リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活の時計はなんでもいい?デジタルはNGか?文字盤やベルトの色の選び方も重要

【スポンサードリンク】

就活ではいろいろと用意しないといけないものが多くて大変と感じている人もいるのではないでしょうか?就活というのはいろいろとお金がかかります。代表的なのは交通費ですが、それ以外にもスーツ、鞄、靴などを揃えないといけないので、本当にお金がかかりっ放しでしょうがないという状況なのです。そして、さらに問題なのは時計ですよ。時計をしないといけない風潮が実際あります。社会人になると、時計はネクタイと同じくらいの重要なアイテムみたいに言われていて、必要がなくてもしないといけないと強要されることもあると思います。こんなところにお金を使わせるのは本当に無駄としか思えないのですが、日本はそういうのが大好きな国なんでしょう。時計をしたい人はしても良いけど、したくな人やする必要がない人まで強制されることに関しては、就活生も社会人も愚痴を言ってますよ。ネットで調べれば多く出てきます。就活では腕時計はなんでもいいと考えている人もいるかもしれませんが、なんでもいいわけではないと思います。時計が必要なだけでも面倒なのに、デザインとかまで細かく考えないといけないなんて本当にだるいって感じている人もいると思います。

 

一般的にはデジタルの時計はあまり好まれないです。社会人になってもそうですけど、就活でも時計はデジタルをつけている人はあまりいません。デジタルはNGというルールがあるのか?は分からないですけど、デジタルは確実に少数派になると思います。時計がデジタルだと不利になるのか?に関しては、可能性はありますね。気にしないって人事もいると思いますけど、デジタルは社会人として失格だみたいな偏見を持っている人事がいないとは言えません。実際、そういったことを見越してか、就活生の多くはアナログの時計をしています。アナログの時計の方が見慣れているから時刻を確認しやすいという人もいるかもしれませんが、若い人はスマホとかで時刻を確認する人が多いので、デジタルの方がむしろ慣れているって人もいるかもしれません。そういう人にとっては、時計はデジタルの方が好都合ということも言えると思いますけど、社会人ではアナログの時計が普通という感じになっているので、デジタルはいろいろと言われる可能性があります。就活では直接は言ってこないと思いますけど、知らない間に評価を下げられていることがあっても不思議ではないかもしれないのです。もちろん時計をしていないことが分かれば、その時点で評価が下がるかもしれないです。つまり、就活の時計はなんでもいいわけではないのです。いろいろと考えて買わないといけないということを知っておいてほしいと思います。

 

あとは就活の時計の問題でいうと色をどうするのか?というのがありますね。ベルトや文字盤の色あたりは悩む人もいるかもしれません。就活の時計においてベルトや文字盤の色については地味な色を選んでおいた方が無難と言えます。そもそも就活のときに着ているスーツが地味な色なので、時計が派手だと全体的に微妙な印象になる可能性もあります。男性の場合にはネクタイをするので、その色が派手ということはあるかもしれませんけど、ネクタイに関しては赤や青など目立つ色のものをすることが普通になっているので、派手でも問題にならないのです。でも、社会人とかで派手な時計をしている人はまずいないので、就活の時計でベルトや文字盤の色が派手だと評価にかかわる可能性もあります。ゴールドとか、ピンクみたいな色は結構派手ですよね。だから、就活の時計の文字盤やベルトの色はゴールドやピンクなどは避けて、目立たない色を選んだ方が良いと思います。黒かシルバーあたりが無難です。文字盤の色に関しては目立たない場合もありますから、青くらいだったら特に問題ない気もします。ゴールドやピンクはベスト、文字盤いずれにしても目立つ可能性があります。面積が広いので。だから、就活の時計ではベルトは絶対に派手じゃない方が良いと思いますけど、文字盤はまだちょっと派手でも良いかもしれないという感じです。それでも青くらいでしょうね。赤とかになるとちょっと目立つなという感じですし。青の時計はオシャレに見えて、かつそこまで目立たない色だと思いますから。就活の時計は本当になんでもいいわけではないということは頭の中に入れておきましょう。

 

