リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

宅建の予備校の選び方はどこがいい?授業料や費用が安いのは資格スクエア

【スポンサードリンク】

宅建の勉強をしようと思っている人は多くいると思いますけど、予備校に通った方が良いのではないか?とも考えている人が多いのではないでしょうか?宅建は難関資格なので、予備校に通った方が合格率は上がるでしょうし、予備校は受かるためのノウハウを蓄積していますから、それを提供してもらえるだけでもかなり価値があると言える可能性があります。そうなると、宅建の試験に受かりたい人は予備校を利用するというのはおすすめの手段になります。しかし、問題は宅建の予備校の選び方です。宅建の予備校の選び方については、どこがいいのか?分からないという人もいると思いますけど、今主流なのはインターネットで講義を視聴する予備校です。昔ながらの教室に通う形態の予備校もありますが、そういったところも同時にインターネットでの講義を導入しているところが多いので、今はインターネットから宅建の授業を聞くのが効率的ということになります。インターネットの予備校と言えば、代表的なのは「資格スクエア」になります。ここは基本的に通学をする必要はなく、好きなところからインターネットにつないで授業を聞くことができるのです。そして、インターネットから利用できるという強みを生かして、費用がかなり安いということが言えます。

 

宅建の予備校にかかる費用はそれなりに高いですが、資格スクエアはインターネット一本なので、費用がかなり安いです。なぜか?というと、人件費がかかりづらいからです。通学形態の予備校だと、人間が毎回校舎まで来て授業をしないといけませんが、資格スクエアの場合には映像として収録した授業をインターネットとして流すだけなので、授業をするのは収録の1回だけとなります。だから、人件費がかかりづらいので、その分授業料を安くできるのです。あとはインターネットに特化することで校舎がないので、校舎の家賃支払いなどの必要もありません。宅建の予備校はどこがいい?かというときの選び方の1つとして授業料が安いところが良いと思っているならば、資格スクエアはおすすめです。資格スクエアの宅建の費用はどれくらいか?というと、単品講座やパックプランというものがあるので、それによって費用が違いますけど、パックプランを選んでも4万円くらいなので、かなり安いです。資格試験の予備校に通う費用というのは、資格試験の種類にもよりますが、10万円を超えることもザラですから。宅建の予備校の費用としては資格スクエアはかなり格安と言えると思うのです。授業料を安くできる仕組みがちゃんとあって、実際に格安となればかなりメリットがある予備校と言えます。

 

宅建の予備校の選び方で費用を特に気にしている人にとっては資格スクエアはおすすめですが、ここは費用が安いだけが特徴ではないのです。すでに話したようにインターネットでの授業に特化しているので、その環境がかなり優れています。インターネットから授業を受けるというのは、そもそもどういうことなのか?というと、パソコン、スマホタブレットを活用してインターネットに接続して、指定のサイトから授業を見ていくことになります。ここでポイントなのは授業を見るタイミングは各自の自由ということです。通学形態の予備校だと、決められた時間に行かないといけません。用事があるとか、体調が悪いとかで欠席をしないといことが考えられますが、資格スクエアではインターネットを使っての授業なので、日時は各自の完全自由で決められます。というのも、インターネットは365日24時間存在しているので、いつ授業を見るか?というのは各自で自由に決められます。だから、用事がある、体調がよくないというときを避けて、都合が良いときに見たい授業を見ることができるのです。そこがまずメリットです。そして、1度見た授業を何度も繰り返し見ることができます。通学形態の予備校では1度聞いた授業をまた聞くというのは難しいかもしれませんが、資格スクエアでは動画サイトのような感じになっていて、視聴期限が決まっていますが、その期限は長く設定されていますし、その期間内ならば何度も視聴してOKです。つまり、分かりづらいところは10回、20回でも視聴してもらっても良いので、より理解が深まりやすいということが言えます。

 

さらには早送りや巻き戻りなどもしやすいというのもあります。動画なので、Youtubeとかを見ているときと同じように早送りや巻き戻しができます。教室での授業だと、「今のところもう1回言ってくれませんか?」とか、授業中に言いづらいじゃないですか?でも、動画だと、聞き逃してしまったところや1回聞いただけでは分かりづらいところを巻き戻して何度も見たり、必要ないと思ったところは飛ばしたりすることができると思うので、使い勝手は良いと言えるのではないでしょうか?そういった意味では、資格スクエアのような動画を使った授業の予備校というのは宅建の勉強をする人にとってはおすすめなのです。授業料も安いということが言えますし、宅建の予備校の選び方で費用が安いところというのをこだわっている人や使い勝手が良いところ、合格率が高くなりそうなところという意味では、確実に知識をつけていくための勉強をしていくときには資格スクエアはおすすめと言えるのです。宅建の予備校はどこがいいのか?というときには、こういった特徴を持った予備校はおすすめだと思いますし、受験生にとってはかなり利便性があると思います。

 

宅建の予備校はどこがいいか?というときには、候補は多くありますけど、今は通学形態の受講よりもインターネットから動画を使った授業が主流になりつつあって、そういう予備校の利用者も多いので、資格スクエアは宅建の予備校でも授業料が格安ですし、少しでも安い費用で済むところ、利便性が高くて、自分のペースで勉強したいところが良いと思っている人は、資格スクエアはおすすめです。ちなみに資格スクエアでは、どんな授業をやっているのか?動画はどんな感じになっているのか?を事前に確認することができます。資格スクエアのサイトで無料会員登録をすると、一部の動画を実際に視聴することができますから、利用をしてみたいとか、検討してみたいと思った人は事前にそこを確認しておくと良いでしょうし、資格スクエアがどんな予備校なのか?を知るためにはホームページなどをよくチェックしておくことも必要だと思いますけど、実際の需要の風景を見ておくことも重要だと思いますから、そういったところもチェックしておくと良いと思います。また、資格スクエアという予備校に関して、より深い理解をするために資料請求も無料でできるので、興味のある方でよく調べてから検討したいという人は資料請求をしても良いかもしれません。良かったら参考にしてみてください。

 

 

あわせて読みたい記事