リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

ベネッセの就職の難易度や倍率と評判は高い?学歴や大学名の関係と激務や忙しい面はある?

【スポンサードリンク】

多くの人が知っている教育業界の大手企業と言えば、ベネッセでしょう。このベネッセコーポレーション知名度もかなり高く、教育以外の分野でも事業を行っているのですが、就活生にとっても人気の企業と言えます。したがって、ベネッセに就職するのはかなり難しいです。ベネッセコーポレーションの就職の難易度はどれくらいか?というと、結構難しいのです。倍率が載っていないので、ベネッセの就職の倍率が分からないとなると、難易度を推測するのは厳しいとなります。ただ、誰もが知っている大手企業ということもあり、ベネッセの就職の難易度が高いのは間違いないと言えると思います。ベネッセの就職の難易度に関しては具体的な倍率が分からないので、推測しかできませんけど、選考も多いでしょうし、相当難しいという前提で臨んだ方が良いと思います。ベネッセの就職の倍率などが分からないとしても、多くの就活生はそういった思いはあるとは思いますけどね。ただ、ベネッセの就職では学歴フィルターのようなものはあるのでしょうか?ベネッセに就職したい人にとってはそこは気になると思います。学歴フィルターがあるのとないのでは、ベネッセの就職の難易度が変わりますから。

 

ベネッセの就職の採用実績校を見ると、結構分かりやすいデータがあります。ベネッセの就職では男女の採用はほぼ1:1となっていますが、ほとんどが文系です。理系も一部はいますがかなり少ないです。でも、理系でも就職可能ということは言えます。で、問題の学歴フィルターに関してですが、ベネッセの就職の採用実績校では、旧帝大、一橋、東工大早慶で全体の5割を占めています。そして、上智理科大GMARCH関関同立、その他国公立大学で残りの約45%を占めています。残るのは約5%で、ここに載っている大学以外からの採用は全体の5%なのです。だからといって、ベネッセの就職では学歴フィルターが絶対にあるとは言えません。これは結果論ですから。学歴によって絞った結果こうなったのか?そもそも有名大学の学生が多く受けている結果こうなったのか?の区別はできませんから。しかし、1つ言えるのはベネッセの就職では学歴フィルターがないとは断言できないということです。あるかもしれないし、ないかもしれないので、ベネッセの採用試験では学歴フィルターはあるかもしれませんが、分からないということです。ベネッセの就職の採用実績校のようなものは参考になりますから、ベネッセの採用試験ではどういう出身大学の人が多いのか?は知っておくと良いと思います。

 

ベネッセの就職では学歴や大学名は無関係とは言い難いかもしれません。結果論ではありますけど、高学歴の学生の採用が多いわけです。だから、ベネッセの就職では学歴や大学名が無関係とは言えません。ただ、先ほども言ったように、ベネッセコーポレーションのような大手企業を受けるのは、高学歴の学生が多いので、受ける学生の数が多ければ、そりゃ採用される人数も多くのなるのは自然ですから、高学歴ではない学生がベネッセに就職できないとは言えないと思います。だから、大手企業なので、ベネッセの就職では学歴や大学名は関係はする気がします。でも、いろいろな大学からの採用がある可能性もあるので、大学名に自信がない人であっても、採用されないとまでは言えないと思いますから、ベネッセに就職したい人は受けてみてほしいと思います。ベネッセの就職の難易度は間違いなく高いので、内定をとるのは大変だと思いますけど、受けてみないと分かりませんから。ベネッセの就職の倍率は非常に高いはずなので、難しいのは間違いありませんが、ベネッセの就職における出身大学などは気にしないで受けてみることが重要だと思います。そして、ベネッセの採用試験の情報も重要ですが、ベネッセの評判に関する情報も調べておきましょう。

 

