リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

早稲田大学国際教養学部の偏差値や倍率は?英語のレベルや配点、評判や口コミでは異色の学部か?

【スポンサードリンク】

早稲田大学の文系学部の中ではちょっと特殊な位置づけにも思えるのが国際教養学部でしょうか?これは受験生には人気の国際系の学部と言えると思いますけど、文系学部の中で立ち位置が若干違う気もします。何が違うのか?は上手く言えませんけど、早稲田大学の学部の一覧を現したサイトを見るときに、1番下に書かれていることもあります。理系学部のさらに下なんですよね。パスナビとかはそういう表記になっていて、キャンパス別に分けたのかな?と思いましたが、国際教養学部早稲田キャンパスみたいですし、人間科学部スポーツ科学部(所沢キャンパス)のちょうど下に書かれているので、キャンパス別ではないのかな?と思ったりもしています。国際教養学部早稲田大学の学部一覧の中では、こういう表記になっているような場合もあります。だから、ちょっと立ち位置が違うのかな?という感じがしてくるのです。早稲田大学国際教養学部の偏差値は恐らく63とか64くらいでしょうか?早稲田大学の中では真ん中くらいになる気がします。だから、穴場の学部ではないけど、難しい学部とも言えないかもしれないのです。早稲田大学国際教養学部の難易度はこういった感じですけど、英語の入試が難しいみたいなので、人によって政治経済学部や法学部などの難関学部よりも難易度が高いと言えるかもしれません。

 

だから、そういったところがちょっと難しいところになりますけど、早稲田大学国際教養学部の受験科目に関しては他の学部と大差ないと言って良いと思います。最新の情報は自分でも確認をしておいてほしいですが、早稲田大学国際教養学部における受験科目は、一般入試は英語、国語、地歴数学(日本史、世界史、数学)になっています。政治経済は受験できないみたいですね。だから、一般的な受験対策でOKと言えばOKなのだと思いますが、問題の傾向やレベルが特異である可能性があるので、そこを考慮したうえで早稲田大学国際教養学部の対策をしていくべきでしょう。早稲田大学国際教養学部の偏差値は普通に高いので、一般的な早稲田大学の難易度はあると思った方が良いでしょう。ただ、ここはセンター利用入試もあるみたいです。早稲田大学国際教養学部のセンター利用入試のボーダーラインは?というと、92%という数字になっているので、9割超えられるくらいの点数が出せれれば受かる可能性もありますが、早稲田大学国際教養学部のセンター利用のボーダーラインがこの数字ということはかなり難しいです。ちなみにセンター利用入試の受験科目は3科目ではなくて、もっと多いみたいです。国公立大学の受験生並みに必要みたいなので、受験できる人はかなり限られるのではないでしょうか?

 

むしろ、そういう人のために用意している入試形態とも言えるかもしれません。早稲田大学国際教養学部に入りたい人は一般入試の方が現実的でしょう。だから、英語と国語と地歴数学の対策をするということがまず大切です。そのうえで早稲田大学国際教養学部に入りたい人はどの科目を重点的にやる必要があるのか?ということになりますけど、早慶レベルになると3科目全部大切ですけど、国際教養学部の場合には英語でしょうか?英語の配点が特に大きいです。配点についても最新の情報を調べておいてほしいですが、早稲田大学国際教養学部の配点は英語が100点、国語と地歴数学が50点ずつなので、英語がかなり大切です。他の学部でも英語の配点が他の科目より大きいというところはありますけど、国際教養学部の英語の配点は他の学部よりも一段上なので、英語の対策が特に必要です。というか、この学部は英語が得意な人がこぞって受けると思うので、英語ができることはもはや当たり前みたいなところがあるのかもしれません。だから、見た目の早稲田大学国際教養学部の偏差値とか以前に、英語の偏差値が高い人じゃないと厳しいのかもしれません。帰国子女なども多く受験するのではないでしょうか?早稲田大学国際教養学部に受かりたい人はやはり英語の対策が大切で、偏差値をかなり上げないといけないと思います。

 

ちなみに早稲田大学国際教養学部の学生の口コミを見ると、英語を使う授業が大半みたいです。ほぼすべての授業が英語で行われるという評判もありますし、ディスカッションやプレゼンテーションなども英語で行うので、それができる程度にまで英語力がないといけないという意味では、英語の入試問題のレベルはどんな感じなのか?想像もつかないですね。早稲田大学国際教養学部の口コミを見ると、学生自身も異色の学部であると述べている人がいるので、そういう意味では本当にいろいろな意味で難易度が高い学部になると思います。あとは外国人と話す機会が多いと聞きますし、留学が必須みたいですから、そこも知っておきましょう。早稲田大学国際教養学部は評判に関してはいろいろなものがありますが、人によって合う、合わないが結構ありそうな学部なので、受験する人は早稲田大学国際教養学部の評判は幅広くチェックしておくと良いと思います。入試情報のみではなくて、入学後の学生生活についても知っておかないといけないことがたくさんあると思いますから。

 

早稲田大学国際教養学部は偏差値では測れない難しさがあると思いますし、英語の難易度がとても高そうというのは分かってもらえたと思いますが、過去問を解いてみて合格最低点に届くか?というのは確かめてほしいと思います。そのときには早稲田大学国際教養学部の入試の傾向やレベルも分かるでしょう。英語の配点が大きいので、特に英語の対策は重要ですが、英語だけできても受からないと思いますから、国語と地歴数学に関しても対策は必要でしょう。早稲田レベルなので、国語や日本史、世界史、数学もかなりの難易度だと思います。合格最低点は英語だけじゃなくて、3科目のトータルの点数なので、早稲田大学国際教養学部に入りたい人は合格最低点についても調べて、それを過去問を解くときに気にしながら取り組んでみると良いと思います。ちなみに倍率はどれくらいか?というと、過去の傾向を見ると4倍前後なので、普通くらいだと思います。ただし、早稲田大学国際教養学部の倍率が普通だとしても、ライバルは帰国子女などの人たちが多くいると思うので、かなり難しいということは認識しておくべきです。ライバルは手ごわいでしょうから、早稲田大学国際教養学部に入りたい人は倍率は関係ないと思って、合格最低点を超えられるように対策をしていきましょう。早稲田大学国際教養学部の偏差値などについて調べながら、学生生活の口コミや卒業後の進路などについても同時に調べておくと、モチベーションが上がって勉強にも身が入る可能性があります。評判などはあまり調べないで受ける人もいますけど、かなり異色な学部なので、そういった情報は調べておいた方が良いと思います。

 

あわせて読みたい記事