リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

鹿児島県庁の公務員試験の面接対策での志望動機や自己PRの考え方のポイント

【スポンサードリンク】

鹿児島県庁の公務員試験を受けるときには志望動機を考えないといけません。志望動機の考え方は出身者であっても難しいかもしれませんが、鹿児島県は特徴的な部分もあるので、そこを中心に据えると良いかもしれないのです。鹿児島県庁の面接対策で中心となる志望動機については、鹿児島県で働くということを踏まえて、鹿児島県をなぜ選んだのか?という部分を地元だから以外でまず考えないといけません。地元だから採用するということはないでしょうし、大半の受験生は地元出身者や在住者だと思うので、それは差別化にならないのです。鹿児島県の特徴はいくらでもあると思いますから、そこから自分はなぜ鹿児島県庁で働きたいのか?を明らかにしていくことが必要です。鹿児島県は、例えば世界遺産に登録されている部分もあるなど、特徴的な部分は結構あると思います。それをまず志望動機に持ってくると良いのではないでしょうか?そして、その仕事をしたいという理由でまず鹿児島県を選んだ理由を明らかにすると、面接官もとりあえず鹿児島県で働きたい理由は分かった。となるのではないでしょうか?しかし、それだけでは足らないのです。

 

鹿児島県庁の面接対策の志望動機の考え方では、私が鹿児島県で働きたいと思った理由を述べるだけでは他の受験生と同じです。一歩進んで志望動機を述べるならば、面接官目線にも立つ必要があります。今まで言ってきたのは、自分が働きたい理由であって、鹿児島県で働けたら自分にとってこんなメリットがある(働きたい場所で働ける)ということを説明したにすぎません。次は面接官にとって自分が鹿児島県で働くメリットを説明するのです。そうすることで、面接官があなたを採用する意欲を持ちやすくなるのではないでしょうか?つまり、自己PRを絡ませろということになります。鹿児島県で働きたい理由があって、鹿児島県で働くことのメリットまで説明できれば、非常に効果的な志望動機の考え方と言えると思いますから。あなたが鹿児島県庁で働きたい理由とあなたが鹿児島県で働くと自治体にとって、街にとってこんな良いことがあるんだということについて説明をしていきましょう。そのためにはまずは鹿児島県での取り組みなどを通じて、やってみたい仕事や政策などに言及する必要があります。鹿児島県でやってみたい仕事や政策を明らかにした後に、そのやりたい仕事や政策を取り組むうえで有利になる能力や経験を自己PRとして選ぶのです。

 

すると、自分は〇〇をやりたいので鹿児島県庁で働きたいが、自分は△△な能力を持っているので、〇〇をやるときにはそれが生きるはずで、自治体や街に貢献できるはずだ。だから、私は鹿児島県庁を志望するのです。という流れにすると、面接官からも採りたいと思える志望動機となる可能性があるのではないか?と思います。鹿児島県の公務員試験の志望理由の考え方はこういったところがポイントになると思います。ただ、自分が鹿児島県でやりたい仕事や政策に合う能力や経験を持っていないといけないので、そこがややハードルになる場合があります。だから、全員が使える手というわけではないので、そこはあらかじめ知っておかないといけませんが、人によっては上手くハマる可能性もあるので、そういう人にとっては面接で評価される、受かるための志望理由になる可能性があります。鹿児島県の面接対策では志望動機や自己PRの考え方を考えないといけませんが、受かることを意識するためには、面接官から評価されるという点が重要です。そのためには鹿児島県庁で働きたいという気持ちを押し出すのではなくて、それを含めながらも自分が鹿児島県庁で働く意義について説明をして、自分を採用するメリットがありますよ?というプレゼンのようなつもりで面接を受けていくと良いのではないでしょうか?

 

鹿児島県の公務員試験の面接対策においては受かるための志望動機の作り方を考えないといけませんが、そのときには自己PRが同程度に重要になってくるので、その自己PRと一緒に考えるのが良いと思います。自己PRの考え方も重要ですが、志望動機とリンクするものじゃないといけないと思うのです。鹿児島県の公務員試験で採用されるための他の受験生と差をつける志望動機の作り方に関してはいろいろなものがあると思いますけど、その中で1つ参考になったと思う人は真似をしてみてください。鹿児島県の公務員試験の面接対策は余裕を持って始めてもらいたいと思いますけど、志望動機や自己PRというのは考えるのに非常に時間がかかると思うので、早めに取り組んでほしいと思います。面接が特に大切なのが公務員試験なので、鹿児島県庁に受かりたい人は筆記試験の勉強をしているときから対策を始めてほしいと思いますし、筆記試験終了後は面接対策に時間を多く割いてほしいと思います。他にも併願しているところがいくつかあると思うので、そういったところと同時並行で面接対策をしないといけないケースもありますが、バランスよくいろいろな受験先の面接対策をやっていきましょう。鹿児島県庁に受かりたい人は鹿児島県庁もそうですけど、他の受験先についても丁寧に面接対策をやっていってください。

 

あわせて読みたい記事