リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

産業能率大学の偏差値や倍率は高い?合格最低点やボーダーラインはどうなっている?

【スポンサードリンク】

産業能率大学経営学部と情報マネジメント学部の2つのみで構成された大学になりますが、偏差値はどれくらいになっているのでしょうか?産業能率大学の偏差値は河合塾の数字だと45前後くらいという感じです。学部によっても違いますが、大体そんな感じなので、知名度はあまりないかもしれませんけど、大東亜帝国と呼ばれる大学群とほぼ同じくらいの難易度ではないでしょうか?大東文化大学東海大学亜細亜大学帝京大学国士舘大学などと偏差値は近いと思うので、そこそこ難易度はあるのです。だから、簡単に入れるとは思わない方が良いです。そして、産業能率大学に入りたい人はどちらの学部を選択すべきか?ということについて、考えないといけません。難易度はどっちが簡単なの?と思う人もいるでしょうけど、経営学部の方が若干高いのかな?と思います。あまり差はないですけど、産業能率大学の偏差値を見た感じでは、経営学部の方が高いです。だから、入りやすい学部は情報マネジメント学部になると言えます。そういったところがまず情報としてあるわけです。

 

つまり、産業能率大学で入りやすい学部があるとすれば、それはどっちか?というと情報マネジメント学部になります。難易度で産業能率大学の受ける学部を決めるならばそういったことになります。産業能率大学の難易度はそこまでの差がないので、厳密に言えばもっと別の要素、倍率や合格最低点とかも見ておいた方が良いとは思いますけどね。いろいろな部分も含めて、産業能率大学の難易度を理解していってほしいと思いますが、とりあえず偏差値を参考にすると、産業能率大学の入りやすい学部は情報マネジメント学部になるということなのです。産業能率大学に入りたい人はいろいろな入試の形態があるので、その中からどれを選ぶか?ということも重要になります。例えば、センター利用入試の場合には産業能率大学のボーダーラインが何割か?という情報が必要になるのです。ただ、産業能率大学のセンター利用入試のボーダーラインが何割か?というのは、ちょっと特殊なところがあります。

 

というのも、1つの学部でセンター利用入試の入試方式が複数あるからです。産業能率大学では3教科型、4教科型、国立大学併願用の3つがあります。3教科型に関しては、経営学部が両学科ともに70%、情報マネジメント学部が60%強くらいとなっているので、産業能率大学のセンター利用入試のボーダーラインでは学部ごとに難易度の差が大きいということです。特に経営学部の3教科で70%以上という数字は結構高いですよ。大東亜帝国よりもさらに高くて、日東駒専の下位レベルくらいの数字が必要になります。だから、産業能率大学のセンター利用のボーダーラインは何割か?というときには3教科の時点で結構難しいのです。基本的に3教科で受ける人が多いと思いますけど、4教科に関しては経営学部が経営学科が65%で、現代ビジネス学科が62%くらいとなっており、情報マネジメント学部が56%程度となっているようです。さすがに4教科型になれば、産業能率大学のセンター利用のボーダーラインの得点率も下がるということになります。産業能率大学のセンター利用のボーダーラインの得点率は思ったよりも高いと感じた人が多いかもしれません。産業能率大学の偏差値はともかくとしても、センター利用入試のボーダーラインを見ると、そこそこレベルが高い大学ということに気付くと思います。結構難しいのです。だから、産業能率大学に入りたい人はどの入試方式で受けるにしても、結構勉強が必要になると言えます。

 

産業能率大学の入試の倍率はどうなっているでしょうか?一般入試では入試方式が多岐に渡っていて、前期全国、前期統一、前期2教科B、中期、後期という種類があります。これらの中で、後期日程の倍率はかなり高いですが、それ以外の入試日程の倍率はほぼ同じ数字です。同じ数字といっても、それは同じ学部内での話になります。同じ学部であれば、後期以外の4つの入試日程の倍率はほとんど同じです。経営学部についていうと、経営学科も現代ビジネス学科も倍率は後期に関しては10倍以上あるようなので、ちょっと高いですね。しかし、後期以外は3~4倍くらいと標準です。産業能率大学の情報マネジメント学部の倍率は全部の入試日程において2~3倍前後くらいです。したがって、情報マネジメント学部の方は倍率が低いです。ただ、経営学部の方の後期の倍率が非常に高くなっていますが、2016年度は普通の倍率で、他の入試日程と同じ数字になっています。2017年度の倍率から一気に上がったのです。だから、この傾向が今後も続くのか?は分かりません。産業能率大学の一般入試の倍率はそういった事情も含めて考えないといけないのです。だから、ちょっと予測が難しいところもありますが、後期以外は産業能率大学の倍率は普通くらいだと思います。産業能率大学に受かりたい人は倍率もちゃんとチェックしていきましょう。偏差値も重要ですけど、こういった情報についても重要なので受験する人は確認しておいてください。

 

産業能率大学の情報としてはあとは合格最低点なども重要です。過去問を解くときには合格最低点といった情報も確認しておきましょう。ただ、産業能率大学の合格最低点は調べても出てこないのです。したがって、合格ラインがどれくらいなのか?分からない中で対策をしていかないといけないのです。産業能率大学に受かりたい人は合格最低点が知りたいと思う人も多いかもしれませんけど、ここはみんな平等なのでしょうがないです。赤本に載っている可能性もあるかもしれませんが、インターネット上では合格最低点は見つからないです。センター利用入試のボーダーラインが何割か?というのは載っていますけど、産業能率大学の合格最低点は自力で見つけるしかありませんが、大学側が公開していなければどうしようもないです。センター試験で受ける人は産業能率大学のボーダーラインの得点率を調べれば分かります。産業能率大学のレベルはそこまで難しいというわけではないものの、偏差値は決して低くないので、油断はしないでほしいです。有名な私立大学でレベルを比較すると大東亜帝国から日東駒専の間くらいになるのではないか?と思います。したがって、中堅大学ではありますけど、産業能率大学は偏差値もそれなりにありますから、しっかりと勉強をして、基礎学力をつけて、過去問をといて専用の対策を怠らないようにしてほしいと思います。経営学部と情報マネジメント学部の違いを理解しておくこともそうですし、経営学部でも学科の違いがあるので、そこも理解してから受験する学部学科を決めましょう。

 

産業能率大学に入りたい人、興味があるという人はスタディサプリ進路から資料請求ができますから知っておいてほしいです。ここで請求できる資料は産業能率大学の入試情報やキャンパスライフに関する情報が特に満載です。入試情報に関しては、産業能率大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などを細かく分かりやすくまとめてくれているので、産業能率大学の入試制度について理解が深まると思います。また、過去の倍率や合格最低点に関しても記載がある可能性がありますから、かなり貴重な資料と言えるかもしれません。キャンパスライフの情報に関しては、産業能率大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気で活動をしているのか?卒業したらどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?といった情報を学部学科別に紹介していると思います。これを読めば、自分が産業能率大学に入ったらどういう4年間を過ごすのか?が想像しやすいですし、今まで知らなかった産業能率大学の魅力に気付けることもあるでしょうし、産業能率大学に受かりたい気持ちが強くなるということもあると思います。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「産業能率大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると住所や氏名などの必要事項を記入するページがあるので、そこに入力して送信すると自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事