リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

カゴメの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務などの評判はある?

【スポンサードリンク】

食品業界として有名なカゴメは就職したいと思っている人は多くいると思います。カゴメと言えば、やはりケチャップが非常に有名な会社ですけど、会社の規模としてもそれなりに大きく、有名であるため、就職したいと思っている人は多くいると思います。カゴメに就職したい人はその難易度がどれくらいあるのか?を知っておかないといけませんけど、カゴメの就職の倍率がまずどれくらいなのか?を知っておきましょう。カゴメの就職の倍率に関しては、およそ300倍と言われています。したがって、とんでもなく倍率は高いです。食品業界のため、業界自体が安定していると言えるため、カゴメにも人気が集まっている状態だと思うのです。カゴメの就職の難易度はこういった感じで高いです。倍率を見るだけでも高い状態なので、カゴメに就職するには本当に難しい状況だと言えます。志望動機などを普通に話すだけではなくて、自己PRなども含めて、カゴメに入社したいという気持ちをいかに話せるか?しかも、入社したいという思いだけではなく、カゴメに自分が入社することで、会社にどんなメリットがあるのか?ということまで話せないと、なかなか採用まではいかないでしょう。ただ、カゴメの採用試験の難易度に関して言えば、学歴フィルターの有無が気になるところではあります。

 

カゴメの就職では学歴フィルターがあるのか?というのは、カゴメの就職の難易度でかなり大きな部分になります。カゴメの場合、採用試験において学歴フィルターがあるか?どうかですけど、老舗の企業なので確率的には相対的に高いかもしれないです。要するに昔の日本企業は学歴社会が強かったと思うのです。今も残ってはいますが、そこまでではないと思いますから、緩和はしているのです。昔から学歴フィルターがあったとは思いませんが、学歴社会は昔の方が強かったということがあれば、カゴメのような老舗企業は学歴による選別志向が高い可能性もあるのです。これは予測でしかないので、分かりませんがね。カゴメの就職では大学名や学歴が関係する可能性は十分にあります。カゴメほどの大企業の場合、倍率が300倍程度と言われているので、それを捌くのは大変です。したがって、何らかのフィルターをかけないといけないのです。それが学歴フィルターかもしれませんし、SPIやWEBテストかもしれませんし、エントリーシートかもしれませんし、それ以外かもしれません。カゴメの採用試験で学歴フィルターがあるか?どうかと言えば、可能性があるとしか言えませんが、現代では足きりの方法も多様化してきたので、必ずしも学歴フィルターを使っているとは言えません。カゴメの就職では学歴や大学名は関係する可能性はありますけど、それは足きりという形ではない可能性があるのです。

 

したがって、カゴメの採用試験では学歴や大学名は関係する可能性がありますが、今の時代は学歴社会は緩和したとしても、全く無関係というケースは少ないです。大企業であればあるほど、少なからず関係すると思うので、カゴメの就職では学歴や大学名は関係すると思っておいた方が良いでしょう。学歴フィルターの有無で言えば、確率は低いと思いますけど分かりません。カゴメの就職の倍率は高いので、1次選考としてどんな試験が課されているのか?で、足きりの方法が分かるかもしれません。カゴメに就職するにはどっちにしろ難しいです。カゴメの就職の倍率はとんでもなく高いですし、業界の未来を見据えても安定している部分はありますから。その中でも大企業であるカゴメの採用試験の難易度は当然高いので、しっかりと準備をしていかないといけません。そして、カゴメの社員はどういう働きぶりをしているのか?激務な感じなのか?忙しい程度はどのくらいなのか?などについても知っておいてほしいです。カゴメ離職率はデータがあって、およそ1~2%となっているようなので、カゴメ離職率は低いです。離職率が低いということは社員の評判もいい可能性があります。したがって、恐らく働いている人としてもそれなりに良い思いを持っているのではないか?と思います。カゴメの社員の評判に関して見ていきましょう。ここでも紹介をしていきたいと思います。

 

