リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

ファナックの就職の難易度や倍率と学歴や大学名の関係は?激務という評判はある?平均年収は高い?

【スポンサードリンク】

ファナックという会社は山梨県に本社があるので、首都圏や関西に住んでいる人からすると、知らない人も多いかもしれません。ただ、ファナックという会社はどちらかというと理系の分野で名を挙げている会社で、規模も大きいですし、後述しますけど、給料が非常に良いという状況があります。そんなファナックの就職の難易度はどうなっているのでしょうか?ファナックに就職したい人はそういった部分についてまず知っておきましょう。ファナックの採用試験の難易度を知るには倍率が重要になりますが、倍率の情報がないのです。ファナックでは採用試験の倍率は公開していないようなので、そこからは就職の難易度は分からないということになります。ただ、大きい企業ですし、年収ランキングなどで上位にくるほどの企業なので、採用試験の難易度はかなり高いと思っておいた方が良いでしょう。そして、気になるのは学歴フィルターでしょう。ファナックに就職するには学歴フィルターの存在が気になると思いますが、学歴フィルターは存在するのでしょうか?なんとなくですけど、学歴フィルターはない気がします。

 

学歴フィルターの有無を正確に判断することは容易とは言えないものの、予測はできる気がするのです。学歴フィルターの存在に関しては、ファナックの採用実績校を見ると分かると思います。ファナックの就職の採用実績校はリクナビなどからチェックできますけど、結構いろいろな学校の名前が載っており、出身大学の範囲はかなり幅広いです。また、大学以外からの採用もあります。理系なので、高専などからの採用もあり、そういったところの情報も載っているのです。大学名については国公立、私立ともに有名大学のみしか載っていない印象です。私立大学で言えばMARCHや関関同立あたりまでで、芝浦工業大学という名前もあります。こういったところを見ると、有名大学じゃないといけないのか?と思うかもしれませんが、そうとは言えないと思います。光線からの採用実績もありますし、国公立大学はかなり幅広く採用があるので、なんとなく大学名に関しては気にしていない気がするのです。それに理系の分野では大学名よりも専攻内容などの方が重要で、文系ほど大学名にこだわる理由がないというのもあります。文系の採用では基本的に大学での勉強が仕事に無関係なので、学生は多くが未知数であり、有名大学などのコネが使える、横のつながりがある学生の方がリスクが低いということも言え、学歴フィルターは使われやすい傾向にあります。

 

文系は学生の能力を測る方法がなかなかないため、大学名を重視しますが、理系は大学などでの勉強と仕事がある程度関係があるので、大学名よりは専攻内容を優先する意味がちゃんとあるわけです。だから、ファナックでは学歴フィルターはない可能性が高いと思います。大学名や学歴が無関係とは言えないと思います。ファナックの選考で学歴や大学名が関係する余地はあります。学歴フィルターみたいにそれのみで合否を判断するわけではないが、合否を判断する基準において学歴や大学名を使う企業は多くあると思うのです。だから、ファナックでもその可能性は否定できません。ただ、有名大学が必ずしも有利か?というと、それは分からないです。結局はOB、OGがたくさんいる大学っていうのが有利になる場合もあるので、大学の偏差値やレベルとかよりも、大学の規模や学生数の方が重要かもしれないのです。ファナックでは大学名や学歴は関係はすると思いますが、どういう関係の仕方をするのか?というのは一概には分からないと思うので、ここはあまり気にしない方が良いかもしれないです。大学名や学歴に関してはファナックの就職試験を受けるときには、変えようがないので気にしてもしょうがないと思いますし。では、ファナックに就職した人の評判についても知っておきましょう。

 

まず、ファナックの平均年収についてですが、1500万円ほどとなっており、とんでもなく高いです。給料が高い会社に就職したいならばもってこいという社員の口コミもあります。残業時間が長いようなので、その影響もあるかもしれませんけど、それでも残業代はちゃんと出るということなのでしょう。ファナックの社員の評判としては平均年収の高さに着目している人が多いです。稼げる会社という認識を社員も持っているののでしょう。平均年収が高いので、30歳くらいで1000万円を超える人もいるみたいです。そういった点に関しては、ファナックの評判として大きいですが、仕事量はそれなりに多そうです。ファナックの社員の口コミを参考にすると平均で1日の労働時間は10~11時間となっています。実際はもっと多いかもしれません。だから、たくさん稼げるけど、たくさん働かないといけない、激務に耐えないといけないという面もあるのでしょう。ファナックでの仕事は激務ばかりではないと思いますが、平均すると忙しい面は多いのではないか?と思います。有給休暇の取得率はおよそ50%くらいなので、職場の雰囲気的にはそこそことりやすいのかもしれないです。

 

ファナックの全体的な評判としては、一生安泰に近い会社という声もあるので、将来性も高くて、基本的には辞めない方が良いとされているようです。不満が全くないわけではないが、安定性と給料の高さにおいて魅力が大きいので、勤められるうちは勤めておいた方が良いという口コミがあります。ファナックはときには激務な面もあるとは思いますけど、それは他の会社でも同様です。激務なのはどの会社も少なからず共通しています。ファナックでの仕事で激務な面があったとしても、それは他の会社でも同じだと思うので、給料が高くて、安定性のある会社というだけでもかなり優位な状況にはあると思います。ファナックに就職したい人は難易度は間違いなく高いので、頑張らないといけないでしょう。ファナックの評判は良いですし、仕事は激務でも満足している人も多いので、就活生の人気も高いでしょう。今回は私がネットで調べた口コミをファナックの社員の口コミを載せてみましたが、各自でもそういったファナックで働いている人の評判は調べておいてほしいです。そして、ファナックの就職の高い倍率を潜り抜けて内定を貰えるように、企業研究や面接での志望動機と自己PRの考え方などをしっかりと行って、選考を受けていきましょう。

 

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で起業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、キミスカを通じて採用活動をしている会社が、キミスカに登録している就活生を検索して、興味のある人材にスカウトを送るという形になります。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。

 

でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、そこを受けることで自分に対して関心を抱いていることが決定済みの会社の選考に臨めるのです。そこがキミスカのメリットということになります。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事