リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

甲南女子大学の偏差値や倍率と入りやすい学部や合格最低点、ボーダーラインの情報

【スポンサードリンク】

関西地方にはいくつもの名門女子大学がありますけど、その中の1つには甲南女子大学があります。甲南女子大学は関西の女子大の中でも人気が高いところで、毎年多くの受験生が受験しています。そんな甲南女子大学の偏差値はどれくらいなのか?というと、学部が3つしかないので、割と比較はしやすいと思います。文学部、人間科学部、看護リハビリテーション学部の3つがありますが、今後医療栄養学部(仮称)という学部ができるようです。この医療栄養学部はまだ学生がいませんし、偏差値などは分かりませんが、他の学部は若干違いますが、50前後くらいだと思います。甲南女子大学の偏差値は学部によっても違いますけど、大きな違いはない感じですね。文学部、人間科学部、看護リハビリテーション学部のそれぞれの偏差値を見ると、多少理系の看護リハビリテーション学部が難しい気がしますけど、それ以外の学部はほぼ同じ難易度な気がします。でも、看護リハビリテーション学部も含めて、そんなに難易度は変わらない気がします。度の予備校の偏差値を参考にするか?にもよりますけど。

 

甲南女子大学の偏差値は学部ごとの差はあまりないということで、どの学部を受験するか?は難しいところでしょう。文系の学生は特に文学部と人間科学部で迷う人もいるかもしれません。学びたいことが決まっている人は迷わないかもしれませんけど、甲南女子大学に入りたいとだけ決まっている人は入りやすい学部などはあるのか?ということが気になるでしょう。甲南女子大学の偏差値を見る限りでは、受かりやすい学部といったところはほぼないと思います。どの学部も偏差値はそんなに高くはないので、狙いやすいと思うのです。摂神追桃のレベルに近いのかな?という気がしますから、中堅大学という難易度になると思います。だから、どの学部も甲南女子大学の場合には入りやすい学部と言えると思いますし、難易度は学部によって左右されないと考えて良いのではないでしょうか?甲南女子大学の難易度は他の部分からも測ることができますけど、それがセンター利用入試のボーダーラインです。センター利用入試に受かるにはどれくらいの点数が必要なのか?という部分もよく見ておくと良いと思います。甲南女子大学のセンター利用のボーダーラインは何割か?について調べてみると、文系学部の2つは55~65%くらいと言う感じです。やや人間科学部の方が高いかもしれませんけど、この2つの学部の場合にはボーダーラインは低い場合には6割を切っても受かる可能性があるということです。でも、高い場合には65%くらい必要なので、結構難しいと言えると思います。

 

甲南女子大学に受かりたい人はセンター利用入試でも可能性は十分あると思います。文系学部の場合には入りやすい学部はどちらとも言えませんが、6割以上あれば受かる可能性はそこそこあるわけですから、学科などを選べば甲南女子大学のセンター利用のボーダーラインを超えることは十分可能だと思います。甲南女子大学の理系のボーダーラインは何割か?というと、看護リハビリテーション学部の得点率は高いんですけど、穴場があります。それは理学療法の前後期日程で、これは40%という数字がパスナビには載っています。それ以外で言うと、理学療法スカラシップは6割強、看護は前後期もスカラシップも約75%なので、看護リハビリテーション学部のセンター利用のボーダーラインの得点率は学科や日程によってかなり差があるということが言えます。甲南女子大学のセンター利用のボーダーラインが何割か?というのを見ても、特に文系学部の学部ごとの難易度の差はあまりないと言えると思います。やはり甲南女子大学で受かりやすい学部というのはなかなかないということなのだと思います。甲南女子大学に入りたい人はそれ以外にも情報を調べておかないといけませんが、さらに重要なのは倍率です。甲南女子大学の一般入試の倍率はどうなっているのか?というのは知っておきましょう。

 

甲南女子大学の倍率については入試方式がいろいろとあって、それぞれで結構違いがあるので、全体としてどれくらいということはちょっと言い難いです。甲南女子大学の入試では学部学科ごとに4つくらいの入試方式に分かれていて、それぞれ倍率にも違いがあります。甲南女子大学の一般入試の倍率は低いと2倍くらいですが、高いと10倍近くというケースもあります。だから、同じ学部学科を受ける場合でも、入試方式によって難易度がかなり変わるということです。甲南女子大学の倍率は本当にそれぞれで全然違う数字になっているので、難しいところと簡単なところに分かれやすいと言えます。倍率までチェックすると甲南女子大学の入りやすい学部とかも多少分かってくるかもしれませんが、今後も同じように推移するとは限らないので、倍率は参考程度にチェックしておけば良いと思います。甲南女子大学の偏差値はそれなりにあるので、どの学部学科を受けてもある程度は難しいとは思いますけど、入試方式によっても甲南女子大学の難易度が変わるということで、そこも知っておかないといけないでしょう。甲南女子大学の偏差値や倍率といった情報の他には合格最低点も調べておくようにした方が良いです。甲南女子大学の合格最低点は赤本に載っているかもしれませんが、インターネットでも調べれば出てきます。これも学部学科、入試方式によって全然違うので、一概には言えませんが、インターネットで検索をすると上位にヒットしますから、甲南女子大学の合格最低点はすぐに調べられると思います。

 

私が見た感じだと、甲南女子大学の合格最低点は低い場合には6割弱くらいで、高い場合には8割近くあるので、倍率と同じで、合格最低点に関しても甲南女子大学の場合にはそれぞれで結構違いがあるということなので、過去問を解くときには自分が受ける学部学科、入試方式ごとの甲南女子大学の合格最低点をちゃんと調べておきましょう。その点数に届くか?どうかも重要ですけど、甲南女子大学の合格最低点の出し方によっては実際の合格に必要な点数はさらに高い可能性もあるので、合格最低点のさらに上を目指していくと良いと思います。甲南女子大学に受かりたい人はやはりしっかりと勉強をしていかないといけませんが、入試に必要な情報を集めたりすることも必要です。入りやすい学部を目指すのも良いかもしれませんが、やりたいことが決まっている人はその学部の中でどの入試方式が入りやすいか?どうかを考えると良いと思います。甲南女子大学は関西の女子大の中では人気があると思うので、しっかりと対策をして本番まで実力を上げていきましょう。甲南女子大学の過去問をやることも忘れないでほしいと思います。

 

甲南女子大学に入りたい人、興味がある人はスタディサプリ進路で資料請求ができるので知っておきましょう。ここで請求できるのは甲南女子大学の大学案内で、入試や学生生活の情報が満載です。入試に関する情報では、甲南女子大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などが分かりやすくまとめられていると思います。さらには過去の入試結果から甲南女子大学の倍率や合格最低点などが載っている可能性もあるので、そういったデータも参考にしやすいということで、かなり貴重な資料ということが言えますし、甲南女子大学の入試に関して深く理解ができるのではないか?と思うのです。そして、学生生活の情報については甲南女子大学の学生は普段どんな授業を受けているのか?ゼミやサークルはどういう雰囲気で過ごしているのか?卒業後にはどういう進路を歩んでいるのか?などが学部学科別に書かれていると思うので、自分が甲南女子大学に入ったらどういう4年間を過ごすのか?が想像しやすい内容になっていると思うのです。そういったものを見れば、今まで気づけなかった甲南女子大学の魅力を発見できたりして、より一層受かりたい気持ちが強くなる可能性もあります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「甲南女子大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」のリンクをクリックして、氏名や住所などの必要事項を記入して送信すると自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事