リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

神戸女学院大学の偏差値や難易度は?評判や倍率、ボーダーラインなどはどうなっている?

【スポンサードリンク】

関西の名門女子大として人気なのが神戸女学院大学になります。この神戸女学院大学は偏差値が学部によって結構違うので、その点が特徴的と言えます。神戸女学院大学の偏差値は音楽学部とそれ以外でかなり差があって、文学部と人間科学部はそれなりに難易度が高いですけど、それ以外の学部の偏差値はやはりちょっと差がある感じです。神戸女学院大学の偏差値については音楽部学部は35.0で、文学部が40.0~47.5、人間科学部が42.5~47.5となっており、文学部と人間科学部の偏差値はあまり差がありません。しかし、音楽学部はやや偏差値が低くなっています。ただ、この学部はどちらかというと学科試験よりは実技がメインだと思うので、一般的な入試とは全然違う難しさがあると言えるのです。神戸女学院大学の評判はかなり高いと思います。関西では有名な女子大ですし、神戸女学院大学に入りたい人は多くいるはずです。だから、難易度はある程度は高いという考えていきましょう。神戸女学院大学の偏差値は学部ごと、学科ごとに異なっているという点にも注意をしてほしいと思います。

 

神戸女学院大学では入りやすい学部のようなものはほぼないです。音楽学部はちょっと特殊なので、難易度としては測りづらいですし、文学部と人間科学部は偏差値がほぼ同じなので、神戸女学院大学では入りやすい学部はほぼないと言えると思います。神戸女学院大学の評判はいいので、倍率なども気になるでしょう。神戸女学院大学の過去の倍率を見ると、学部学科ごとの難易度も測りやすいですし、受験生からの評判や人気も分かりやすいと思います。神戸女学院大学の評価という部分でも倍率をチェックしておきましょう。神戸女学院大学の倍率は前期と後期があり、前期はA、B、C、D日程があって、A日程は2教科と3教科があります。したがって、入試方式がかなり分散しているのです。そして、文学部と人間科学部に関しては2~3倍くらいの間で、学部学科、入試方式にかかわらず倍率は大きな差はありません。だいたい2~3倍くらいとなっているので、同じくらいの難易度になっているのです。後期日程も含めてこの2つの学部は倍率には差がありません。ただ、神戸女学院大学音楽学部はちょっと倍率が違っています。音楽学部は前期A日程しかなくて、こちらの倍率は1~2倍くらいです。だから、神戸女学院大学の倍率は音楽学部に関しては倍率が低いので、そこは知っておきましょう。倍率が低いといっても難易度は簡単とは言えないと思います。神戸女学院大学の入試科目なども重要ですから、そういったところを見て判断しないといけません。

 

神戸女学院大学の入試科目は学部によっても違います。音楽学部は英語があるようですが、実技もあるのでそこは知っておきましょう。文学部と人間科学部は1教科、2教科、3教科があり、入試方式によって異なるので、神戸女学院大学の入試科目や配点はしっかりと調べておきましょう。入試科目や配点は非常に重要な情報なので、ホームページなどから調べておくと良いでしょう。神戸女学院大学に入りたい人にとっては重要ですから。神戸女学院大学の倍率も重要ですが、入試科目や配点も早めに調べておくと良いと思います。神戸女学院大学の偏差値も重要で、倍率も重要ですが、他にも神戸女学院大学の難易度は他の要素も重要になります。神戸女学院大学が人気の大学であるということを踏まえると、いろいろな情報を集めて受けていった方が良いと思いますから。あと知っておいてほしいのは神戸女学院大学のボーダーラインに関する情報になります。特にセンター利用入試のボーダーラインが重要なのです。神戸女学院大学の合格最低点なども重要といえますが、人によってはセンター利用で受ける人もいると思いますから。そのボーダーラインについては知っておきましょう。神戸女学院大学のセンター利用入試のボーダーラインは学部ごとの違いはあまりありません。音楽学部はやっていませんが、文学部と人間科学部はどちらも65~75%強くらいとなっています。ただ、神戸女学院大学では1科目、2科目、3科目、4科目があり、さらに学科ごとにボーダーラインも違うのです。

 

文学部は英文学科と総合文化学科があり、前者の方がボーダーラインは高いです。ただ、科目数ごとにボーダーラインも違っていて、科目数が少ない方がボーダーラインが高いと思う人もいるかもしれませんが、実はそうではなく、4科目のボーダーラインも高いです。多くが受けるであろう3科目のボーダーラインは英文学科も総合文化学科もどちらも67%となっていますが、この数字も去年までのものなので、今後どうなるか?は分かりません。人間科学部も同じような感じですが、心理・行動科学学科は3科目が66%、環境・バイオサイエンス学科の3科目は70%となっています。神戸女学院大学のセンター利用のボーダーラインは調べれば載せているサイトもあるのですが、毎年数字が変わります。その年の受験者数、合格者数による倍率によって、ボーダーラインは変わります。だから、当然ながら倍率は毎年少しは変わるわけで、ボーダーラインについても少なからず変わると思うので、参考程度に知っておくと良いと思うのです。センター利用の入試科目や配点は一般入試と違っている可能性があります。科目数の幅があるので、センター利用入試の神戸女学院大学の入試科目や配点は違っている部分が確認できると思いますから、一般入試だけではなくて、センター利用入試の入試科目と大変も大学のホームページから調べておくと良いと思います。最後に神戸女学院大学のキャンパスの評判について情報を載せておきます。

 

神戸女学院大学に入りたい人は評判がどうなのか?というのも気になりますが、全学生が通うキャンパスの特徴について最後に記載しておきます。神戸女学院大学のキャンパスは最寄り駅から徒歩15分くらいとなっているので、少し距離があると思います。周りは住宅街で、駅からキャンパスに行くときに学校の門から坂になっている部分があり、そこを登らないといけないので大変とされています。夏は汗だくになると学生の口コミがあります。ラウンジがキャンパスの中にあって、GUCCIのソファがあるなど快適な面もあるようです。エアコンもちゃんと完備していて、夏場でも問題なく過ごせるというのが特徴です。キャンパス自体は重要文化財に指定されており、歴史的な雰囲気を感じさせますが、古さもありますし、綺麗なところもあるなど、学生によってキャンパスの口コミはいろいろとあります。キャンパスの周りには遊ぶところはないようなので、先ほども言いましたが、住宅街となっているため、ショッピングモールはあるようですが、遊びに出かけるには梅田や三宮に行く人が多いのではないか?と思います。こういったところが神戸女学院大学のキャンパスの評判で、学生の声を参考にするとこういったことが言われています。神戸女学院大学に入りたい人は大学のキャンパスライフについての部分もあらかじめ調べたうえで受験をすると、よりモチベーションを保ちやすく、勉強に集中できるのではないか?と思います。

 

神戸女学院大学に入りたいと思っている人、受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができるということを知っておきましょう。ここで請求できるのは神戸女学院大学の大学案内のパンフレットで、入試情報やキャンパスライフに関する情報が満載です。入試情報については、神戸女学院大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などを分かりやすく細かくまとめていて、過去の入試結果から倍率や合格最低点の情報も載っている可能性があります。だから、かなり貴重な資料と言えるのです。キャンパスライフの情報に関しては、神戸女学院大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気で活動をしているのか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?といった情報が載っており、自分が神戸女学院大学に入学したらどんな4年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった大学の魅力などを知ることもでき、受かりたい気持ちが強くなる可能性もあります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「神戸女学院大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあるので、そこに氏名や住所を入力して送信すると自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

 

あわせて読みたい記事