リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

産業能率大学の評判や口コミ、キャンパスの雰囲気や就職支援と就職率の魅力などについて

【スポンサードリンク】

産業能率大学という大学がありますが、この大学は知名度はそこまで高くないかもしれませんけど、学生からは評判が良いところが特徴となっています。キャンパスも都心になりますし、そこも人気の1つかもしれませんが、この大学の特徴については受験生は知っておくと良いのではないでしょうか?産業能率大学経営学部と情報マネジメント学部しかありませんが、通信や夜間でも入学できるところが特徴です。キャンパスは自由が丘と湘南にあって、特に自由が丘キャンパスは都心にあるため、こちらは学生の評判も良いです。東急用横線と大井町線自由が丘駅から徒歩12分という場所で、駅からはバスも出ているみたいです。自由が丘キャンパスの立地条件としてはそこまで遠いわけではないので、徒歩でも通える範囲でしょう。したがって、都心にあって立地条件もそこそこ良い自由が丘キャンパスは産業能率大学のシンボル的な存在になるのではないか?と思います。自由が丘という駅は渋谷、代官山、中目黒といったエリアにも近いですし、駅の周辺環境で言えばオシャレなヨーロッパ風の街並みの場所もあって、飲食店などが充実しています。したがって、大学生として良い雰囲気の中で過ごせるというのは大きいと言えると思います。

 

産業能率大学の自由が丘キャンパスの雰囲気は、経営学部1つのため、学生も多くないので、敷地面積は広くない印象ですし、一般的な大学のキャンパスという感じはしないかもしれませんけど、やはり立地条件はかなり良いですし、そこの評判はかなり良いでしょう。一方、湘南キャンパスは情報マネジメント学部の学生が通いますけど、打球小田原線伊勢原駅からバスを使うみたいです。バスが必須のような感じなので、湘南キャンパスは立地条件はあまりよくないと言えると思います。産業能率大学の学生の口コミなどを見ないと何とも言えませんけど、立地条件で言うと自由が丘キャンパスとは差があると言えると思います。湘南キャンパスは都心からも距離がありますし、どういったところなのか?というのは、1度見に行った方が良いと思います。オープンキャンパスなどを利用して、湘南キャンパスに行ってみて交通アクセスや周辺環境を見ておくと良いのではないか?と思うのです。産業能率大学のキャンパスについては、学生の口コミなどを見ておくというのも重要ですけど、自分でも確認をしておかないといけないところがあるので、自由が丘キャンパスと湘南キャンパスについては、それぞれ受験する学部に合わせて、オープンキャンパスなどを利用して立地条件や周辺環境などを知っておきましょう。

 

産業能率大学の学生の口コミはキャンパス以外のものでも必見です。いろいろな評判があるので、それについても知っておきましょう。産業能率大学はちょっと特殊な部分もあると思うのですが、経営学部と情報マネジメント学部に分かれていて、それぞれの授業の内容について、カリキュラムについて、学ぶ内容に関してちゃんと理解をしておかないといけません。産業能率大学の評判としてそれぞれの学部でも授業について、学生がどう思っているのか?についても確認すると良いと思います。学生の口コミを見ると、それだけ産業能率大学で学べることの魅力についても理解できると思いますから。一部を紹介すると、経営学部に関しては実践的な授業が多くあって、企業とコラボレーションをしての経験などができるため、働くということに関して学生時代から貴重な経験ができるとともに、卒業後の進路に影響を与えて、進路への視野が広がるなどの効果があると言えると思います。こういったところは産業能率大学ならではの授業の魅力と言える可能性もあるのです。経営学部の学生の口コミを見ると、こういった実践的な授業、フィールドワーク的な授業が魅力という声が多くあります。そういう口コミを投稿している学生が特に多いので、産業能率大学経営学部の魅力というか、特色はそういうところにあるのでしょう。そして、そういった授業を経験できるため、それが就活のときのアピール材料になって便利という声もありますし、産業能率大学経営学部のメリットとなると思います。

 

そして、産業能率大学の情報マネジメント学部の口コミはどうか?というと、経営学部と同じような実践的な授業が多いという声もありますが、パソコンを多く使う授業があるという口コミがあります。しかし、パソコン操作が苦手な人でも少しずつ詳しくなっていけるような、身に付けることができるような環境になっているのです。したがって、情報マネジメント学部の特徴としてはそういったところになると思うのです。卒業後の進路にもよりますが、情報マネジメント学部で学ぶことは就職先の仕事と直結しやすい部分、リンクする部分があるということです。産業能率大学の授業内容の評判についてはこういったところが言われていますが、自分でも学生の口コミは検索して調べて見ると良いと思います。自分なりに産業能率大学の評判を調べて、大学の魅力を理解しておくと良いでしょう。ただ、どちらの学部も就職支援がしっかりとしているという口コミがありますから、そこも1つのメリットになると言えます。産業能率大学の就職支援への評判は高く、しっかりとサポートしてくれるとされていますが、注目すべきは就職率です。産業能率大学の就職率は99.3%(2017年度)となっており、非常に高い就職実績となっています。ここは産業能率大学のメリットの1つであり、就職実績の中でも特筆すべき部分と言えるのです。

 

産業能率大学の就職実績というのはいろいろな面で魅力的なので、ホームページなどでチェックしておくと良いと思います。産業能率大学の就職先の業界としてはサービス業、卸売り・小売業、情報通信業がベスト3で、この3つで約7割となっていますから、そういったとこりに就職しやすい、就職志望者が多いということが言えると思います。産業能率大学の就職率は高いですし、就職支援も手厚いという口コミもありますから、あとはホームページで就職先の企業名などを見ておくと、産業能率大学の就職に関する魅力がよく理解できるのではないか?と思います。大学自体の知名度はないかもしれませんが、特に自由が丘キャンパスの立地条件や雰囲気は人気ですし、就職支援のサポートも良くて、産業能率大学の評判は割と良いので、学生にとっては人気の中堅大学の選択肢になると思います。夜間や通信という選択肢もあるので、社会人の人でも通っている人もいるようですから、今後注目される存在として知名度も上がっていく可能性はあると思います。

 

産業能率大学に入りたい人、興味がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておきましょう。ここで請求できる資料は産業能率大学の大学案内で入試情報や学生生活の情報が特に充実しています。入試情報に関しては、産業能率大学の学部ごと、入試方式ごとの必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しく書かれており、産業能率大学の入試制度について非常に分かりやすく理解できると思います。そして、過去の倍率や合格最低点といった入試データも載っている可能性があるので、かなり貴重でしょう。そして、産業能率大学の学生生活に関しては、学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルなどの雰囲気はどうか?卒業したらどういう進路を歩んでいるのか?といった情報が学部学科別などで紹介されていると思います。そういったものを見ると、自分が産業能率大学に入学したらどういう4年間を過ごすのか?ということが如実に理解できて、産業能率大学の魅力がより深く理解できて、今まで以上に入りたいという気持ちが強くなるかもしれません。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「産業能率大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」のリンクをクリックして、住所や氏名などの必要事項を記入して送信すれば、自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事