リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

同志社女子大学のキャンパスの雰囲気や評判と口コミ、就職支援や就職実績の魅力やメリット

【スポンサードリンク】

同志社女子大学というのはどういう大学なのか?については事前に調べておいた方が良いと思います。同志社女子大学同志社大学と同じキャンパスを使っているようなので、今出川キャンパスと京田辺キャンパスを使用しています。表象文化学部と生活科学部の学生が今出川キャンパスで、それ以外の学生が京田辺キャンパスに通うようです。したがって、どちらのキャンパスに通うのか?ということに関しても事前にチェックをしておかないといけないでしょう。女子大の中では同志社女子大学の評判はかなり高いと思いますけど、どういった大学なのか?については詳しく調べておいてほしいと思います。いろいろなチェックポイントがありますけど、まずはキャンパスですね。今出川京田辺はどっちがメインなのか?というと、今出川だと思います。同志社大学のキャンパスの風景をインターネットなどで見るときには、今出川キャンパスが写っていることが多いと思いますから。恐らくこちらの方がメインキャンパスになるのだと思います。でも、どちらのキャンパスの雰囲気は良い感じですけどね。同志社女子大学のキャンパスは雰囲気が似ていると思います。校舎の建物の色はちょっと違いますけど、全体的なキャンパスの雰囲気は似ていると思います。したがって、どちらも華やかな大学生活を送りやすいのではないか?と思うのです。

 

でも、交通アクセスとかは違います。同志社女子大学のキャンパスの立地条件がそれぞれで違うので、そこは確認をしておいてほしいと思います。今出川キャンパスまでの交通アクセスは京阪本線出町柳駅から徒歩10分、烏丸線今出川駅から徒歩5分といった感じです。京田辺キャンパスへの交通アクセスはJR学研都市線同志社前駅から徒歩3分、近鉄京都線興戸駅から徒歩10分となっています。こういったところがそれぞれのキャンパスへの交通アクセスなので、知っておいてほしいと思います。同志社女子大学のキャンパスの立地条件に関してはどういった評価をすれば良いのか?というのは人それぞれ違うと思いますが、同志社女子大学のキャンパスの評判を知っておくと良いと思います。雰囲気などはインターネットから画像を検索すれば分かりますが、実際の感想のようなものは学生に聞かないと分かりづらいと思いますから、同志社女子大学のキャンパスの口コミを調べていきましょう。今出川キャンパスの口コミについて紹介をしていきますが、こちらのキャンパスは全体的に評判は良いです。立地条件が良いと評価している同志社女子大学の女子学生もいますし。外国人観光客が多く、三条や四条にも近いと。そして、飲食店などもあるので、同志社女子大学のキャンパスの立地条件としては問題ないようです。雰囲気も良いようなので、やはり今出川キャンパスは学生に人気みたいです。

 

一方、京田辺キャンパスの口コミは?というと、多くの学生の評判にあるのは「田舎」という言葉です。どうしても今出川キャンパスと比べると田舎の雰囲気があるようなのです。キャンパスの周辺環境としては何もないという声もありますし、静かな雰囲気なので、そこがメリットの1つにはなるかもしれません。同志社女子大学で勉強しやすい環境があるのはメリットとも言えると思いますから。あとはキャンパスに通うまでの坂がきついという声もあります。路線にもよるかもしれませんが、最寄駅から歩いていくときに坂がちょっと不便に感じる学生もいるようです。こういったところが同志社女子大学のキャンパスの口コミになります。全体的には今出川キャンパスの方が評判は良いようです。学部によってそれぞれのキャンパスに通うことになるので、自分が通うキャンパスの口コミなどは調べておくと良いでしょう。それ以外にも同志社女子大学の評判は調べておいた方が良いです。例えば、就職に関することでしょう。同志社女子大学での就職支援はどういうメリットがあるのか?というのは重要ですし。同志社女子大学の就職に対する評価もできると思います。同志社女子大学の就職支援の中身に関しては、ホームページを見るとだいたい分かってくると思いますが、ここでも一部を紹介しておきます。

 

同志社女子大学の就職支援はキャリア支援部というところが中心となっているようですが、中心となっているのはガイダンスでしょうか?同志社女子大学での就職におけるガイダンスでは、エントリーシートや履歴書の書き方、自己分析の仕方、論作文対策、業界研究、マナー講座などについて詳しく教えてもらうことができるようです。それ以外ではSPIなどの筆記試験、適性検査といったものに関する模擬試験を受けられるという点は特徴的かもしれません。あとは企業や団体を約300社招いての学内セミナーも開催されており、同志社女子大学で直接企業の話を聞けるなどのチャンスもあります。そして、OG懇談会というものもあって、同志社女子大学のOGから当時の就活に関する話や就職した後の話などを聞いて、それを今後に役立たせられるなどのイベントもあるため、同志社女子大学の就職支援は非常に幅広く、評判の良いものとなっているのではないか?と思います。したがって、こういったものは代表的な同志社女子大学の就職支援になると思いますけど、就職実績も気になるのではないか?と思います。これも細かく見たい人はホームページを見てもらうと良いと思うのですが、同志社女子大学の就職実績を見ると、魅力的な部分や同志社女子大学に入るメリットなども分かってくるのではないか?と思います。

 

同志社女子大学の就職実績を見ると、まず就職決定率というのが2016年度は98.0%となっています。これは就職率に近い概念と考えてもらって良いと思うのですが、同志社女子大学の就職率はかなり高いということになります。就職状況を細かく見ると、どういう業種に就職しているのか?が分かりますが、金融・保険業と卸売り・小売業の2つで約40%なので、こういった業界への就職している人が多いということになります。あとは同じく2016年度の情報ですが、会社の規模別の就職率というのも掲載されていますけど、同志社女子大学から就職した人のうち、従業員が500人以上の一般的な大企業への就職率は約50%強くらいあります。中でも従業員が5000人以上という誰もが知っている大企業に関しては15%強あるので、7人に1人くらいはそういった規模の会社に就職できているということで、かなり評価できる就職実績のように思います。同志社女子大学のメリットはこういったところにもあると思います。こういう就職実績を見ると、同志社女子大学の評判がいいということも分かるのではないでしょうか?同志社女子大学の就職実績に関しては、ホームページから詳しく見ておくことをおすすめします。大企業に就職できる可能性もそれなりにあるわけですから、同志社女子大学の魅力はこういったところからも理解できるのではないでしょうか?同志社女子大学で学生生活を送りたいと思っている人は、キャンパスの立地条件から就職に関する情報までいろいろと調べておいた方が良いと思います。

 

同志社女子大学に入りたい人、受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができるので、そういったものも取り寄せておくと良いのではないか?と思います。ここで請求できるのは同志社女子大学の入試情報や学生情報について詰まった大学案内で、入試情報については同志社女子大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などを細かく分かりやすくまとめており、過去のデータから倍率や合格最低点などの情報も載っている可能性があるので、かなり貴重な資料と言えます。学生生活の情報に関しては、同志社女子大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気で活動しているのか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?といった情報について、学部学科別に詳しく紹介されていると思います。これを読めば、同志社女子大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?について想像しやすいので、今まで知らなかった同志社女子大学の魅力にも気付けるのではないでしょうか?スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「同志社女子大学」と入れて検索して、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあるので、そこに氏名や住所を入力して送信すると自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事