リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

既卒の就活の流れは?何から始めるべき?なんとかなる方法とは?

【スポンサードリンク】

既卒の人は就活をするときにはいろいろな悩みがあるのではないか?と思います。何から始めれば良いのか?というのは、特に大きな悩みかもしれませんが。既卒の人の就活の流れというのを理解しておかないと、新卒とは違う部分があるので、なかなか内定をもらうに至らないと言うか、そもそも適切な就活になっていない場合もあると思うのです。したがって、既卒の就活は何から始めれば良いのか?流れはどうなのか?というのはきちんと理解をしておいてほしいと思います。新卒の就活を経験している人もいるかもしれないので、それとの対比をした方が分かりやすいかもしれません。既卒の就活の流れを知っていれば、なんとかなる可能性も上がりますし、既卒の人はまずはそこから知っておかないといけないと思います。新卒の就活はナビサイトに登録し、エントリーをして、会社説明会に参加して、選考を受けていくという流れになっています。この流れは一般的で、すでに経験している人も多くいるでしょう。しかし、既卒の方はどうでしょうか?既卒の就活の流れはナビサイトのようなものは恐らくほとんど存在しない気がします。というか、新卒ではないという前提なので、中途採用組の求人サイトに応募することはできるでしょう。しかし、中途採用組の求人サイトは経験者採用が中心であり、正社員としての経験がない人の場合には、中途採用組の求人サイトを利用しても採用される確率は低いです。

 

つまり、既卒の就活は何から始めれば良いのか?については既卒者にとって望ましい求人サイトを見つけるところから始めるべきなのです。そして、それは中途採用組の求人サイトではないということです。既卒の人が中途採用組に混じって受けてもかなり不利なので、基本的には既卒者は既卒者しかいない中で受けるのが理想です。というのも、既卒者が一般的に就職に不利と言われていますが、それは新卒や中途採用と比べて不利という話なのです。つまり、別の言い方をすると、新卒や中途採用の人たちと既卒者が争ったら不利ということであり、新卒や中途採用の人がいない中、つまり既卒者のみで戦ったら、一切不利になりません。自分と同じ条件の人たちしか周りにいないわけですから。だから、そういった状況があれば既卒の就活はなんとかなるのです。そのための既卒の就活の流れを理解してほしいと思います。必要なこととしては、まずは既卒のみをメインに支援しているサイトに登録し、そこから就活をすることです。既卒者しかメインに扱っていないサイトというのは、そもそもそういう人しか利用していないので、そこから応募する企業には、既卒者の応募がほとんどになるはずなので、この時点で既卒であることがほぼ不利になりませんし、既卒者をメインに扱っているサイトに求人を出している会社は、既卒者が応募してくる前提で求人を出しているので、基本的に偏見などを持っていない、採用意欲があると言えると思うのです。

 

そういったサイトを利用できるか?どうかで既卒の就活がなんとかなるか?どうかが決まります。既卒の就活が初めてという人はコツを知ることが重要です。どういう流れで就活をすれば内定が出やすいのか?その仕組みを考えて就活をすると、なんとかなるのではないか?と思います。既卒で就活をするのが初めてという人は多いと思いますけど、コツがあるとすれば周りにレベルの高い人がいない状況で受けるというのは、1つ重要です。言い方は悪いですけど、既卒者というのは新卒で就職できなかった人も多く含んでいるので、内定が取れなかった実績があるという意味では、就活においてはレベルがちょっと下がるわけです。そういう人たちしか自分のライバルにいないという状況があれば、それは内定が取りやすいですよね。だからこそ、既卒者しかいない状況で就活をすることが重要で、既卒しか扱っていないサイトで求人を探すことが重要になるのです。既卒者の就活のコツとしてはそこは覚えておいてほしいですから、そういうサイトを見つけることが先決になります。初めて既卒で就活をする人は流れを確認してほしいですが、そういうサイトを見つけたら、そこに登録して求人を紹介してもらい、サポートを受けながら書類選考、面接などをしていくことになります。これが一般的な既卒者の就活の流れになりますが、新卒は自分で求人を検索してエントリーして、会社説明会に参加して、面接を受けて、といった感じで、ナビサイトは基本的に何もしてくれません。就活塾とかに通っている人は別にして、自分でなんとかしないといけないのです。

 

