リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

花王に就職したい人の難易度や倍率は?評判は激務や忙しいはない?大学名や学歴は関係するのか?

【スポンサードリンク】

女性に人気のメーカーで花王がありますが、この花王に就職する難易度はどれくらいなのでしょうか?花王の採用試験では募集人数は比較的多く、多くの人にチャンスがあると言えますが、採用試験の難易度は気になると思います。花王は誰もが知っている大手企業なので、就職における倍率は高いでしょう。具体的な倍率に関する情報は実は載っていないのですが、募集人数が例年100~150人くらいらしいので、その募集人数を見ると、応募してくる人の数を考慮して100倍前後くらいはあるかもしれません。知名度がかなりありますし、花王に就職したいという人は多いと思いますから。だから、花王に就職するにはかなり頑張らないといけないということになります。花王の採用試験の難易度は普通に高いでしょう。大手企業なので当然かもしれませんが、花王に就職したい人の難易度は相当高いと思った方が良いです。ただ、気になるのはやはり学歴とかではないでしょうか?花王では採用試験において学歴は関係あるのか?大学名で選別などをしているのか?という部分が気になっている人もいると思うので、そこは知っておいてほしいですが、正確な情報は無理ですね。予想になります。

 

花王の採用における採用実績校のようなものを見ると、旧帝大早慶などが書いてあるみたいです。全般的には理系で有名な大学が多いです。旧帝大や早稲田、慶應などを除くと、東京工業大学金沢大学千葉大学の名前もあります。理系の職種が多いと思うのですが、花王の就職において大学名は関係あるのか?について言うと、ここに載っているのは一部の採用における大学名なので、単なる一例に過ぎないと思います。だから、それ以外の大学から採用がないということではないでしょう。ただ、有名大学ほど採用実績校として人数が多いということならば、OB、OGが多い大学から採った方が安心感があるということは言えると思うので、花王のに就職するには学歴は高い方が良い。つまり、大学名はより有名な偏差値が高い方が良いということなのでしょう。特に理系が有名な大学は有利かもしれないのです。花王に就職したいならば学歴は関係あると言えばありそうな気はします。そういう意味では花王の就職の難易度は高いと言えそうです。学歴が関係あるならば、人によっては不利になるかもしれないわけですから。花王の採用試験においては大学名は気にしてもしょうがないのですが、関係ある可能性はあると思います。学歴は変えられないので、気にしてもしょうがないので、花王に就職したいならば採用実績校とかは見ないで、とにかく選考を頑張るしかないでしょうね。

 

花王の採用では学歴は関係するということは頭の中に置いておくと良いと思いますが、どの大学名が有利か?とか、不利か?というのは今から変えられないので、今から変えられる部分で対策を頑張っていきましょうということなのです。花王の就職の倍率は高いですし、採用試験もかなり多岐に渡っていると思うので難易度も高いと言えるでしょうけど、結局はいかに熱意を伝えて、自分が有能な人材だと思ってもらえるか?だと思います。特に理系の職種では文系と比べて実力や能力が重要視される傾向にある気がしますから、大学でやってきたことをいかに魅力的に伝えるか?が重要でしょう。そして、花王に就職したい人は評判などをチェックしておくと良いと思います。花王の採用試験の難易度も重要ですが、就職後のことをきちんと考えておくことも重要だと言えると思います。花王の就職の倍率は高いですし、その高い倍率を勝ち抜いて入社した人たちがどういう働き方をしているのか?という点については就活生もチェックしておいてほしいです。花王の社員の口コミというのはかなり貴重で、そういったものを見て、花王に就職することの評判を確認すると良いのです。花王の評判を見ることで、ここに就職することについて改めて考えてみると良いと思います。

 

花王で働いている人の評判を見ると、いろいろな意見がありますね。有給休暇については、社内全体で積極的に取得していく雰囲気があるとされています。というのも、グループ全体で目標があって、上司などの業績評価にもかかわってくるので、有給休暇はむしろみんながとっていかないといけない雰囲気になっているという口コミがあります。したがって、有給休暇が取得しやすいという意味では、花王は働きやすいと言う口コミがあるという評価をして良いのではないか?と思います。あとは花王というと大企業で安定しているというイメージもあるかもしれませんが、そういった状況は現実的に存在しているようで、勤続30年くらいにもなる社員が大勢いるらしいのです。つまり、長く働けるということが言えますが、それは安定しているから長く働けるということもあれば、働きやすい会社だから(他の会社に転職をしないで)長く働けるということも言えると思います。実際に花王離職率は低いみたいなので、これは大きな評判になると思います。

 

ちなみに残業に関してはほとんどないという花王の社員の口コミがあります。ほとんどないというのがどの程度なのか?は分かりませんが、花王はそこまで激務ではないということは言えるかもしれません。激務の会社が今は多いので、花王に関してもやはり忙しい部分は少なからずあると思いますけど、社員の口コミを見る限りでは激務っぽさは感じられないので、ある程度ゆとりを持ちながら働くことができるのではないでしょうか?花王でも忙しい部分はあるでしょう。ただ、相対的に他の会社よりはその程度が低いということになるかもしれません。あとは職種や部署にもよると思いますから、花王のこういう口コミは参考程度に見ておくと良いかもしれません。残業があったときでも残業代は出るみたいなので、そういう意味では良心的(本来は当たり前)な会社なのかもしれません。花王の社員の口コミは自分でも積極的に探していきましょう。会社説明会などで質問できる機会があるかもしれませんが、そういった場では社員の本音は聞き出しづらいです。匿名で書ける環境じゃないと本音を書いてくれないと思うので、花王の就職の評判を知りたい人は、インターネットで花王の社員の口コミを検索した方が良いと思います。

