リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活の志望動機の結び方、締めくくり方、終わり方の最後の一文でアピールするには!?

【スポンサードリンク】

就活の志望動機を考えるときには締めくくりをどうするか?という問題があります。志望動機は最後の一文まで気合を入れて作らないといけないのですが、そのときにはどういった内容で絞めれば良いのか?ということを考えておきましょう。就活の志望動機はそれ自体を考えるのも大変ですが、最後の一文というのもまた難しいかもしれません。しかし、企業の面接官にとって良い印象を持ってもらえるような志望動機を考えるコツを紹介していきます。就活の志望動機の最後というのは、定番のパターンとしてはその会社に入社したらこういった仕事がしたい、またはこういう仕事をして貢献したいというのが定番な気がします。そういった締めくくりでも良いと思います。就活の志望動機の締めくくりとしては自分自身がどういう活躍ができるか?ということを企業にアピールしながら終わるというのは1つのアイデアとして良いと思うのです。ただ、アピールの仕方はいろいろあるので、どういう風にそれを伝えるか?という部分は重要です。

 

就活の志望動機の最後の一文にはその企業で働くときにどういう活躍ができるか?ということに関して話すと良いと思うのですが、そこに自己PRの内容を入れると良いと思うのです。自己PRは別途話すと思いますけど、その際に自分の生かせる能力や経験を題材にして、その会社に入社したらこういう仕事でこういう貢献がをしていきたいです!という締めくくりにするのは良いと思います。面接官の印象としても良いと思うので、そういう考え方で就活の志望動機の結び方をしていくと良いと思います。ただ、そういうやり方をするときには具体的な事業、業務などを出した方が良いです。そのうえでそういう業務や事業を通じて、自分の長所を生かして貢献したいということを言えば、企業にとってみてもメリットのあるアピールになりますし、企業研究をちゃんとやっているというアピールにもなるのです。具体的な事業や業務を出して、そこで自己PRの要素を生かして頑張っていきたいというためには、その会社にどういう事業があって、そこではどういう仕事をしているのか?その仕事のためにはどういう能力や経験がいるのか?まで調べないと話せませんから、そういったことを面接官が納得いく形で話せたならば、それは良いアピールになるはずで、企業研究をしっかりやっているということになります。

 

つまり、企業研究をしっかりやっていると思われたならば、それだけ自社に入りたい気持ちが強いのだと思われる可能性もありますから、かなり良い就活の志望動機の結び方になるのではないでしょうか?就活の志望動機における締めくくりはいろいろな形があるので、正解はありませんけど、こういった形も1つおすすめだと思います。しかし、それ以外にも就活の志望動機の締めくくり方の方法はありますから、別の案でも良いと思ったものがあれば、それでも構わないと思います。他にはどんな案があるのか?というと、例えば別の仕方でアピールをするというものです。就活の志望動機の結び方では企業に対してアピールをするという方向性は基本的に変わりません。それ以外の締めくくり方はあまりおすすめできないのです。そして、すでに紹介したアイデア以外のおすすめの就活の志望動機の締めくくり方としては、さっきの例の発展形になりますが、すでに存在する事業において貢献ができるということだけではなくて、すでに存在する事業に関連して、自分だったらこういった展開をさせたいというアイデアを出すといったことでも良いと思います。就活の志望動機の最後の終わり方の部分で、そういうアピールをするというのも良いのではないでしょうか?つまり先ほどの例は、企業のすでに存在している事業において、自分の能力や経験が生きるということを述べるのみなのですが、今言ったのは自分の能力や経験を生かして、その事業においてこういったことができるという、より具体的な内容になるのです。

 

既に存在している事業の中でそれに関連して、まだやっていない何かをやるときに自分の能力や経験が生きるのではないか?それを生かして頑張っていきたいという終わり方にするというのも良いと思います。先ほど挙げた例と今回の例はどっちでも良いと思うのです。具体的な案が思いつけば後者でも良いですし、思いつかないならば前者で良いと思います。就活の志望動機の結び方は他にもいろいろなパターンがあると思いますし、今回紹介したのはその中の一例になりますから、それ以外でも良いと思うものがあるのであれば、そういったものでもおすすめになります。したがって、就活の志望動機の最後の一文というのかなり重要もので難しいですけど、どういう終わり方にするか?は面接官の印象にかかわりますから、こだわっていってほしいと思います。志望動機は中身も重要になりますが、小説とかを書いているときにみたいに結び方というのもこだわっていきましょう。これは志望動機だけじゃないです。エントリーシートに書く内容や面接で話す内容は中身そのものだけではなくて、最後まで気を抜かないで文章を考えてほしいと思うのです。面接で話すことについては一語ずつまでこだわる必要はないですけど、最後の部分はどういうことを話すか?くらいはちゃんと決めておきましょう。就活の志望動機の内容で迷う人もいると思いますけど、終わり方をどうするか?で悩む人もいると思うので、そういったところも気を配って、面接官の印象を考えながら、評価されそうなものを作っていってほしいと思います。就職活動の命運を握る部分にもなると思うので、真剣に検討してほしいと思うのです。

 

就活をするときに利用するナビサイトというのは知名度がそこまで高くないものもあって、その中にはちょっと変わった趣向のサイトもあるのです。「キミスカ 」はその代表だと思いますが、このナビサイトは企業が登録している学生にスカウトを送り、それでうちの会社を受けてもらうという流れになっているのです。したがって、学生が登録してある企業を検索するようなナビサイトと比べると違ったタイプのサイトと言えます。しかし、このキミスカの場合にはその従来のナビサイトとは違った部分にメリットがあるのでそこは知っておいてほしいです。というのも、通常は学生が自分の気に入った企業を検索して受けるので、自分はその企業を気に入っているが、企業側が自分のことを気に入るか?は分からないわけです。つまり、企業が自分を気に入るか?分からない企業をたくさん受けるのが従来のやり方になっているのです。そういった状況なので、自分のことを選考を通じて気に入ってくれないケースも多々あるはずで、だからこそ就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうのです。そして、事前に自分が受ける企業が自分を気に入るか?どうかというのは、通常は調べられません。しかし、キミスカのような企業が学生にスカウトを送るナビサイトの場合には、スカウトが着てから就活がスタートするので、スカウトが来るということはすでに自分に関心を持っていることになります。だから、スカウトが着た企業を受けると自分に関心を持っていることが確定しているところを受けられるので、そこは大きいです。 自分に興味を持っていることが確定している以上、すでに自分が少なからず評価されているところからスタートできるので、他の就活生よりも優位に立っていると言えます。内定に少しでもい近づいている状態から選考に臨めるのです。さらにキミスカでスカウトをもらった企業を受けると、一次選考や二次選考をパスして受けられることもあり、そのケースにおいては相当なメリットを持っていると言えるのです。したがって、キミスカを使って就活をすることの意味はかなり大きいです。キミスカは従来のナビサイトと併用も可能で、スカウトが来るまではいつも通りのナビサイトから企業を検索して、エントリーしていくというやり方ができます。キミスカはスカウトが着たときに対応すれば良いので、こういったタイプの違う2つのナビサイトを組み合わせることで内定を取るためのリスクが分散される効果もあります。キミスカは絶対にスカウトが来るとは言えませんが、プロフィールを充実させたりして、確率を上げることは可能です、こういったナビサイトの存在は多くの就活生は知りませんし、他のライバルに差をつけたい人にはかなりおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

 

 

あわせて読みたい記事