか?内定辞退をするときには理由が必須とは言えませんが、聞かれる可能性があるので考えておいた方が良いのかもしおれません。内定辞退の理由の例としてはいろいろなものがありますけど、内定辞退をするときには、できるだけ人事に納得してもらえるものが望ましいと言える気がしますが、そういったときに1番の理由は何でしょうか?内定辞退の理由の例で1番人事が納得してくれそうというか、納得せざるを得ないのが留年です。留年したので、内定辞退をしますと言えば、これはどうしようもないですから、よくある会社に呼び出しをしたり、説得などをするような人事だとしても、諦める可能性が高い気がします。留年をしていても来年採用するからそのとき入社してよ。みたいなことを言ってこないとは100%は言いませんが、そういう会社はまずないと思うのです。確率的にまずありえないでしょう。したがって、内定辞退の理由では留年は1番効果的だと思います。留年を理由にしても、食い下がってくるような人事がいたとしても、その人事はどの理由を使っても食い下がってくると思うので、留年を理由にしてダメな場合はしょうがないです。そういう人事に当たった場合にはどうしようもないと思います。他の理由を使っても同じでしょう。

 

それ以外の内定辞退の理由の例でいえば、親が反対したとかそういったものもあります。親が内定先に反対して内定辞退をしろと言ってきたりすることはたまにあるみたいですし、親が反対したというのを内定辞退の理由にするというのも1つの選択肢かもしれませんが、内定辞退の理由として親を出すと、説得させられそうな気がするんですよね。どうしてもその会社の内定を辞退したいときには、親が反対したとかは言わない方が良い気がします。決めるのは親ではなくて、あなたであるべきだとか、入社するのはあなただとか、いろいろと言いくるめられそうな気がしますから、内定辞退の理由では親は出さない方が良い気がします。それ以外では、よくありがちかもしれませんけど、家庭の事情とか、一身上の都合とか、そういったものになりますね。内定辞退の理由は言いたくない人もいると思います。それはその内定辞退をする企業の機嫌を損ねる可能性があるため、正直に言いたくないと思っている人がいると思うのです。そういうときには内定辞退の理由では家庭の都合とか、そういう理由にするのも1つの選択肢ですが、それで向こうが納得するか?が問題なのです。内定先の企業に合わないと感じたとかdセ内定辞退をする人もいると思いますけど、そういうときには理由を言いたくないと感じる人もいると思います。だからこそ、内定辞退の理由で家庭の事情とか濁す感じにしたいと思うのですが、それで企業がすぐに引き下がるか?が問題になります。

 

内定辞退の理由で一身上の都合などを使うと、企業としても正確な理由が分からないため、詳しく教えてと言ってくる可能性があります。辞退されることを特に気にしていない企業にとっては、理由はどうでも良いと思っている可能性があるので、一身上の都合とかでもすぐに認めてくれる可能性がありますけど、そうじゃない企業もあるかもしれないので、そういった企業を想定しておくならば、内定辞退の理由で家庭の事情や一身上の都合は使わない方が良いかもしれません。内定辞退の理由で合わないと正直に答えれば、それもどうしようもないので、すぐに引き下がる可能性もありそうですけどね。御社とは合わないと感じたということを素直に言えるならば、それはそれで良いと思います。留年と同じくらいどうしようもない理由だと思いますから。だから、内定辞退の理由を言いたくない人は留年か、合わないということを理由にするのが良い気がします。正直に言いたくない人は多くいると思うのですが、家庭の事情とかで誤魔化すと、向こうも考えていると思いますからね。しつこく食い下がってくる可能性があるのです。内定辞退の理由では正直に言える人は、それを伝えるのも手ですが、内定辞退の理由を正直には言いたくないという人は留年か、会社と合わないということで良いかもしれないです。本来、理由は必要ないとは思いますけど、理由なしで辞退について納得してくれる企業が少ない気がするのです。

 

会社に合わないという内定辞退の理由についても、どこがどう合わないのか?と詳しく聞かれる可能性もありますけどね。そうなると、内定辞退の理由の例として1番おすすめなのは留年だということになります。本来理由が必要ないので、聞かれても言いたくないと突き通すのもありですが、それで納得しないケースがあるということもちゃんと考えておきましょう。嘘をつかないで内定辞退をするのが1番だとは思いますけどね。それが1番良いとは思いますが、企業の対応の仕方とかを見ていると、嘘をつきたくなる人が出てくるのも必然な気がしてきます。内定辞退の理由としてはいろいろなものが考えられますが、いろいろな理由が考えられる中で、企業に対しての有効性は違うということはまず知っておきましょう。企業にとって納得せざるを得ないものを理由に据えて内定辞退をするのが1番良いかもしれないです。これから内定を辞退するときには、そこをポイントとして考えていくと良いのではないでしょうか?

 

あわせて読みたい記事