リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活の写真では真顔や無表情が良い?笑顔は?グロスや口紅をつけて撮影しても良いのか?

【スポンサードリンク】

就活では写真が必要になります。エントリーシートや履歴書に貼るための写真が結構多く必要になると思うのですが、そういった写真は表情は1つポイントになります。表情というのは結構難しいと思いますけど、どういう感じで写れば良いのか?というのは悩むと思います。就活の写真では真顔というか、無表情で写る人が多いと思います。それが基本かな?とは思いますが、真顔以外はいけないのか?という問題です。就活の写真は基本的に真顔ですが、それは真顔で写っている人が多いというだけであって、それ以外の表情はダメということではないでしょう。無表情で写るのが1番無難ということであって、例えば笑顔で写るのはダメなのか?というと、そうではないと思います。就活における写真というのは、ある意味あなたのアピールポイントになる場合があるからです。写真を見てエントリーシートの合否を決めたりすることがありますが、そのときには写真は当然チェックするでしょう。したがって、その写真の表情1つで評価が変わることはあると思います。

 

したがって、大切なのはどういう表情をすることが、自分を魅力的に見せることができるか?だと思います。魅力的に見えるならば、就活の写真で笑顔で写っていても良いと思います。でも、人によっては当然ながら笑顔よりは無表情で写った方が良い場合もあると思うので、そこは自分で判断するしかありません。ケースバイケースで異なると思うので、最終的には自分で見極めることも大切になると思います。しかし、就活の写真は無表情が良いと思っている人も多いと思うのですが、必ずしもそういうわけではないと思いますから、そこは知っておくと良いのではないでしょうか?真顔で写っているケースが多いので、就活の写真というのはそういうものだと思っている人もいると思いますけど、そうとは限らないと思いますから。笑顔すぎるのもどうかって感じもしますが、ちょっとはにかんでいるくらいの笑顔ならば許容範囲というか、人によってはそっちの方が人事の印象が良くなる可能性もあるのです。ただ、もちろん笑顔で写ることで逆効果になる可能性もあるので、そこは自分で考えないといけません。人事の考え方を読むのは難しいので、リスクがあるということになりますが、そこが気になるならば無難に無表情で写るのが良い気がします。

 

就活の写真については真顔で写ることで特に問題はないと思いますから、表情に迷ったときには真顔で撮ると良いと思います。就活の写真の笑顔か?真顔か?の問題は人それぞれで考えると良いと思うのですが、こういったケースでは女子学生の場合には別の悩みもあると思います。それは就活の写真はすっぴんで撮って良いのか?という問題です。すっぴんで撮ると、多分すっぴんであることが人事からも容易に確認ができてしまうと思います。そうなると、そこはリスクになるかもしれないので覚えておきましょう。すっぴんがいけないということはないでしょうけど、人事の中には女子学生は化粧をするのがマナーと考えている人が多分います。そういう人にあたると、すっぴんで写真を撮ることをよく思わない可能性がありますから、やはり就活の写真をすっぴんで撮ることはリスクがあると思うのです。すっぴんが好きな人もいるかもしれませんが、男子学生はともかく、女子学生はすっぴんが絶対にダメというわけではないものの、すっぴんはNGだと思っている人事がいるということを前提にすると、化粧をして写真を撮った方が良いと言えると思います。しかし、すっぴんで写真を撮ってくる女子学生は一定程度はいる気がします。したがって、すっぴんの写真を就活で使ってくる人が珍しいというわけではないでしょう。でも、少なからず化粧をした方が無難とは言えると思います。

 

あとは逆に化粧をする際にはどこまでOKなのか?という疑問を持つ人もいると思います。化粧をする場合には口紅とかグロスはOKなのか?ということが気になっている人もいると思うのですが、就活の写真を口紅やグロスを使って撮っても良いのか?というと、口紅はよほど派手じゃないものならばOKじゃないですか?真っ赤とか、そういう目立つものでなければ人事の印象としてはあまり変わらない気がします。したがって、口紅は場合によってはOKだと思いますが、グロスは微妙な気がします。グロスはどれを選んでもある程度目立ちますし、派手さがある気がしますから。面接のときは厳しいですけど、写真ならば気にならない程度に収まるかもしれませんから、グロスも場合によっては良いかもしれませんけど、就活の写真でグロスはあまりおすすめしません。もちろん面接を受けるときもです。口紅は派手なもの以外ならば大丈夫ではないか?と思います。これは面接のときもです。就活の写真では口紅やグロスはどうなのか?というと、人事の印象がどうなのか?を考える必要がありますけど、ナチュラルな感じであればそこまで問題にはならないと思いますから、その範囲内に留まるような使い方をしていくと良いのではないか?と思います。就活の写真では表情や化粧をするか?すっぴんで良いのか?などは難しいところかもしれませんが、無難にいくのがやはり良いのかもしれません。

 


就活をするときにはナビサイトという存在が重要で、これを使っている人が多くいると思いますが、ナビサイトは有名なところ以外でも実はかなりおすすめな有益なサイトがありますから知っておいてほしいです。例えば、「キミスカ 」というナビサイトは特におすすめで、ここは従来のナビサイトとはタイプが違っているのです。従来は学生が企業を検索しながら、気に入ったところを見つけたらそこにエントリーをして受けていくという流れになっています。しかし、このキミスカは企業が学生にスカウトを送る流れになっています。登録してある学生を検索して、気に入った学生、自社に欲しいと思った学生がいた場合にスカウトを送り、その学生に自分の会社の選考を受けてもらうようにするのです。これが簡単な流れですけど、こういった一風変わったナビサイトの特徴にはある大きなメリットがあります。それは自分に対して関心をすでに持っている企業を受けられるということです。通常のナビサイトを使った場合には、自分が関心を持っている企業を受けるので、その企業が自分に関心を持つか?は分かりません。専攻を通じて必死にアピールをしていくことになりますけど、それでも多くの就活生は自分が受けた企業の多くで不採用になるので、従来のやり方では自分に関心を持ってもらえない企業を、結果的にたくさん受けてしまうという言い方もできます。

 

しかし、キミスカは企業側が学生にスカウトを送ってくるところが特徴的で、スカウトを受け取ってそこからスタートになるという意味では、スカウトが着た企業を受ければ、自分に対して関心をすでに持っている企業を受けられるということになります。自分に対して一定程度の関心を持っていることが確定している企業を受けられるということはかなり大きなメリットになります。関心が少しでもあれば、他の学生よりも優位な状況になっているのです。スカウトを送るということは少なからず興味を持っている人材であるはずなので、スカウトが着た企業を受けることで内定を取りやすい状況に持っていける可能性があります。また、スカウトが着た企業を受けると一次選考や二次選考がパスできる場合もあるんどえ、そういったときには相当有利なのです。キミスカはすでに使っているナビサイトがあれば、そこと併用ができます。タイプが違うナビサイトを併用することでリスクを分散できますし、多くの就活生が知らないサイトになりますから、ライバルに差をつけることもできます。スカウトは必ず来るとは言えませんが、プロフィールを充実させるなどすると確率が上がります。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

 

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事