リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

フリーターから正社員はなれない、受からないは嘘!無理ではない!探し方を徹底すれば良い

【スポンサードリンク】

フリーターの人はフリーターのままで良いと思っている人もいるかもしれませんが、このままではなくて正社員になりたいと思っている人もいると思います。高校や大学を卒業して、フリーターをやっている人は一定割合いると思いますが、その中で正社員になりたいと思っている人は受からないと諦めている人もいるかもしれません。フリーターの人が正社員になれないと感じるという人は、どうしてなのか?というのは非常に気になります。就職活動というと、大学や高校に在学中に行うケースが多く、それは新卒と呼ばれています。新卒の間に就職しないと、就職できないと思っている人は多いです。だから、みんな新卒の間に就職しようと頑張っている。実際、卒業してフリーターをしながら正社員になるのは無理と感じている人ほど、新卒の間に就職しないとヤバい!と感じているわけですね。フリーターになると正社員は受からないという、その考え方は間違っているとは言えないかもしれないけど、私は間違っている気がするのです。なぜか?というと、既卒になると新卒よりも不利と考える人が実際多くいます。それは新卒と既卒の人の人数比がほぼ同じだったらの話なのです。新卒の人向けの求人の方が多くあるので、当然ながら就職可能性は新卒の方が高いです。

 

でも、例えば、新卒が100人いて既卒が3人いたとします。新卒向けの求人は20件で、既卒向けの求人は1件しかないとします。この状況で新卒の就職倍率は5倍です。既卒の就職倍率は3倍です。あれ?既卒の方が就職可能性が高くない?と思った人がいると思います。実はこれが実際に起きていることだと思うのです。既卒向け求人よりも新卒向け求人の方が数がかなり多いというのはその通りでしょう。しかし、新卒の人数が既卒と比べて無茶苦茶多いとしたら?必ずしも新卒が有利とは言えないですよね。今まさにそういう状況が起きていると思うのです。だって、みんな既卒は嫌って思っているからです。既卒になったら人生おしまいと思っている人は実際に世の中に多くいると思います。卒業してニートやフリーターになったら正社員は無理と思ってしまうのです。そうなると、彼らはどうしますか?新卒の間に絶対に内定を取ろうとしますし、内定が取れなかったら、留年してでも新卒でいようとします。そういう人が実際に多くいるとどうなるでしょうか?世の中には新卒と既卒の2つしかないと思うのですが、新卒と既卒の数は表裏一体となります。つまり、既卒にならないために新卒の人間が多く増えると、その数だけ既卒になる人が減ります。つまり、新卒人気が高まれば高まるほど、新卒の人数が増えまくってしまって、新卒の中で就職活動をしている学生は競争率が上がってしまうのです。相対的に既卒の人は人数が減りますから、競争率が下がってラッキー!って感じになります。これがフリーターの人が正社員になれないというのが嘘だという、既卒になった人でも就活が新卒よりも言うほど不利ではない言える根拠になります。

 

また、もう1つ大きな理由があるのです。それはフリーターの人が正社員を目指す場合、ライバルになるのは自分とそんなに変わらない人たちってことです。新卒って、結果的に内定が1つも取れないレベルの人から、1人で何個も取ってしまうようなレベルの人までいます。つまり、新卒は競争相手に中に絶対に敵わないようなレベルの高い人たちが一定数混じってしまっています。でも、既卒の人ってどうでしょうか?そういうレベルの人はいますか?そういう人は新卒で内定を貰って特区に就職しているはずで、既卒になっているわけがありません。だから、結果的に既卒になってしまう人は、就職活動がそこまで得意じゃない人が大半のはずなのです。だから、既卒になってしまうという見方もできなくはないと思うので。そこも新卒が必ずしも有利なわけじゃない、新卒よりも既卒の方が意外と受かる可能性があるという根拠になります。フリーターが正社員の求人には受からないということは嘘だということが理解できてきたでしょうか?現実をちゃんと見ると、フリーターが正社員は無理というのは実は正しくないということが簡単に言えてしまう。むしろ、新卒の学生の方が不利と言える可能性もあるということになります。

 

だから、フリーターから正社員は無理ではないのです。絶対に正社員になれるとも言えませんが、新卒が正社員になるのに有利か?っていうと、もはやそこまで有利とは言えない気がします。だから、正しい認識を持ちましょう。世間の多くは新卒の方が絶対に有利だと思っているから、新卒の数が増えすぎて競争率がめちゃめちゃ上がっていることに気付かない人も多いです。その中で既卒の人、フリーターの人などは相対的に低い競争率、競争相手のレベルがそこまで高くない中で就活ができるので、正社員になれる可能性は結構あるのではないか?と思うのです。ただポイントはフリーターの正社員の求人の探し方です。そこを間違えないようにしないといけません。フリーターの人の正社員の求人の探し方のポイントとしては、中途採用(転職組)と同じ土俵で戦ってはいけないということです。彼らは相対的に能力的に上である可能性がありますし、すでに正社員としての職歴があるので、フリーターの人にとっては戦う相手として不利です。そして、求人の中には新卒以外をまとめて中途採用とフリーターなどの既卒の人を同時に採用しているケースもあるので、そういう求人には応募しないようにしましょう。そういう求人はフリーターが正社員になるうえで厳しいので、求人の探し方は気を付けないといけないのです。フリーターが正社員になれないというのは間違いだけれども、確率を上げることをしていかないといけませんから。

