リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

北星学園大学の偏差値や倍率は?評判はいい?ボーダーラインや合格最低点の情報

【スポンサードリンク】

北海道の私立大学と言えば、いくつか有名な大学があると思うのですが、その中でも北星学園大学知名度が高いと思います。特に北海道に住んでいる人にとって、北星学園大学は非常に有名で、ここに受かりたいと思っている人は多いのではないか?と思うのです。その北星学園大学の偏差値はどれくらいなのか?そして、北星学園大学の評判はどういう感じなのか?という点について、紹介していきたいと思います。北星学園大学の偏差値に関しては全体的にはそこまで高いわけではないです。河合塾の偏差値を参考にすると、おおよそ40.0~50.0くらいです。割と幅がありますから、学部学科によって難易度が違うということになるのです。北星学園大学の偏差値で高いのは文学部英文学科で、ここが50.0ほどあります。文学部の残りの学科と経済学部、社会福祉学部は同じくらいの偏差値で、あまり高くはありません。したがって、北星学園大学の難易度はそれぞれでかなり違っているということを知っておいてほしいのです。北星学園大学の偏差値については変動する可能性があるので、参考程度にしてほしいですけど、文学部の英文学科に関してはかなり難しいので、そこは頭に入れておきましょう。

 

北星学園大学のセンター利用入試のボーダーラインを見ても、やはり文学部の英文学科は高いです。80%前後くらいの数字になっているので、かなり高い数字をとらないと受からないのです。それ以外の学部学科では、60~65%くらいになっているので、北星学園大学のセンター利用のボーダーラインはかなり高い場合もあるということですが、相対的に入りやすい学部もあるので、そこは知っておいてほしいです。北星学園大学の入りやすい学部は難しいです。というのも、文学部の英文学科以外はほとんど偏差値が変わりませんから。一般入試で言えば、文学部の心理・応用コミュニケーション学科は偏差値が40.0なので、北星学園大学の中では入りやすい学部になるでしょう。センター利用入試だと、社会福祉学部の社会計画と社会臨床学科がボーダーラインが60%弱くらいなので、ここが受かりやすい学部になります。偏差値もそうですけど、北星学園大学のセンター利用入試のボーダーラインも毎年変わる可能性があるので、その点に関しても注意をしておかないといけません。北星学園大学に受かりたい人はセンター利用入試という選択肢もあるので、そこは頭の中に入れておいてほしいのです。

 

北星学園大学の受かりやすい学部はこのあたりが候補になるかもしれませんが、北星学園大学の偏差値、北星学園大学のセンター利用のボーダーラインなどを踏まえて、受かりやすい学部を受けるというのもありですが、学部学科ごとの特徴はしっかりと理解したうえで受験をしてほしいと思います。北星学園大学の倍率について紹介をしていきますが、北星学園大学の倍率というのは、大学の人気にも関係する部分です。北星学園大学の評判が高いとそれだけ倍率も上がるので、そこは知っておいてほしいですが、実際どういった数字になっているのでしょうか?北星学園大学の倍率については一般入試のものを見ると、1.5~2.5倍程度に収まっているので、全体的には倍率は普通という感じです。北海道では北星学園大学の評判はかなり良いと思うのですが、北星学園大学の倍率に関してはやはり地方の大学ということもあるので、そこまで高くはなっていません。ただ、今後も同じような倍率になるとは限らないので、そこは注意しないといけませんが。北星学園大学に入りたい人は過去の倍率もよくチェックしておくと良いと思います。ホームページから見られると思うので、学部学科ごとの倍率をチェックして、北星学園大学の難易度を知っておきましょう。倍率は学部学科ごとにあまり差がありませんから、倍率によって北星学園大学の受かりやすい学部があるとは思えませんけど、参考程度に見ておくと良いと思います。

 

あとは北星学園大学の合格最低点などの情報も見ておくとなお良いと思います。北星学園大学の合格最低点はインターネットで調べれば出てくる可能性がありますから、そういったところを見ておいてほしいと思います。北星学園大学に入りたい人は合格最低点のような情報も調べて、対策をしていくと良いのではないか?と思います。北星学園大学の合格最低点の情報もそうですが、やはり入学した後のことも知っておいた方が良いので、北星学園大学の評判もチェックしておけると良いと思います。北星学園大学の学生による口コミがインターネットを通じて見つかるので、そういったものを見ておくと、かなり参考になるでしょう。北星学園大学の評判に関しては例えば、キャンパスの立地条件に関するものが見つかります。学生が4年間通うキャンパスの口コミについては、北星学園大学に受かりたい人はチェックしておいてほしいと思います。北星学園大学のキャンパスの評判としては、まず多くの人が言っているのは最寄り駅から近いという点です。しかも、駅から大学のキャンパスまで直通で行けるみたいで、外に出なくても良いという魅力やメリットもあるようです。したがって、雨の日などは全く問題なく通えるという点が評判となっています。

 

キャンパスの周辺環境に関してはコンビニなどはきちんとあるようですが、飲食店に関しては学生の口コミは結構分かれています。飲食店がそれなりにあると言っている人もいれば、あまりないと言っている人もいますし、こういった部分に関しては北星学園大学の口コミでは意見が違うので、気になる人は自分でも直接確認してみると良いと思います。北星学園大学のキャンパスそれ自体は以前からどんどん建物などが新しくなり、キャンパスが綺麗になってきているという北星学園大学の学生の口コミもあるので、北星学園大学のキャンパスには魅力的な部分も多くなってきているということが言えると思います。北星学園大学のキャンパスの評判は自分でも確認した方が確実なので、オープンキャンパスなどを通じて、自分でも実際にどういった場所にあるのか?どういう雰囲気なのか?どういう状況なのか?というのは確かめておくと良いと思います。北星学園大学に受かりたい人は偏差値などの入試の情報も重要ですし、こういった大学の評判に関しても重要なので、入試に関する情報、キャンパスライフに関する情報をそれぞれ調べていって、トータルでどういった大学なのか?というのを評価して、北星学園大学を受験してほしいと思います。

 

北星学園大学を受けようと思っている人、その可能性がある人や興味がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができるということを知っておきましょう。ここで請求できるのは北星学園大学の大学案内で入試情報や学生生活の情報について特に詳しく書かれています。入試情報に関しては、北星学園大学の必要な科目、配点、募集人数、日程などが学部学科、入試方式別に詳しくまとめられており、北星学園大学の入試制度についてとても理解がしやすいと思います。そして、学生生活に関しては北星学園大学の学生が普段どんな授業を受けて、何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどういう雰囲気か?卒業したらどんな進路を歩むのか?について、学部別に詳しく紹介されているはずなので、自分が北星学園大学に入学したらどういう4年間を過ごすのか?が想像しやすいと思います。そして、今まで自分が知らなかった北星学園大学の魅力や特徴などに気付くことができて、今まで以上に入りたいと思う可能性もあるのです。北星学園大学のキャンパスライフを想像するときにかなり役に立つ資料だと思うのですが、スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「北星学園大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると氏名や住所を記入するページがあるので、そこに入力をして送信すると自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事