リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

千葉工業大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの詳細

【スポンサードリンク】

千葉県にある理系の大学と言えば、千葉工業大学だと思います。千葉工業大学は全国的な知名度はないかもしれないですけど、千葉県では評判は良いと思います。千葉工業大学は学部の数が多いのです。工業系の学部のみですが、理系の単科大学にしては千葉工業大学の学部の数は多いので、千葉工業大学に入りたい人は学部ごとの難易度をまず知っておく必要があると言えます。千葉工業大学の偏差値は学部ごとにちょっと差がある感じです。したがって、学部選びをきちんとしないといけないと言えます。千葉工業大学の偏差値を見ると、学部ごとの平均の偏差値で言えばあまり変わらないかな?と思いますが、学科レベルまで見るとちょっと違います。例えば、創造工学部の建築学科に関しては偏差値が最も高いです。ここが河合塾でいうところの52.5となっています。ただ、それ以外の学部学科はあまり差がありません。工学部、創造工学部の建築学科以外、先進工学部、情報科学部については40代前半から後半くらいです。でも、社会システム科学部の偏差値はちょっとだけ低い可能性があります。37.5~45.0くらいとなっています。

 

でも、一部の学部学科を除けば全体的にはある程度の範囲内に収まっているので、千葉工業大学の偏差値は40代前半から後半くらいと思っておくと良いと思います。入りやすい学部とかはどうなんでしょうね?社会システム科学部のプロジェクトマネジメントや金融・経営リスク科学などは偏差値が低い方になります。こういったところは純粋な理系って感じじゃないので、それが理系の受験生からしたら躊躇するのかもしれないです。したがって、千葉工業大学で入りやすい学部があるとすれば、社会システム科学部のこういった学科になるのです。千葉工業大学の入りやすい学部を受けても良いでしょうし、それ以外の学部でも構いませんが、受験する学部学科の偏差値を頭に入れておくことは重要です。これがそのまま千葉工業大学の難易度になりますから。千葉県では千葉工業大学の評判は良いですし、人気もあるので、簡単な学部はないと思いますし、油断しないで受験勉強をしていきましょう。千葉工業大学に入りたい人は偏差値を理解したら、あとは倍率も見ておいてほしいです。千葉工業大学の倍率を見れば、ある程度難易度は分かると思いますから。

 

千葉工業大学の倍率については大学のホームページなどに載っていますから、そういったところからチェックしてほしいです。ここでも簡単に紹介しますが、全体的に千葉工業大学の倍率は高くて、最低でも5倍くらいはあります。学部学科ごとにA、B、C日程がありますけど、どの日程においてそこそこ高いです。そして、学部学科によっては10~50倍程度のとんでもない倍率のケースもあります。2017年の数字だと創造工学部の建築学科、都市環境工学科、先進工学部の未来ロボティクス学科、情報科学部の情報工学科、社会システム科学部の経営情報科学科、こういったあたりの倍率は脅威の数字になっていることがあります。毎年同じとは限りませんが、過去の数字でこういった倍率になっているということは今後も千葉工業大学の倍率で高いというケースが考えられます。ただ、こういった高い倍率は全ての入試日程というケースもあれば、一部の入試日程というケースもあり、学部学科ごとに違う状況となっているので、そこは知っておいてほしいと思います。千葉工業大学の評判が高いことの表れかな?と思います。千葉工業大学の倍率は非常に高いので、千葉工業大学の難易度も高いと言えると思いますが、千葉工業大学の偏差値はあまり高そうに見えないとしても、実際は千葉工業大学のレベルは高いということだと思います。かなり難しいと思います。倍率が相対的に低い学部学科も5倍くらいはあるので、千葉工業大学は難易度が高い大学と思って対策をしていきましょう。

 

千葉工業大学センター試験でも受験できますが、そのときの得点率はどうなっているのでしょうか?千葉工業大学のセンター利用のボーダーラインに関しては全体的に言えば、60~75%くらいですけど、学部学科によって異なっているので、そこは知っておかないといけません。学部学科ごとに細かく紹介するのは大変なので、パスナビに載っているデータをチェックしてほしいと思います。「千葉工業大学/偏差値・セ試得点率|大学受験パスナビ:旺文社」に載っていますから。ここにセンター試験の得点率が学部学科ごとに載っています。セ試得点率って表記があると思うのですが、それはボーダーラインです。学部名をクリックすると、学科ごとに詳しく千葉工業大学のボーダーラインの得点率が分かります。センター利用入試でも受けられることを知っておくと、チャンスが増えるので、千葉工業大学に入りたい人はこういったボーダーラインも頭に入れて、センター試験の過去問を解いてほしいのです。千葉工業大学の難易度は一般入試よりはセンター利用入試の方が高いと思いますけどね。千葉工業大学の評判などを最後にチェックしてほしいと思います。千葉工業大学の学生の口コミから、キャンパスの雰囲気や特徴などを把握しておくことは重要ですから。

 

千葉工業大学の評判で重要なキャンパスについては、2つあるのを知っておきましょう。津田沼キャンパスと新習志野キャンパスがあります。新習志野キャンパスが1,2年、津田沼キャンパスが3,4年となっていますが、一部の学科の1,2年生は津田沼キャンパスにも通うようです。千葉工業大学の口コミを見ると、津田沼キャンパスは都内へのアクセスも良くて、パルコもあって結構栄えており、周辺環境が充実しています。JR総武線沿線になるため、都心の新宿などにも向かいやすいですし、遊ぶところも多いので大学生活は充実しやすいという評判があります。全般的に津田沼キャンパスは、千葉工業大学のキャンパスの雰囲気やイメージが良くて、千葉工業大学の学生の評判も良いようです。新習志野キャンパスの口コミとしては、何もないという声が多く、キャンパスの周りにお店などがあまりないらしいです。だから、遊ぶところはあまり見いだせず、大学生活が充実しづらいということになるのかもしれないです。新習志野キャンパスに関する千葉工業大学の学生の評判としては、ディズニーランドが近いという声があるくらいで、全般的にはあまり評価されていません。ただ、学食は新習志野キャンパスの方が美味しいという人もいるので、魅力はあると思います。オープンキャンパスなどを通じて、千葉工業大学の双方のキャンパスの雰囲気やイメージを確認しておくと良いと思います。

 

千葉工業大学に入りたい人、受験する可能性があるという人はスタディサプリ進路から資料請求ができるので、そこは知っておきましょう。ここで請求可能な資料というのは、千葉工業大学の入試情報やキャンパスライフの情報が満載の大学案内です。入試情報については、千葉工業大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などを分かりやすく細かくまとめており、さらには過去の入試データから倍率や合格最低点なども掲載されている可能性があるので、かなり貴重な資料と言えます。キャンパスライフの情報に関しては、千葉工業大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気で活動しているのか?卒業後はどんな進路を歩んでいるのか?就職率や就職実績はどうなっている?について学部学科別に詳しく紹介されています。これを見れば、千葉工業大学に自分が入学したらどんな四年間を過ごすのか?について想像がしやすいと言えます。また、今まで気付けなかった千葉工業大学の魅力についても知ることができるのではないでしょうか?すると、千葉工業大学に受かりたい気持ちが強くなるかもしれないです。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「千葉工業大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して送信すれば自宅に届きます。無料で請求できますから、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事