リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

追手門大学の偏差値や倍率は?センターのボーダーや合格最低点はどうか?レベルは中堅大学くらい?

【スポンサードリンク】

関西の有名私立大学の中に追手門大学がありますけど、追手門大学の偏差値はどれくらいでしょうか?追手門大学は中堅大学のレベルになると思うのですが、いくつか学部があって、それぞれで難易度が違うので、そこの違いを認識しておきましょう。追手門大学の偏差値は50前後くらいになると思うのですが、学部によって偏差値が違うので、そこを踏まえて考えないといけません。追手門大学の学部ごとの偏差値はそこまで大きな差はありませんが、その中でも心理学部が少しだけレベルが高い気がします。追手門大学は文系学部しかないのですが、その中でも心理学部は少し難しい気がします。しかし、それ以外の学部は多少難易度が下がるかもしれませんが、ほとんど同じと言える気がします。追手門大学のセンター利用入試のボーダーラインを比べると、より顕著かもしれません。心理学部のボーダーラインは特に高いです。追手門大学のセンター利用入試のボーダーラインの得点率を学部別に見ると、心理学部が約7割ですが、それ以外の学部は6割前後くらいなので、やはり難易度に差があるということになります。追手門大学に入りたい人はセンター利用入試でも受けられますけど、心理学部は一段難しいということが言えるので、そこは覚えておいてほしいと思うのです。

 

追手門大学の心理学部以外のボーダーラインは何割か?というと、6割前後であまり変わらないという印象です。したがって、追手門大学の経済学部、経営学部、地域創造学部、社会学部、国際教養学部の難易度はほぼ同じくらいと言えるのではないか?と思います。追手門大学に入りたい人は、こういった中から受験する学部を選ばないといけませんけど、どこがいいか?というのはちょっと迷うと思います。すでに受験する学部が決まっているという人は問題ないですけど、これから決めるという人は追手門大学の学部ごとの難易度を見極めながら、決めると良いと思います。入りやすい学部などがあるのか?というと、心理学部以外はほぼ偏差値が変わりませんから、追手門大学は入りやすい学部はほぼないのではないか?と思います。どの学部も簡単な学部とは言い難いですし、それなりのレベルがあるので、追手門大学に受かるにはちゃんと勉強をしないといけないのです。心理学部を受ける人はより一層大変な勉強をしていかないといけないと言えます。センター利用入試のボーダーラインが何割か?という数字だけ見ても、心理学部の難易度は高いのですが、一般入試においても心理学部は難しいと思うので、特にレベルが高い学部と言えると思います。心理学部は追手門大学では偏差値が高いので、ここを受ける人は本当に難しいと思っていきましょう。倍率もそれなりに高いですから、心理学部に入りたい人は本当に勉強をしていきましょう。もちろん、それ以外の学部を受ける人も勉強は必要ですから、しっかりとやっていきましょう。

 

追手門大学の一般入試の倍率はどうなっているのか?というと、この大学は入試方式が多岐に渡っているため、それぞれごとで倍率が全然違います。追手門大学ではA日程、S日程、B日程があり、しかもそれぞれで2科目とか、高得点セレクトとか、いくつか分かれているので、同じ学部学科を受ける場合でも入試方式の選択肢がかなりあるわけです。それぞれで追手門大学の倍率は全然違うので、そこを意識していかないといけないと言えます。追手門大学に入りたい人は倍率は知っておいた方が良いですが、チェックするときにはかなり細かく確認する必要があります。追手門大学に受かるには学部学科の選択も重要ですけど、入試方式の選び方も重要と言うことになります。この選択がかなり重要ということになるのです。追手門大学は入りやすい学部というのはほぼないと思いますが、受験生の学力によって選ぶべき入試方式が異なるということが言えるので、それは入試方式によって受かる確率がかなり変わる可能性があるということなのです。特に2科目と3科目が選べる入試方式はかなり確率を変動させます。だから、追手門大学の場合には入りやすい学部というよりは、入りやすい入試方式を選ぶということが大切になります。追手門大学に受かるにはそういう考え方を持つことが重要です。だから、それぞれの入試方式の特徴を理解していくことが大切になります。

 

追手門大学の倍率はそれぞれの入試方式で結構違うということを話しましたが、合格最低点はどうなっているでしょうか?追手門大学の合格最低点はやはり入試方式ごとに全く違いますし、学部学科ごとにも違いますから、一概には言えませんが、私がざっと見たところでは、全体的には6~7割の間になっています。大学入試では5割台で受かるケースもありますけど、それはそこまで多くないです。問題のレベルがかなり難しいときには合格最低点が5割台ということもありますけど、追手門大学の場合には全体的には6~7割くらいになっているので、標準的な合格最低点と言えると思います。これは一般入試の合格最低点ですが、2科目や高得点セレクトといった受験生にとって苦手科目が反映されづらい入試方式の場合には、合格最低点が高くなっている場合もあります。7割近く、または7割以上というケースもありますから、追手門大学の一般入試の合格最低点を見るときにはそういったところもチェックしておきましょう。追手門大学の合格最低点はいろいろなサイトにも載っていますし、赤本にも載っている可能性があるので、見ておいてほしいと思います。

 

一般入試で受ける人は追手門大学の合格最低点、センター利用入試で受ける人は追手門大学のボーダーラインが何割か?というのはチェックしてほいしです。倍率などもそうですし、全体的に追手門大学の難易度がどうか?というのはいろいろな情報をもとに見ておいてほしいと思います。追手門大学のレベルは中堅大学くらいだと思うのですが、それぞれの学部学科、入試方式で偏差値も違うので、受かる難易度は違っていますから、何度も言いますけど、受ける学部学科と入試方式の組み合わせ次第で、合否がかなり左右される可能性があるので、追手門大学に入りたい人はそういったところをよく考えておきましょう。追手門大学の偏差値の情報は多くが調べると思いますけど、それ以外の倍率や受験科目から、合格最低点やボーダーラインが何割か?といった情報まで細かく調べて、受験する学部学科や入試方式を決めたり、そういったものを決めた後でもチェックすることは重要だと思うので、追手門大学はレベルを考慮して、計画的に受験勉強を行いつつも、そういう情報まで調べていくようにしていきましょう。

 

あわせて読みたい記事