リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活で受かる確率アップは受かりやすい企業を探そう!受かると思ってたが落ちたという原因も防げる?

【スポンサードリンク】

就活は内定を取ることが本当に大変に感じることもあると思いますけど、受かるコツというものがあると思うのです。受かる確率を上げるためにできる努力をしていくことが重要になります。それは何か?というと、やっぱり競争率という指標を意識するということが大切です。特定の企業じゃないと入りたくないという人は、そこを受けて内定を取れるように頑張ってもらうしかないのですが、とりあえず内定が欲しいと思っている人は、ある程度広い視野で就職活動をしていると思いますから、そういった人が受かる確率を上げるには、競争率の低い企業を受けることが大切なわけです。就活で受かると思ってたというケースでも内定が取れないことがあるわけですが、その原因の1つが競争率である可能性もあります。競争率というのは、本人にとって確実に実感できる指標ではないので、競争率が低いと思っていたのに、実は高かったみたいなケースがあると思うのです。そうなると、受からない原因になってしまうので、そこは気を付けてほしいと思います。

 

就活で受かるにはその競争率の低い企業を受けられるか?が重要です。競争率が低い企業は一緒に受けている就活生の数が少ない、倍率が低いので、それだけ受かる確率が上がります。そして、就活において受かる確率を上げるにはそこを突き詰めるべきだと思います。では、どうやって競争率が低い企業を見つけるのか?ということになるでしょう。どの企業を選ぶか?どの企業を受けるか?というのは、多くの人はほぼ同じサイトから行っているのではないか?と思います。いわゆるナビサイトというものがありますけど、そういったものを利用して就活をしている学生が多いです、それは無意識のうちにそういうサイトを使っている人が多いと思うのです。というのも、そういうところはまず知名度があるので、就活生はみんな知っています。そして、みんなが使っているならば大丈夫だろうということで、安心感もあると思うのです。そういった心理状況により、多くの学生が特定のナビサイトに集中しているのではないでしょうか?有名なところがいくつかあると思いますけど、そういうところをほぼ全員が利用しているとしたら、どういう状況が起きますか?特定のナビサイトに多くの学生が集中しているという現象は実際に起きているでしょう。だって、学生がナビサイトととして挙げられるサイトの数って多くても3つか4くらいじゃないですか?そうなると、それらの少数のサイトを多くの学生で利用していることになるので、そのサイトに載っている企業の求人には膨大な利用者からのエントリーが大量に届くことになります。

 

インターネットでの就職活動が主流なので、1人で50社も100社もエントリーすることが普通にありますから、結果的に学生の多くが利用しているいくつかの有名なナビサイトに求人が載っている企業へ大量のエントリーが届くことになり、多くの学生が実際に選考を受けることになるため、メカニズムとして倍率が上昇しやすい傾向があると思うのです。だから、多くの学生と同じように、無意識のうちに有名なナビサイトをとりあえず利用しておけば問題ないだろうと考えてしまうことは、就活では受かる確率を下げることにつながります。だから、ナビサイト選びそのものが就活で受かるコツにつながるのです。受かると思ってたけど、受からないという事態も減らせる可能性があると思いますから。こういったことは知っておいてほしいと思うのです。では、就活で受かりやすい企業を探すには、つまり倍率がそこまで上がらない企業を探すには、知名度が相対的に高くないサイトを通じて求人を探して、エントリーすると良いと思います。そういった方法をとることで、倍率が低い企業、受かりやすい企業を見つけられる可能性は高まると思います。言ってしまえば、多くが利用しているサイトは安心感はあるかもしれないが、内定を取りやすいか?と言えばそうじゃないので、そういう面は認識していないといけないと思います。

 

逆にこのサイトは誰が使っているのか?と思えたとしても、そう思えたサイトほど利用者が多くないと言えるので、そのサイトに載っている企業の求人にはエントリーが集中しづらいと言えるので、倍率が上がりませんから、そういう就職活動のやり方をしていかないといけないのです。知名度がそこまでじゃないサイトというのは探すのが大変かもしれないですけど、数としてはそこそこあります。有名なサイトはサイト名が多くが知っていると言えますから、サイト名を検索して見つけることができますが、そうじゃないサイトは直接検索ができません。だから、探すときにはちょっと苦労するかもしれないですけど、極端なことを言えば、名前も聞いたことがないサイトがあれば、そこは狙い目と言えるでしょう。受かるコツとしてはそういったところになるので知っておいてほしいと思います。就職活動で内定を取るには受かりやすい企業を受けるというのが1つポイントです。受かるコツはいくつかあると思いますけど、そこを突き詰めるというのも重要なのです。就活では受かると思ってた人が落ちることもあるので、やはり最初から確率の高い方法を実践してほしいと思います。

 

就活で受かるコツはいくつかあるので、他にもいろいろな方法を実践してほしいですけど、倍率が低いことで競争率が下がるので、そこは重要と言えると思います。受かりやすい企業を探すことができれば、とりあえず内定を取るということに関してはメリットを発揮すると思います。どうしても行きたい企業がある場合にはそこを受けるしかないですが、内定を取ることが最優先で、ある程度広い視野で就職活動をしている人にとっては、就活では受かりやすい企業を探して、そこを優先的に受けていくと良いでしょう。就職活動をするときの方法1つで内定をとるための難易度も変わりますし、やはりサイトの選び方が重要なので、そこは知っておいてほしいです。企業選びや業界選びをする前にサイト選びの重要性を知っておいてもらえると良いと思うのです。

 

就活をする際にナビサイトを使うと思いますが、ナビサイトは有名なところ以外にもおすすめのサイトがあります。多くの就活生は有名なところに登録して使っていると思いますけど、そういったところ以外のナビサイトを使うことで得られるメリットというのがありますから知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」というナビサイトは非常におすすめです。ここは学生がエントリーするのではなく、企業が学生にスカウトを送るタイプになっています。従来のような就活生が企業を見つけてアプローチを仕掛けていくというタイプではなくて、企業から学生にアプローチをするのが特徴なのですが、ここに大きなメリットがあるのです。従来は学生が自分が気に入った会社にエントリーして受けますから、会社側が自分を気に入るか?どうかは全く読めません。したがって、選考を通じて自分に関心を持ってもらえないとなかなか受からないのですが、現実的には多くの就活生は自分が受けた会社のほとんどから不採用になるので、自分を気に入っているか?どうか分からない状況で受けないといけないというのは、こういうリスクがあるのです。しかし、キミスカは会社側からアプローチを仕掛けてくるので、スカウトが着た時点で自分に関心を持っていることが確定しています。

 

したがって、その会社を受ければ自分にすでに関心を持っている会社を受けられるので、状況的にはかなり有利となるのです。あとはキミスカからスカウトが着た会社を受けることで、一次選考や二次選考を受けないで済む、パスできるようなケースもあります。そういった部分も含めて内定が取りやすい状況を作り出しやすいのです。このキミスカは併用もしやすいです。今まで使ってきたナビサイトを使いながらキミスカを使うことも十分可能ですし、タイプが違うナビサイトを組み合わせることでリスクを分散させられるということもありますから、そういった部分でもおすすめと言えるのです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他の人が使っていない中で自分が利用をするとライバルに差をつけられる、優位に立てるということも言えます。無料の会員登録をすると利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

 

 

あわせて読みたい記事