リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

ニートで面接に受からない人の求人の探し方!説教を恐れて言い訳をする必要はない

【スポンサードリンク】

ニートをしていると正社員になるのは大変厳しいというイメージの人もいるかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか?ニートをしている人が面接を受けると何かしら言い訳をしないといけないみたいな、そういう場面を想像している人もいると思うのです。確かにニートが正社員でも、アルバイトでも同じかもしれませんが、面接を受けたときの向こうの反応というのはなんだかんだで想像がつくと思います。嫌そうな顔されるのかな?と思うケースもあるのではないでしょうか?そういった状況を踏まえると、益々面接を受けたくないと思う人が増えそうなのです。ニートが面接を受けても説教をされるみたいな、そういうイメージを持っている人もいるだろうし、実際に過去にそういう説教を受けたという人もいるかもしれないです。何で今まで働かなかったんだ?とか聞かれると、何とも言えない状況になりますよね。そういった状況が想像できるだけに、ニートをやっている人が面接を受けても説教をされるのではないか?いじめみたいな状況になるのではないか?と想像してしまって、受ける気がなくなるという人もいると思うのです。ニートが面接に受からないということはありませんが、問題はそういう人たちを快く思っていない企業を受けてしまうのが問題なのです。

 

ニートを快く思っていない人が働いている企業を受けても、そりゃ説教を受けたりするのは想像できます。ニートが面接でいじめみたいな状況になってしまうと、それ以降面接を受けること自体ができない状況になってしまうのではないか?と思われますから、やっぱり受ける企業の選び方ってすごく重要なのです。実際にいじめみたいな面接に1度でも遭遇すると、ニートは面接に受からないのかな?就職できないのかな?という思いが強くなりますから。つまり、ニートの人が就職をしたかったら、求人の探し方が重要だということになります。求人の探し方で間違えなければ、就職できる可能性がかなりアップしますから。ニートで就職したい人の探し方としては、やはり中途採用ではない求人というのがポイントです。要するに、ニートの人は一般的には既卒の扱いなので、新卒ではなくて中途採用ということになるのですが、職歴がないということになるとどうしても中途採用の中でも相当不利な状況になってしまいます。職歴があって転職をしようとしている中途採用組の人と比べると、どうしても採用に消極的になってしまうのです。したがって、普通に就職しようと思ったら、中途採用の枠に応募するしかないのですが、それだと採用される確率は相当低いと思うのです。だから、ポイントとしては転職をする人たちとは違った枠、中途採用ではない枠で就活をして面接を受けるということが必要なのです。そうすればニートの人であっても、ライバルは自分と同じような人になるので、職歴がある自分よりも上と思えるような人は同じ競争の中にはいないので、自分が採用される確率は上がるということになります。最初から自分よりも優れたライバルがいる場所を選ばないで、自分と同じようなレベルの人しか競争相手にいないような場所を選べば良いということになります。

 

そういったことをすればニートの人が面接に受からないということはないと思うのです。ニートが就職で求人の探し方をするときにはそういったポイントを踏まえて、探さないといけないということになりますから、そこは覚えておいてほしいです。そして、そういったところを受ければニートが面接で言い訳などをする必要もないです。中途採用の枠に混ざると、ニートの人は珍しい存在になってしまうので、説教みたいな質問をされることがあるのですが、面接を受ける人が自分と同じような人たちの場合には、自分という存在が珍しくないので、いちいちそういう質問はしないと思います。したがって、ニートが面接を受けても説教は行われないと思いますし、言い訳をしないといけないような質問も飛んできづらいと思います。ただ、問題はそういう求人の探し方です。ニートの人が採用される確率がより高い求人はどういうものか?は分かってもらえたと思いますけど、そういう求人はどうやって見つければ良いのでしょうか?普通に探していると、やっぱり既卒として中途採用の枠の求人しか見つからない可能性がありますが、そういった人たちを専門に就職支援をしている会社で探すと見つかりやすいです。新卒や中途採用の就職支援をしている会社、サイトというのもありますが、既卒者を専門に就職支援をしている会社もあって、そこではニートのような職歴がない人、空白期間がある人の支援もしているのです。20代の人だけとか、年齢に制限を設けている場合もありますが、そういった条件をクリアしていれば、利用できる会社があるので、そういった会社を利用して、求人を探すことをおすすめします。