 

花王に就職する難易度は間違いなく高いでしょう。花王の採用試験の倍率こそ不明ですが、口コミを調べると良い評価が割とありますから、こういったものを調べると就活生も花王に就職したいと思うのではないか?と思います。でも、花王に就職するには高い倍率をクリアしていかないといけないので、難易度はかなり高いですし、花王の採用試験に受かるには本当に大変でしょう。花王の就職の難易度は理解して、選考としてどういったものがあるのか?も調べながら、1つ1つを丁寧に対策して臨んでいくということをしないといけないと思います。花王に就職できたら勝ち組と言えるのかもしれませんが、花王でも忙しいときはあると思うので、激務まではいかないかもしれないですけど、少なからず忙しいことは想定しておきましょう。今はどの会社も激務な面はあるので、花王は相対的に忙しい程度は低いかもしれませんが、大学生活を比べたらかなり激務だと思いますから、その角度は花王に就職しても忘れないでほしいと思います。花王に就職したいならば、本当に花王の就職の難易度に関する情報を集めながら、花王の社員の評判などを調べて、とにかくいろいろな情報を検索していくことが重要です。そういったものは企業研究にもなるので、花王に就職するにはそういったことを丁寧にやることをまず心がけましょう。

 

就活をするときに使用するナビサイトというのは、どういったところを使っているでしょうか?多くの就活生はそこまで吟味することなく、有名どころを使っておけば問題ないだろうという判断のもと、誰もが知っている知名度の高いナビサイトに登録して、利用をしているのではないか?と思います。そういったナビサイトは確かに有名なので、就活生の多くが使っているため、みんなと同じであるという安心感はあるかもしれませんが、それだけ利用者が膨大になっているということが言えるのです。利用者が膨大になるということは、そこから企業に対して行われるエントリー数も膨大になるということを意味しており、そのナビサイトに求人を出している企業に対して、それぞれ大量のエントリーが届きやすくなるのです。エントリーの総数が多くなればなるほど、他の就活生が多く受けているということになるので、倍率が高くなり、自分が内定を取れる確率が下がります。したがって、有名なナビサイトというのは、就活生の多くが利用しているという特徴を有しているだけにリスクがあるということになるのです。そうなると、そのリスクを分散していく必要があるので、知名度は下がるが、利用する就活生の数が少ないナビサイトも使用して、自分が受ける企業に他の就活生が大量に受けるという状況を避けた方が良いと思うのです。

 

例えば、「キミスカ 」というナビサイトはおすすめです。このキミスカは通常のナビサイトと違って、学生がエントリーするのではなく、企業側が登録している学生にスカウトを送って、そこから就活がスタートするという特徴があります。そこに大きなメリットがあるのです。従来の就活では学生が気に入った企業にエントリーし、選考を通じてアピールすることになりますが、アピールが上手くいかないと人事に興味を持ってもらえずに不採用になることが多いです。そして、実際に多くの就活生は自分が受けた多くの企業から不採用になるので、多くの就活生は結果的に自分に興味を持ってもらえない企業を大量に受けてしまっているということになります。だから、事前に自分にどれだけ関心を持ってもらえるか?が分からない中で企業を受けないといけないというのが、最大のデメリットになるのです。そして、キミスカはそのデメリットをメリットに変える力を持っています。というのも、キミスカはスカウトが着てから就活をスタートさせるのですが、スカウトが着た時点で自分に対して企業が少なからず興味を持っていることが確定します。つまり、スカウトが着たところだけを受ければ、すでに自分に興味を持っている企業を、つまり内定が取れる可能性が少しでも高いところを受けられるので、かなり有利となります。また、キミスカでは一次選考や二次選考をパスして選考に臨むことができる場合もあります。ここがキミスカの大きなメリットなのです。

 

キミスカはいろいろな業界からスカウトがくるので、自分が想定していなかった業界が自分の適性や魅力を見出してくれることもありますし、就活における視野が広がる効果もあります。キミスカはスカウトが来るまではすることはなく、スカウトが着たときだけ対応すれば良いです。したがって、スカウトが来るまでは通常のナビサイトからエントリーをして企業の選考を受けるというやり方をするということができるので、併用ができるということになります。タイプが違う2つのナビサイトを組み合わせることにより、リスクの分散になりますし、多くの就活生はキミスカを知らないと思いますから、利用者が少ないという意味では自分が受ける企業を他の就活生が大量に受けるということはまずないでしょうから、そこも大きなメリットとなるでしょう。多くの就活生が使っていないナビサイトを自分が使うことで、周りのライバルに差をつけて優位に立てることもあると思いますから、本気で内定が欲しい人にとってはおすすめのナビサイトになると思いますし、無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事