リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

既卒は就職できる、有利になる!職歴なしやニートでも厳しい、きついは幻想?焦りを感じる必要はない?

【スポンサードリンク】

既卒になってしまうと就職が厳しくなるというイメージを持っている人はいると思いますけど、本当にそうでしょうか?既卒でも就職できる人はたくさんいますし、既卒だから就職が厳しいとは思わないことです。そういう先入観が精神的に影響して、益々悪循環にハマることもありますから。既卒でも就職できると言える根拠は、意外とあるのです。なぜならば新卒ほど数が多くないからです。新卒と既卒で分けた場合に、新卒の方が圧倒的に多いのです。なぜか?みんな新卒で就職しないとマズイと思っているからです。だから、既卒になる前に就職しなきゃ!既卒から就職活動を始めたのでは遅い!という危機感のようなものを持っています。したがって、新卒のうちからこんなに多くの大学生などが就活をしているのです。だから、結果的に既卒になってしまう人は少なく、新卒の学生ばかりが増えるわけです。そうなると、どういう構図が出来上がりますか?中途採用の人たちを除くと、大半の新卒の人間と少数の既卒の人間という状況になっています。これが現状になります。既卒の人は新卒と比べて圧倒的に少ないと言う状況があるわけです。それは既卒になると就職がきつい、だから新卒カードを持っているうちに就職しないといけないんだ!という思いがあるからですよね。しかし、それが既卒の人たちを後押しするわけです。

 

なぜか?というと、新卒の人は数がめちゃくちゃ多いわけです。そのめちゃくちゃ多い新卒の学生が、限られた新卒の求人を奪い合うわけです。基本的に求人の数はそこまで変化はないので、就職活動に参加する人数が多ければ多いほど、1人の学生が内定を取れる可能性は下がります。倍率が上がりやすくなるからです。だから、新卒カードが大事だと思って、みんな新卒で就職活動をしている現状は、新卒の人たちをどんどん不利な状況に追い込んでいるのです。だから、新卒それ自体は有利かもしれないが、新卒の数が増えすぎたことで、新卒が不利と言える側面も存在してしまっているのです。既卒の人は就職が厳しいと焦りを感じている人もいるかもしれませんが、新卒も現状を分析すると厳しいと言えると思います。ここが実は大事な部分です。というのも、新卒が増えれば増えるほど、相対的に既卒は減ります。だから、既卒の人にとってはライバルが増えない状況なわけです。みんな既卒を避けようとするので、既卒になってしまっても、意外とライバルが多くないという点は実は有利になる部分なのです。だから、既卒の就職は実は有利と言える面も存在していることにまず気付いてほしいと思います。もちろん、求人の数が新卒よりは少ないので、ライバルが少ないと言っても簡単に就職できるわけではないです。でも、既卒で職歴なしのような人やニートやっているような人でも就職できる余地はあるのです。既卒でも大丈夫と言える面はあるので、焦りをそこまで感じなくても良いのではないか?と思います。

 

すでに話したように新卒が必ずしも有利とは言えない、既卒でも大丈夫と言える余地もあるということは分かってもらえたのではないか?と思いますが、さらに重要な要素があります。それは既卒の人の中にはスーパーマンのような人はほとんどいないということです。スーパーマンというのは内定を簡単に取れてしまう優れた人という意味で使っていますけど、新卒にはそういう人がちらほらいますよ。でも、そういう人は新卒で就職しているはずなので、既卒になってしまった人の中にはそういう人はまずいません。言い方は悪いかもしれませんけど、そこまでの就活スキルを持っていない人、レベルが高くない人が大半を占めるわけです。だから、周りのライバルは自分と比べても大して変わらない人たちであって、そういう人と求人の枠を争うことになるので、気は楽じゃないですか?新卒は自分よりもかなり優れた人たちと戦わないといけないのですが、既卒だとそういう側面はないので、実は就職しやすいのです。例えるならば、ヨーロッパのサッカーだと全然活躍できないけど、サッカー後進国のチームに移籍したら無双できるみたいな、そういう状況が実はあるわけです。実際、ワールドカップとかに備えて、出場可能性が高そうな国へ、または自分の実力でもレギュラーとれそうな国へ国籍を変える選手もたまにいます。だから、新卒の枠の中では実はレベルの高い争いを強いられるが、既卒ではより低いレベルになるので、こっちの方が結果を出せる人がいるはずなのです。