ベネッセの平均年収はどれくらいか?というと、平均は800~900万円いかないくらいだと思われます。しかし、一般的な年収と比べるとかなり多いですから、大企業というのを実感できると思います。この平均年収についてはかなり満足している人が多いみたいで、ベネッセの社員の評判は良さそうです。ただ、1つ気がかりなのは20代から30代にかけての年収の上がり方と比べて、30代から40代にかけての年収の上がり方はゆるやかであり、思ったほど年収が伸びないと感じている人もいるようです。ベネッセの社員の評判で言うと、平均年収は概ね満足だが、もっと上がってほしいという気持ちを持っている人もいるようです。働き方に関する評判を見てみると、ベネッセは激務とは無縁と言えるかもしれません。ベネッセの社員の口コミを見る感じでは、残業はほぼないとされています。それどころか、帰社時間を過ぎる前に帰ることをしても問題ない雰囲気みたいで、そういったケースでも所定の給料はちゃんと出るようです。そして、仮に残業があったときでも、5分刻みで残業代が出るようなので、ベネッセでは激務といった感じはなさそうです。これも部署によるかもしれませんが。

 

でも、残業はほとんどないが、なんやかんやで自宅での仕事をしないといけないときがあるので、そこが不満に感じている人もいるみたいですが。ベネッセでの仕事は忙しい部分は少ないと思われますが、忙しいときが全くないというわけではないようです。でも、普通の会社に比べたら、ベネッセでの仕事は激務とは言えないと思います。社員の口コミを見る限りでは。ベネッセでは忙しい瞬間は少ないと思いますから、働きやすいと言って良いのではないでしょうか?ベネッセに就職したい人はこういった評判も確認しておいて、入社したらどういう働き方をするのか?ベネッセの社員の口コミからチェックしておきましょう。ベネッセでは仕事は激務にはならない可能性もありますけど、入ってみないと分からない部分もあると思いますから、過度な期待はしない方が良いです。でも、ベネッセは就職の倍率は高いと思いますし、なかなか内定はとれないでしょう。ベネッセの就職の難易度はかなり高いので、受かりたい人は面接やエントリーシートなどの対策が必要だと思うので、企業研究をしっかりとやって備えてほしいと思います。ベネッセの採用試験は本気で取り組んでも難しいわけですから、ガチでやっていかないといけないということなのです。

 

就活をするときに使っているナビサイトというのはメジャーなところ以外でもかなり優良なおすすめのサイトがありますから知っておいてほしいです。例えば「キミスカ 」は非常に魅力的な面があると言えます。通常、ナビサイトと言えば学生がエントリーをして企業にアプローチしていくのが普通です。しかし、このキミスカというナビサイトは登録している学生に対して企業がプロフィールなどをチェックして、欲しい人材だと思ったときにスカウトを送る形でアプローチをしていく流れになっているのです。そこが特徴でもあり、メリットを生むことになります。通常は学生が自分で企業を検索して、気に入ったところにエントリーするので、企業が自分に関心を持つか?は全く分かりません。事前に予想ができないのです。学生は選考の中でアピールをして企業に関心を持ってもらうように仕向けますが、多くの学生は自分が受けた企業のほとんどで不採用となるので、結果的に自分に関心を持ってもらえない企業を受けてしまっていたということになり、それは内定が取れる可能性が低いところをたくさん受けてしまっていたということになります。

 

でも、キミスカはスカウトを企業が送るところがスタートになるので、スカウトを貰った時点で就活を始めていくことになります。スカウトが着た時点で、すでにその企業は自分に関心を持っているということになりますから、これはかなり有利なのです。それに加えて、キミスカではスカウトが着た企業を受ければ、一次選考や二次選考をパスして臨むことができる場合もあり、それもまた有利な状況と言えるのです。キミスカのようなナビサイトは就活生にとってかなり魅力的ですし、すでに使っている他のナビサイトと組み合わせて、併用することも可能です。タイプが違うナビサイトを組み合わせることでリスクも分散できますから、ここはかなり重要なポイントと言えるでしょう。他の就活生はキミスカのようなサイトはみんな知らないと思うので、他のライバルに差をつけるチャンスでもありますし、優位に立てる状況でもあります。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてほしいです。

 

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事