 

例えば、「【ウズキャリ既卒】 」という会社は1つおすすめで、ここは既卒者を専門に就職支援をしていて、フリーターやニートの人なども対象にしています。ここは既卒者で正社員経験がない人を主に就職支援しているので、ここにある求人っていうのは、先ほど言ったようにニートやフリーターなどの就職するのに不利と思われているような人たちを普通に採用する気がある求人ということになります。だって、このウズキャリ既卒という会社は、フリーターやニートを含めた既卒者しか就職支援していないので、それを知ったうえで求人をそういう会社に出しているわけですから、求人を出している会社は、そういう人たちを採用する気があるということになると思うのです。したがって、ニートが面接で説教をされたりすることはまずないでしょう。ニートを快く思っていない企業である可能性は限りなく低いわけですから。質問の対策として言い訳を考える必要もないと言えるのではないでしょうか?ニートならではの面接での言い訳を考えるのも大変ですから、その心配がないならば大きいです。こういった会社にはニートの人でも採用したいと思っている企業からの求人が集まるので、採用確率で言えばかなり高いと言えると思うのです。実際にこのウズキャリ既卒では、内定率は83%となっているのですが、既卒(フリーター、ニートを含む)という、一般的に言えば就職に不利と言われている人たちだけでこの数字なので、新卒は一切含まずこの数字なので、かなり高いと言えると思います。

 

このウズキャリ既卒は会員登録をすると、キャリアカウンセラーという就活のプロとまず面談をすることになっており、そこで利用者の希望を聞いて、条件を絞って応募する求人を決めていきます。応募する求人が決まったら、書類を送って書類選考をしてもらうということになりますから、キャリアカウンセラーは応募書類を事前に全部チェックして、不備がないか?問題はないか?を確かめてくれます。その中で受かりやすい内容になっているか?どうかをチェックして、場合によっては添削をして送ることができますから、書類選考の通過率も上がります。そして、書類選考に通過すれば、いよいよ面接を受けていくということになりますが、面接に関してはどうしても苦手意識が強い人が多いのではないか?と思います。得意な人ってあまりいないですよね。上手く話せないと不安に感じている人もいると思うのですが、ウズキャリ既卒では面接対策に特に力を入れているのです。キャリアカウンセラーがマンツーマンで利用者の面接指導を行っていきます。具体的に言うと、模擬面接をやったりして利用者の面接のレベルをまずチェックして、そのうえで直すべきポイントを指摘しながら、徐々に面接のスキルを上げていくということをしてくれます。誰でも面接は苦手なのですが、それは結局こういった専門的に教えてくれる機会が少ないからだと思うのです。

 

しかし、ウズキャリ既卒ではキャリアカウンセラーがマンツーマンで利用者の面接をチェックし、足りないところ、直すべきところを指導してくれるので、時間をかけながら、嫌でも上達していくと思います。どこが問題なのか?が分からなければ、改善のしようがないので上達するわけがないのですが、改善すべきポイントをちゃんと指摘してくれて、かつどのように直せば良いのか?も教えてくれるので、これは面接が上手くなっていくメカニズムがちゃんと出来上がっているということで、ここまで誠心誠意尽くして面接対策をやってくれれば、ニートでも面接に受からないとは思えないと思います。自分でも実力が上がっているのが感じられるのではないでしょうか?したがって、ニートで面接に受からないのではないか?と不安を感じている人は、こういった会社を利用することで面接に対する苦手意識を払拭することができるかもしれないのです。ウズキャリ既卒を利用すれば、ニートでも受かる求人の探し方ができますし、説教などを受ける可能性も低いと思います。いろいろな点を指摘されて、ニートならではの言い訳を考えたりということも必要ないでしょう。そういった安心感も得られますし、やはり面接に受からないという部分に関して、不安を感じる程度が少ないはずなので、ニートで正社員になりたい人、就職したい人にとってはおすすめです。ちなみに利用料金は無料なので、会員登録さえすれば簡単に利用できます。一般的には就職しづらいと言われている、既卒の人たちの就職支援が専門の会社なので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

 

 

あわせて読みたい記事