 

そのためには既卒やフリーターという枠で採用をしている、つまり中途採用とは別に採用をしている求人を見つけないといけませんが、そういった求人を見つけるには既卒のための就職支援サイトを利用すると良いです。そういった会社には既卒者を採用している企業の求人が集まっているので、確率的に既卒の人が正社員に慣れる可能性は高まると言えます。フリーターの人であっても正社員に受からないということはないです。絶対に受かるわけではないですが、新卒と比べて不利にはならないということです。だって、その求人はフリーターとか、ニートの人などの既卒の人専用なので、新卒や中途採用は応募できないと思われます。さっきも同じようなことを言いましたけど、新卒や中途採用の人と争うことがないので、新卒よりも不利にもならないですし、就職できる可能性はそれなりに高いと言えるのではないでしょうか?例えば、「ウズキャリ既卒」のようなサイトは特におすすめです。ここは既卒の人のみが利用できる就職支援サイトで、フリーターやニートの人でも登録して就職支援が受けられます。ここはキャリアカウンセラーと言われる、就職のプロの人が家庭教師のような形で付きっ切りで指導してくれて、内定を取れるようにサポートしてくれるところが特徴になります。ここがおすすめのポイントです。新卒の就活は基本的に誰かがサポートしてくれるという機会は少ないです。大学の就職課とかを利用するくらいでしょう。でも、そういうところを利用する学生は多いので、自分1人に使える時間は少ないです。

 

しかし、こういったサイトはマンツーマンに近い形でサポートをしてくれるので、頼りがいはあると思います。ここは無料の会員登録をするとカウンセリングという形で、あなたの希望などを聞いたうえでキャリアカウンセラーからおすすめの求人をいくつか紹介してもらえます。そのうえで応募する求人を決めていき、書類選考を行う際には、キャリアアドバイザーが内容をチェックして、添削して、受かるように配慮したものを送ることができます。書類通過率は8割以上というデータもあるので、こういうサポートは大きいです。そして、その後は面接になりますが、面接が苦手という人が多いと思いますけど、そこも大丈夫です。模擬面接の機会なども多く用意されていて、キャリアカウンセラーがあなたの面接をしっかりとチェックして、ダメなところを指摘して改善してくれますから、どれだけ面接が苦手な人でも、嫌でも上達すると思います。しかも、漠然と面接指導をするわけではなく、応募する企業に特化した面接対策を行います。こういったサイトは応募企業ごとにどういう面接内容になっているのか?のデータが豊富にあるので、それを生かして個別に対策ができるのです。そういったきめ細かい面接指導により、内定を貰える可能性は少しでも上がるはずです。さらにはウズキャリ既卒のサイトに求人を出している企業に関しては、面接終了後にフィードバックをしてくれるという協力体制も敷かれています。つまり、仮に落ちたとしてもどこがダメだったのか?という情報を企業側が教えてくれて、次に生かすことができるのです。

 

こういった状況というのは新卒の就職活動ではありえないでしょう。なぜならば、何度も言ってますけど新卒の学生は数が多いからです。だから、ここまでの対応はしていられないのです。既卒の人は相対的に数が少ないからこそ、こういう1人1人の面倒見のいいサポートが期待できるわけです。新卒の学生よりもかなり手厚いサポートが受けられるというのが、実は既卒の強みになるのです。こういう求人の探し方ができれば、就職活動ができれば、フリーターでも正社員になれるわけです。フリーターは正社員にはなれないというのは嘘です。無理という声もあるかもしれないけど、やり方が間違っているだけだと思います。フリーターは正社員の求人の探し方をきちんと行う、サポートが受けられる会社を利用して就活を行えば、確率はかなり上昇すると思いますから。だから、フリーターが正社員は無理と諦めないことです。すでに紹介したサイトは既卒の人だけで内定率が83%とされているので、それだけの確率で就職ができるということが言えます。ただ、本社が東京の新宿にあるのでそこに通える人じゃないと利用は厳しいと思われます。そこは注意点になりますが、こういったサイトを利用すればフリーターが正社員になれないという認識はどこかに飛んで就活ができると思うので、多くの人に知っておいてほしいですし、無料の会員登録をすれば利用できますから、もしよかったら参考にしてほしいということです。

 

既卒・フリーターでも内定率80%超え!【ウズキャリ既卒】

 
あわせて読みたい記事