リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

三菱地所の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務などの評判はあるのか?

【スポンサードリンク】

三菱地所と言えば、日本でも大手の不動産会社になります。不動産会社というのは、昔ながらの財閥系企業がトップに君臨している感があり、三菱地所もその1つになります。三菱地所の就職の難易度はどうなっているのか?に関しては気になる人もいると思うのですが、三菱地所の就職の難易度を理解するためにはまずは倍率が重要になります。三菱地所の就職の倍率については、やはり高いです。どこまで正確な数字か?は分からないものの、200倍超と言われています。100倍でも高いのに、その2倍あるということなので、三菱地所はかなり難しい、就職の難易度は高いということになるのです。三菱地所の就職の倍率を見れば、内定を取る難しさが分かると思うのですが、三菱地所の採用試験では学歴や大学名の関係が気になるところでしょう。学歴フィルターはあるのか?についてですけど、これはあくまでも予想ですけど、学歴フィルターがある可能性も十分にある気はしてきます。これは根拠としては、三菱地所の過去の採用実績校です。三菱地所の採用実績校というのはかなり極端です。出身大学を見ると、有名大学のみの採用と言ってもいいような状況になっています。

 

有名国公立大学と有名私立大学のみで採用者の出身大学のほぼ100%となっているのです。三菱地所の場合には出身大学はMARCH、関関同立が最低ラインであり、それ以下のランクの大学からは採用が0ではないのかもしれませんが、0に近い状況になっているのです。つまり、日東駒専産近甲龍以下の学生に関してはほとんど出身者がいないということです。これが結果的にそうなっているだけなのか?意図的にそうしているのか?は分かりませんけど、意図的にそうしているならば、三菱地所の採用試験では学歴フィルターはあるということになります。三菱地所の採用試験では学歴フィルターの有無は正確には分かりませんが、こういう出身大学の状況が仮に意図的に行われているならば、三菱地所の採用試験では学歴フィルターはあるが、意図的にそうなっているという証拠はないので、三菱地所の採用試験では学歴フィルターがないという可能性もあります。ただ、結果論なのか?因果関係があるのか?は不明ですけど、三菱地所の採用試験では採用実績校を見ると、有名大卒の人間ばかりが採用されているということなのです。

 

これはそういう現状があるだけで、三菱地所の採用試験での学歴フィルターの存在を決定づけるわけではありませんが、学歴フィルターがないとは言えないので、そこは就活生も知っておくと良いかもしれません。また、仮に学歴フィルターがなくても、三菱地所の採用試験では学歴や大学名が無関係とは言えないでしょう。学歴フィルターがないとしても、有名大学じゃない学生も多く選考に進んでいるのに、採用者がこういう状況になっているということは、三菱地所の採用試験では学歴や大学名を考慮する割合が非常に高いのではないか?ということです。学歴や大学名のみで決まるわけではありませんが、分かりやすく言うと、三菱地所に就職するには学歴や大学名の配点が高いみたいな、そんな言い方になるのかな?と思います。三菱地所の就職では学歴や大学名は関係ありそうですし、かなり多いに関係するということも考えられるのです。三菱地所の採用試験の倍率がとんでもなく高いので、高学歴の学生からしたら学歴や大学名が関係してくれた方がありがたいと言えるでしょう。しかし、そうじゃない学生からすると、チャンスが大分減るみたいな感覚になるかもしれません。大手企業なので、高学歴が有利になるという傾向はあるのかもしれませんが、三菱地所の採用試験の難易度を見ると、その典型みたいな感じでしょうか?学生によっては、三菱地所に就職するにはなり難しい状況が存在しているので、これが三菱地所の採用試験の難易度ということで理解しておきましょう。

 

それでは三菱地所の社員の評判についても知っておいてほしいと思います。三菱地所での仕事は忙しいのか?激務になりやすいのか?給料はどれくらいなのか?について知っておきましょう。三菱地所の年収についてですが、三菱地所の平均年収はおよそ1000万円程度となっています。その前後になると思いますけど、三菱地所は平均年収はやはり高いです。したがって、三菱地所に就職したい人にとっても、そこはメリットになるでしょう。この金額ならば満足する人がほとんどだと思いますけど、その代わりに仕事が忙しいという可能性もあります。三菱地所の評判では社員の口コミから、そのあたりについてもチェックしておきましょう。三菱地所では働き方に関する口コミとしては、フレックスタイムが導入されているようなので、働きやすい職場であるという意見があります。タイムカードがないとされているので、時間管理に追われないで仕事ができるということも言えるかもしれませんが。ただ、一方では残業ができないという口コミがあります。残業が多くならないのは良いことかもしれませんが、仕事量は多く、残業をしないと終わらないのに、残業ができないという点について、三菱地所の不満の口コミが見られます。こういったケースはちょっと珍しいかもしれませんけど、三菱地所では激務にはならないように工夫がされているのだと思います。

 

しかし、そういったやり方が逆に社員の不満を生んでいるということなのでしょう。つまり、残業をさせないようにするのは良いかもしれないが、それが可能になるように仕事量を調節すべきだということなのではないか?と思います。三菱地所の評判では激務ではないのかもしれませんし、激務にならないように配慮がされているのかもしれませんが、全体としての整合性が採れていないような状況になっているので、そこが三菱地所の社員の口コミを見ると不満なのかな?と思うわけです。いい会社なのか?どうか判断に困る部分でもあります。したがって、三菱地所では忙しい部分がないわけではないでしょうけど、忙しい度合いを調節するようにしているという社員の口コミがあります。こういったところは部署にもよるので、全体としてそうなっているか?は分かりません。したがって、三菱地所の働き方の評判をチェックするときにはそこは気を付けてほしいです。三菱地所の就職の難易度は高いので、なかなか難しいとは思いますけど、三菱地所の就職の高い倍率をクリアして、そこで何とか内定を掴み取ってほしいと思います。三菱地所に就職したい人は自分でも、そういった三菱地所の評判などを調べて会社選びの参考にしていくと良いと思います。インターネットでは結構情報が多く見つかりますから。

 

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういう感じで就活を進めるナビサイトには大きなメリットが存在しています。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的に多くの就活生は自分が受けた企業のほとんどから不採用を受けるので、それは自分への関心が生まれなかった企業を結果的にたくさん受けてきてしまったとなるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。企業側が自分に対してどういう気持ちを持っているのか?は普通は分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

 

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事