 

既卒の就職は実は有利だと言える、新卒よりも実は有利になる場合があるというのは大きな部分で、それを後押ししてくれる会社もあります。既卒で職歴なしやニートの人でも利用できる就活サイトのようなところがあります。そういったところを使うことで、既卒を募集している会社を見つけて応募できますし、適切なサポートを受けられて、内定を取れる可能性が上がるでしょう。新卒の人はリクナビマイナビにまず登録して、そこから企業にエントリーするという王道の手順が確立されているので、みんなが同じような方法論で就活をし、内定を目指しています。だから、新卒の方は何をすれば良いのか?が明確なわけですが、既卒の人は王道的なやり方が確立されておらず、まず何をすれば良いのか?が分からない人も多いと思います。だから、既卒の人は焦りを感じるのかもしれません。したがって、そういう人は既卒専用のナビサイトを使いましょう。新卒の学生と同様に、既卒専用のサイトがあるので、そこを利用するのがおすすめです。例えば、「【ウズキャリ既卒】 」のようなサイトは特におすすめです。ここは既卒の人(フリーター、ニートなど職歴がない人を含む)が利用できるサイトになりますが、トータルサポートが期待できるサイトになります。というのも、新卒のサイトは求人を検索してエントリーしていく以外に特に使いようはないと思います。あとは自分で頑張るが基本になります。しかし、このウズキャリ既卒は職員がマンツーマンであなたのサポートをしてくれて、そのうえで就活ができます。ここも既卒が就職に有利と言える1つの理由になります。あなたの希望を聞いて、おすすめの求人紹介をしてくれたり、応募する企業の書類選考の添削、模擬面接の練習や指導など、トータルで内定を取るためのサポートをしてくれるのです。

 

すでに話したように新卒の数はむちゃくちゃ多いので、そこまで対応できるサイトはなかなかないでしょう。しかし、既卒は相対的に数が少ないので、1人1人に細かいサポートをしやすい状況にあるわけです。既卒でも就職できるという理由がここにもあるわけです。ウズキャリ既卒のサポートはかなり手厚く、働いている職員は多くが既卒の人で就職した人になりますから、皆さんの気持ちをよく分かっていると思います。そして、既卒者のための就職支援を行う会社なので、既卒として採用してくれる企業の求人をたくさん持っていますから、それだけ内定を取れる確率が上がります。あなたの希望を聞いたうえでのおすすめの求人を紹介してもらえる他、書類選考には推薦状をつけて添削もしてくれてから送付できますし、面接対策においては受ける企業ごとの細かいデータを持っているので、それを踏まえて対策をしてくれますし、模擬面接などを通じてあなたの問題点を指摘し、改善させられますから、面接スキルは自然と上がるでしょう。こういうサービスを新卒の学生が手厚く受けるというのはなかなか難しいです。既卒者ならではの部分になります。ウズキャリ既卒ニートや職歴なしという人でも受け付けていますし、既卒は就職がきついというイメージを払拭させられる会社でもあると思うのです。だから、焦りを感じている人もいると思いますけど、こういう会社を利用すると自分でも就職できると思えてくるのではないでしょうか?

 

心強い味方がいるような感じで、かなり期待が持てると思うのです。既卒ニートや職歴なしという人の場合、より就職が厳しいと感じる人もいるかもしれませんが、割と幅広く受け入れている会社なので、焦りを感じている人は頼ってみると良い会社だと思います。ちなみにウズキャリ既卒は紹介したサービスが全て無料で受けられます。お金はとられないので、そこもおすすめの部分です。就職がきついという焦りの気持ちを持っている人でも一歩踏み出せば変わる可能性がありますから、既卒でも就職できると思って、こういうところにお願いをしてみるというのも1つの手です。既卒の人は就職がきついと思っている人が多いと思いますが、やり方次第でどうにでもなると思うので、良かったらこういうサイトを参考にしてもらえればと思います。既卒でも大丈夫という気持ちを持てないでいると成功は難しいでしょうから、まずはそういう気持ちになることが大切だと思います。

 

 

あわせて読みたい記事