でも、既卒者の場合にはサイト側がサポートをしてくれます。求人の紹介や書類選考、面接におけるサポートを受けながら就活ができるので、実はこの点は新卒の就活では受けられないサービスになりますから、実は有利な面になるのです。新卒の人は数が多いので、ナビサイトがそんなサポートを個別にやってる余裕がありません。でも、既卒が就活に不利という言説を信じている人が多いので、既卒にならないために新卒で就活をする人がかなり多くなりますから、相対的に既卒になる人が少ないため、人数が少ないので個別のサポートをしやすいという点でメリットが生まれるわけです。だから、世の中の多くの人は新卒が有利と思っていると思うんですけど、それは言説は存在しているとしても、本当に実質そういえるか?というのは微妙だと思いますよ。世の中に存在している「新卒は(既卒よりも)有利」という言説を信じている人は多くいると思いますけど、本当にその通りなのか?を考えないで、信じてしまっている人は意外と多くいるのではないか?と思います。既卒の方が絶対数が少ないので、求人の数も少ないかもしれませんけど、きちんと既卒の枠内で就活ができれば、争う人数も少ないですし、すでに話したように、就活エリートみたいな人はまずいませんから、自分でも勝てるんじゃないか?という人が多くライバルになるのです。新卒はいろいろな人がいますよね。内定を全くとれない人もいますが、就活エリートという1人で内定を何個もかっさらっていく人もいるので、自分じゃ到底敵わないっていう人もライバルになってしまうわけです。自分が戦うライバルのレベルが新卒は高くて、既卒は相対的に低いとなれば、やっぱり内定を取りやすいのは既卒ではないか?と思います。

 

そして、既卒の人だけがライバルになるために、既卒を採用する気がある会社を見つけるためには「【ウズキャリ既卒】 」というサイトがおすすめです。ここはフリーター、ニートなどを含む既卒者専用の支援サイトで、新卒は利用できません。このサイトはすでに説明したような充実したサポートが期待できるので、そこもおすすめの理由です。このウズキャリ既卒は会員登録をすると、キャリアクアンセラーと面談をして、希望の条件を聞いて、そこからおすすめの求人をいくつか紹介してもらえます。その中から応募する企業を選んで応募するところがスタートになります。ただ、応募した後には書類選考がありますが、そこではキャリアカウンセラーがきちんと書類をチェックして、添削して受かるように工夫を施してから送付してくれます。そして、書類選考に通れば面接になりますけど、面接は苦手という人が多いと思います。そこもウズキャリ既卒は考えていて、面接対策を徹底して行ってくれます。ウズキャリ既卒では、模擬面接を行い、面接のレベルなどをチェックしたり、直すべき部分を指摘したりしてくれて、内定を取れるレベルにまで各自の面接スキルを上げてくれるので、面接が苦手だと思っている人もここで対策をすれば、自信を持って企業の面接に挑むことができると思います。面接が苦手だという意識を持っている人は多くいると思いますけど、それは模擬面接などの機会がなかったか、問題点があるのだが指摘してくれる人がいなかったからとか、そういった部分が理由化もしれないのです。

 

ウズキャリ既卒はキャリアカウンセラーがマンツーマンで徹底して面接指導をしてくれるますし、応募する企業ごとに過去の面接の傾向の情報があるので、受ける企業ごとに面接対策を変えて、柔軟に対応してくれるので、それによって内定率は高くなっています。ウズキャリ既卒はキャリアカウンセラーが最初から最後までマンツーマンで対応し、頼れる存在、自分のために力になってくれる人がそばにいるという安心感というのも大きいと思います。新卒の就活ではそんな存在はなかなかいないでしょう。自分1人で頑張っている人が多いと思うんですけど、既卒の就活ではそういう心強い存在がそばにいるのも魅力で、それがウズキャリ既卒ならではの特徴になります。ちなみにここまでのサポートをしてもらって、お金はいくらかかるのか?というと、無料となっています。したがって、お金の心配をせずに就活ができるので、既卒の人の就活の流れの中でも成功の確率が高いと思いますし、既卒の就活は何から始めれば良いのか?悩みを持っている人はおすすめだと思います。既卒の就活はなんとかなる可能性はありますが、それは適切な方法をとったときなので、既卒の就活は何から始めたら良いのか?分からない人は特にこういったサイトはおすすめなので、良かったら参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい記事