カゴメの平均年収はどれくらいか?というと、だいたい600~700万円くらいではないか?と思います。大企業なので、このくらいもらえていても全く不思議ではないと思いますが、世間の平均年収と比べても高いです。食品業界は基本的に安定しているので、大手の企業は業界自体の安定の中でもさらに安定しやすい面もあります。そこがカゴメの評判として大きいでしょう。この金額に関しては満足している社員が多いみたいです。そして、カゴメの労働時間に関しては平均は10時間くらいとなっているものの、これは実際はそうとは言えない事情もあるようです。つまり、場合によってはカゴメでの仕事は激務になることもあるということなのです。カゴメに入ると20時以降の残業は禁止になっているようですけど、これはもはや建前でしかなく、実際は20時以降の残業はありえるという回答があります。こういったカゴメの社員の口コミがあるので、場合によっては忙しいと感じる瞬間があるようです。本社で働いているケースでは20時以降の残業はほぼないみたいな話もありますけど、そうじゃない人はカゴメに入ると残業が結構ある可能性があるのでしょう。

 

あと、気になるのは人が足りていない部署と、暇な部署の差が激しいという口コミです。いろいろな部署があるわけですが、人事管理の部分でどうなの?と思わせるような評判があるので、カゴメの場合には忙しい部署とそうじゃない部署があり、激務に感じる部署に配属されたら、それこそ人が足りないほどの忙しい時間となるのでしょう。カゴメに就職したい人は激務になるかもしれない想定はあるかもしれませんが、そういう可能性は本当にあるのでしょう。カゴメに就職したい人はこういった評判もしっかりと把握しておきましょう。カゴメでは忙しいときは絶対にありますが、部署によりけりという部分もあるみたいなので、どういった仕事をするのか?という部分で、カゴメでの仕事の激務の感じは変わるのでしょう。カゴメの就職の倍率は高いのですが、カゴメに就職したい人は難易度は高いのですが、こういう社員の評判は重要なので、カゴメの平均年収はどれくらいか?とか、カゴメの仕事は激務なのか?忙しいのか?ということはちゃんと調べてほしいと思います。カゴメに就職したい人は企業研究にもなるので、カゴメで働いている人の口コミなどを調べて、それも参考に会社選びをしていくと良いと思います。

 

就活をするときに利用するナビサイトというのは知名度がそこまで高くないものもあって、その中にはちょっと変わった趣向のサイトもあるのです。「キミスカ 」はその代表だと思いますが、ここは企業が登録している学生にスカウトを送って、それで自社を受けてもらうという流れになっており、学生が登録してある企業を検索するようなナビサイトと比べると違ったタイプのサイトと言えます。しかし、このキミスカの場合にはその従来のナビサイトとは違った部分にメリットがあるのでそこは知っておいてほしいです。というのも、通常は学生が自分の気に入った企業を検索して受けるので、自分は気に入っているが、企業が自分のことを気に入るか?は分からないわけです。つまり、企業が自分を気に入るか?分からない企業をたくさん受けるのが従来のやり方になっているのです。そういった状況なので、自分のことを選考を通じて気に入ってくれないケースも多々あるはずで、だからこそ就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうのです。しかし、キミスカのような企業が学生にスカウトを送るナビサイトの場合には、スカウトが着てから就活がスタートするので、スカウトが来るということはすでに自分に関心を持っていることになります。だから、スカウトが着た企業を受けると自分に関心を持っていることが確定しているところを受けられるので、そこは大きいです。

 

自分に興味を持っていることが確定している以上、すでに評価されているところからスタートできるので、他の就活生よりも優位に立っていると言えます。さらにキミスカでスカウトをもらった企業を受けると、一次選考や二次選考をパスして受けられることもあり、そのケースにおいては相当なメリットを持っていると言えるのです。したがって、キミスカを使って就活をすることの意味はかなり大きいです。キミスカは従来のナビサイトと併用も可能で、スカウトが来るまではいつも通りのナビサイトから企業を検索して、エントリーしていくというやり方ができます。キミスカはスカウトが着たときに対応すれば良いので、タイプの違う2つのナビサイトを組み合わせることでリスクが分散される効果もあります。キミスカは絶対にスカウトが来るとは言えませんが、プロフィールを充実させたりして、確率を上げることは可能です、こういったナビサイトの存在は多くの就活生は知りませんし、他のライバルに差をつけたい人にはかなりおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

 

 

あわせて読みたい記事