リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

信州大学の評判や口コミは?キャンパスの立地条件や雰囲気、就職率や就職実績について

【スポンサードリンク】

信州大学というのは長野県を代表する国立大学で、ここに入りたいと思っている人も多くいると思います。信州大学は大学自体がちょっと特殊で、キャンパスがかなり複雑化しているところが特徴的でもあります。キャンパスの数がかなり多くて、学部によって通うところが全然違います。中心となるのは松本キャンパスで、ここは人文学部、経済学部、医学部、理学部の学生が通います。しかし、それ以外の学部は1つずつ別のキャンパスに通うことになるのです。長野県内ではありますけど、全部で5つのキャンパスがあるので、受験する学部によって通うキャンパスが違うというところは信州大学の特徴として覚えておきましょう。信州大学の場合には松本キャンパス以外は基本的に1つの学部しか就学していないので、学生の数は少ないとなりそうな気がします。そこが良いのか?どうかというのは、人によるかもしれませんが、少人数の方が良いと感じている人にとっては、信州大学の魅力の1つになるかもしれません。ただ、大人数でにぎわっている方が良いという人にとっては、あまり喜べないことかもしれないのです。

 

どっちが良いか?というのは人によるということですが、松本キャンパスの学生は4つの学部の学生がいるので、それなりににぎわっている感を味わえるのではないか?と思います。でも、半分が理系の学部なので、どう感じるのか?はちょっと想像しづらいですけど。信州大学のキャンパスの立地条件については、5つもあるので、それぞれで結構違いがあるということになります。松本キャンパスについては長野県の中心街でもあると思うので、それなりに立地条件としては良いと言えるのではないか?と思いますが、受験する学部によって通うキャンパスが違うという意味では、それぞれのキャンパスの立地条件や雰囲気は自分でも確認しておいた方が良いと思います。オープンキャンパスなどに参加すれば、信州大学のキャンパスの立地条件や雰囲気はよく分かるのではないでしょうか?松本キャンパスについて言及すると、雰囲気としては都内にもありそうな感じのキャンパスに見えます。建物も結構綺麗で、緑も多くて大学生活を送る場所としては良いのではないか?と感じます。それ以外のキャンパスについても、信州大学ならではの雰囲気などがあると思いますから、自分が受ける予定の学部に合わせて1度行ってみてはどうでしょうか?キャンパスの立地条件などを確認しておいた方が良いと思いますから。信州大学の魅力についても自分自身で掴めるものがあるのではないか?と思いますし。

 

信州大学の松本キャンパスについては図書館が綺麗な印象ですね。他の大学のキャンパスとは違って、木がところどころに使われている外観なので、そこが印象的です。図書館というのはそれぞれの大学のシンボルにもなる部分だと思うので、図書館が綺麗というのは、信州大学の魅力の1つにもなるのではないでしょうか?図書館は試験勉強をするときなどに使用することがあるので、席の数や中の雰囲気などをオープンキャンパスで見ておくと良いと思います。それ以外のキャンパスについても図書館がどうか?というのは知っておきたいところです。信州大学では頭がいい大学として長野県内では定着しているでしょうし、非常に評判が良いのではないでしょうか?だからこそ、そこに憧れる人も多くいると思うので、ここに入りたいならば勉強をしないといけませんが、その前には口コミについて調べておいた方が良いと思います。信州大学の学生の口コミを見ることで、ここに受かることのメリットなどもより理解できるのではないか?と思いますから。インターネットなどで信州大学の評判を調べることは忘れないでほしいです。

 

信州大学の口コミについて調べてみると、キャンパスの評判は結構辛辣かもしれません。松本キャンパスについて言うと、駅から距離があるようで、バスもありますが本数が少ないので自転車やバイクがあった方が通学が楽という声もあります。そして、キャンパスの周りには遊ぶようなところはなく、徒歩だと30分程度かけて駅の周りまで行かないといけないという声もあるのです。意外と松本キャンパスというのは立地条件があまりよくないという学生の口コミです。松本キャンパス以外のキャンパスを利用している学生の口コミなども調べておいた方が良いかもしれませんね。それかオープンキャンパスなどを通じて自分で通ってみるとか。あと松本キャンパスにはすでに挙げた4つの学部以外の人も1年生のときには通うという口コミもあったのですが、大学のホームページにはそのような記載が見つかりません。その口コミが本当なのか?それとも以前はそうだっただけで今は違うのか?という部分についても確認をしておいた方が良いでしょう。調べても出てこないので、気になる人は大学に直接問い合わせるなどしてみると良いと思います。あとは就職についての評判ですが、学部によっても違うと思いますが、少なくとも文系の人たちの声を聞くと、長野県内に限っては良いが、それ以外は微妙みたいな印象の口コミがあります。

 

信州大学の就職率は学部ごとに違うものの、大学全体では96%くらいですね。これが平成27年度のデータになりますが。上は100%、下は92%くらいと、学部によって差はありますが、全体的に就職率は高いです。長野県内で言えば就職率はかなり高いと思うので、そこは信州大学の評判としてあるのでしょう。信州大学の就職実績については学部ごとに詳細がホームページに載っているのでそれを確認してもらいたいですが、長野県での就職が多いかもしれませんが、県外への就職もそこそこある気がします。ホームページに載っている就職先の県内と県外の数の比を見たときの話なので、実際長野県内への就職は載っていないだけでかなり多くある可能性もありますけど。信州大学の就職実績についてはこちらも学部ごとに異なるでしょうけど、長野県内以外の就職をしている人の割合はそこそこいる気がするので、それでさっきの就職率ならば十分評価できそうな気がします。信州大学は頭いい大学として特に県内では評価されているでしょうし、東京とかで就活をするときでも国立大学として一定の評価は貰えると思います。ただ、地方から東京に出てきて就職をしようとすると、何で地元で就職しようと思わなかったの?と聞かれる可能性があるかもしれませんから、そこは想定しておかないといけませんけど。信州大学の評判などもそうですけど、就職実績なども確認しておくと、より一層信州大学に受かりたい気持ちが強くなると思います。

 

あわせて読みたい記事