腕時計のデザインによって受かる理由にはなりませんが、落ちる理由にはなってしまうと思うのです。社会人=腕時計は必須のアイテムという認識の人はいます。就活生にもそれを求めている人もいると思われるので、就活で時計は必須ですし、選び方も難しいのですが、なんでもいいわけではないということで、基本的にはデジタルの時計は避けてもらって、アナログのものが良いでしょう。ただ、アナログの時計の中でもなんでもいいわけではなくて、文字盤の色とか、ベルトの色や、全体の印象などから派手なものは避けた方が良いということです。就活の時計では文字盤の色は青などはOKだが、ゴールドやピンクなどは派手、かつカジュアルな感覚もあるので、就活生にはあまり相応しくないと考えている人事もいると思います。ベルトの色に関しても基本的には派手な色は避けてほしいですし、青も避けた方が良いでしょうね。時計の色は社会人が実際に付けているであろうというものを想像してもらえれば、なんとなくこれで良いんじゃないか?というものが分かると思います。就活で時計の選び方に関してはいろいろ注意しないといけないポイントがあるので大変だとは思いますけど、時計をしていないとしたらそれは致命的なので、時計は絶対にしておいてほしいです。内定が欲しいならば。しかし、就活での時計はなんでもいいわけではないので、本当に細かいところまで気を遣わないといけないという意味では大変だとは思いますが、しっかりと選んで、万全の状態で就活に臨みましょう。就活の服装としてはスーツ、靴、ネクタイ(男性の場合)、時計は必須のアイテムになると思うので、どれもきちんと揃えて、就職活動を始めていきましょう。周りの就活生も時計に関してはかなり気を遣ってくると思うので、いろいろな意味で差がつかないように頑張ってほしいと思います。

 

最後に就活で内定を取るために知っておかないといけないポイントを紹介しておきます。就活をするときにはナビサイトを利用して行うのが普通ですが、そのときにはどういったナビサイトを選ぶか?ということが重要になります。ナビサイトというのは多くの就活生は無意識に選んで、利用していると思いますが、本当はもっと考えて選んだ方が良いと思います。というのも、多くの就活生が使っているのは知名度が高くて有名な、みんなが使っているナビサイトでしょう。就活生ならば誰もが利用しているので、無意識のうちにそこが正解だと感じたり、安心感を覚えたりするため、そういったところを使っていると思います。しかし、就活生の多くが特定のサイトを利用しているとしたら、そのナビサイトに求人を出している会社に大量のエントリーが届くことになります。したがって、そのナビサイトからエントリーした企業というのは競争率が高まり、倍率が上がりやすくなるということになるのです。倍率が上がるとなれば、内定が取りづらくなるので、知名度が高くて有名な、みんな使っているナビサイトというのはリスクがあるということになります。したがって、そういった就活生の誰もが知っている、利用しているナビサイトとは別に、知名度は低いが多くの就活生が知らない穴場的なナビサイトを利用すると、特定の会社の選考を多くの就活生が受けるということが起きづらくなるため、競争率が相対的に低い状況で選考を受けられますから、内定が取りやすいと言えるのです。そんなときにおすすめなサイトが「キミスカ 」になります。このキミスカというサイトは学生からすると珍しく感じられるかもしれませんが、スカウト型のナビサイトになります。

 

企業が学生を検索し、プロフィールを見て気に入った人がいれば自社を受けてみないか?とスカウトを送るという特徴を持っているのです。従来のやり方とは違った形で就活をしていくことになりますけど、そういった部分で非常に大きなメリットを持っているのです。なぜならば、通常は学生が企業を検索して、気に入ったところにエントリーして選考を受けていくのでですが、企業があなたを気に入るか?は選考を通じてのアピール次第ということになります。アピールをした結果、企業が興味を持つこともあれば、全く関心を持たれないこともあり、関心を持たれなければ不採用ということになるのです。つまり、興味を持たれないと内定はとれませんけど、全ての企業から興味を持ってもらうのは厳しいです。そうなると、従来の就活のやり方は結果的に興味を持ってもらえないような企業も多く受けてしまうという非効率な部分もあるのです。しかし、キミスカでは企業からスカウトが着た企業を受けるので、スカウトが着ているということはあなたに興味を持っているということになります。つまり、スカウトが着た企業を受けることは、最初から自分に興味を抱いている企業を受けられることを意味するので、それだけ内定の確率が高い企業を受けられるということになります。また、場合によっては、スカウトを承諾してその会社を受けると、2次選考や3次選考をパスして選考に挑むことができることもあります。そういったメリットが大きいのです。

 

そして、スカウトはいろいろな業界、企業から来るので、自分が想定していなかった業界などからも来る可能性があり、自分では気づいていない部分に企業が適正や魅力を見出していることに気付ける場合もあります。だから、自分の就活のフィールドや視野が広がる可能性もあるのです。スカウトは絶対に来るとは言えませんが、プロフィールを充実させることによりスカウトが届く確率を上げることもできます。キミスカは知名度はそこまでないと思いますし、利用者もそんなに多くはないので、穴場的なナビサイトとして、ここから選考を受けることができれば競争率が上がりづらい中で就活ができますから、内定が取りやすいと言えるのではないでしょうか?従来のナビサイトも使いながら、スカウトが着たときだけ対応すれば良いので十分併用もできます。無料の会員登録をすると利用ができますから、他の多くの人がこういったナビサイトは知らないと思うので、他の就活生に差をつけるチャンスですし、本気で内定が欲しい人は良かったら参考にしてみてほしいと思います。

 

 

あわせて読みたい記事