リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

杏林大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっているのか?

【スポンサードリンク】

杏林大学と言えば、やはり医学部が有名でありますけど、ここは医学部以外の学部もあり、特に文系学部もちゃんとあるので、そこは知っておきましょう。杏林大学の偏差値は学部によってかなり違いがあります。杏林大学の偏差値は文系に関しては外国語学部40~45となっており、総合政策学部が37.5~42.5となっています。文系学部はこういった感じで、外国語学部の方がちょっと高いです。理系に関しては、保健学部が42.5~52.5となっています。そして、医学部は65.0となっていて、相当高いです。医学部が有名な大学ですから、医学部の偏差値が高いのは当然でしょう。ただ、それ以外の学部も含めて、杏林大学は評判がいいので、受験する人はしっかりと対策をしていきましょう。杏林大学はどの学部を受けるか?で難易度がかなり違います。したがって、どの学部を受験するか?ということに関して、まず決めていきましょう。文系に関しては外国語学部の方が偏差値が高いので、杏林大学で入りやすい学部は総合政策学部になります。杏林大学では文系の入りやすい学部は総合政策学部になりますが、そこまで差があるわけではないです。杏林大学の偏差値は外国語学部も総合政策学部もそこそこあるので、しっかりと対策をしないといけないでしょう。

 

理系に関しては保健学部と医学部は偏差値の差がかなりありますし、そもそも専攻内容がかなり違うので、理系は難易度のみならず、そういった内容で選択する人が多いと思います。文系に関しても偏差値のみではなくて、それぞれの学ぶ内容をしっかりと見極めて学部学科を決めていくと良いと思います。杏林大学の偏差値は文系に関してはそこまで高くはありませんが、理系は医学部はもちろんですし、保健学部に関してもそこそこあるので、結構難しいと思っておいた方が良いと思うのです。杏林大学を受ける人は入試科目や配点などの情報も学部学科別、入試方式別に調べていかないといけませんが、杏林大学の倍率が重要です。偏差値の次に入試情報としては倍率をチェックしておかないといけないと思うのです。これは杏林大学の評判にも関係する数字ですから、杏林大学に入りたい人は倍率をよく見ておきましょう。杏林大学の倍率については、学部ごとに違いがあります。それぞれの学部ごとに主にA日程とB日程があり、それぞれの日程ごとにまた細分化されています。外国語学部に関しては、全ての入試方式でほぼ倍率は同じです。2~3倍台となっており、4倍以上になるケースはかなり少ないです。学科ごと、入試方式ごとに高くてもだいたい3倍台くらいとなっているのです。総合政策学部は外国語学部と同じくらいです。3倍前後くらいで、4倍以上というケースもたまにありますが、ほぼ3倍台以下となっています。

 

そして、保健学部の倍率はというと、A日程やB日程という呼び方ではないのですが、学科が元々結構多いのです。そして、さらに学科ごとに入試方式が細分化されています。そして、文系学部と違って、それぞれのケースごとに倍率がバラバラです。低いと1倍台で、高いと6倍くらいまであります。保健学部の場合には学科や入試方式ごとに倍率がバラバラなので、難易度もかなり異なるということです。細かい学科、入試方式ごとの倍率は大学のホームページに詳しく載っていると思うので、知りたい方はそこから確認をしておきましょう。医学部に関しては学科は1つしかないですけど、入試方式は複数あります。一般枠と東京都地域枠が20~25倍強くらいです。かなり高いです。そして、茨城県地域枠が5倍程度なっているので、入試方式によってかなり差があるということになります。一般枠と東京都地域枠はいずれも過去の倍率は20倍以上で、かなり高いですが、この2つは毎年倍率がころころ変わりそうです。一般枠の方が少し倍率は低いですが、それでも20倍以上はあるので、今後も杏林大学医学部の倍率は高そうです。杏林大学の倍率を見ると、大学としては人気あるでしょう。理系のみならず、文系の学部も倍率はそこそこあるので、杏林大学の評判は高いのではないか?と思います。あとはセンター利用入試についても見ていきましょう。

 

センター利用入試のボーダーラインを調べると、杏林大学の難易度が分かります。杏林大学はセンター利用入試でも受験できますから、そのボーダーラインは把握しておきましょう。杏林大学のセンター利用入試は2科目と3科目がありますが、ボーダーラインの数字はⅠ期とⅡ期の方が違いとして大きい場合があります。外国語学部に関しては、Ⅰ期が60~70%弱ですが、Ⅱ期は55~65%弱となっており、少し違うのです。科目数ごとにⅠ期とⅡ期に分かれているので注意です。ただ、総合政策学部はⅠ期もⅡ期も65~70%弱でほぼ同じです。保健学部はⅠ期やⅡ期という別はなく、学科ごとにバラ場です。全体としては60~80%くらいで、低いのは健康福祉と臨床心理で60%くらいですが、看護ー看護学は80%程度と高いです。それ以外は70%前後というケースが多くなっています。医学部は90%弱となっており、ここは学科も1つでⅠ期とⅡ期の別がないので分かりやすいです。杏林大学のセンター利用のボーダーラインはセンター試験で受験する人にとっては重要な数字なので、よく理解しておきましょう。杏林大学のセンター利用のボーダーラインは非常に重要ですけど、あと、さらに重要なのはキャンパスの立地の評判です。杏林大学における評判として、ここはちゃんとチェックしておかないといけないのです。キャンパスの雰囲気やイメージは杏林大学に入学する前にチェックしておいてほしいです。

 

杏林大学のキャンパスは学部学科で異なっており、文系学部と保健学部の看護学科以外の学生は井の頭キャンパスに通います。こちらは吉祥寺駅が最寄り駅ですけど、そこからバスで15分くらいかかり、キャンパスの周辺は何もないようです。駅まで行ければ大分お店などが充実しているものの、キャンパスの周辺はコンビニくらいであまり目立つ部分がないのが特徴です。吉祥寺駅まで行けば遊べる場所もたくさんありますが、駅から遠いという点に関して、学生の口コミはあまりよくないという状況です。杏林大学のキャンパスの立地で吉祥寺は良いと言えると思いますが、駅から遠いのが不満みたいです。ここは杏林大学の評判として覚えておきましょう。そして、医学部と保健学部の看護学科の学生は別のキャンパスなのですが、地理的にはほとんど一緒です。最寄り駅は同じく吉祥寺駅、あとは三鷹駅となっていて、そこからバスで20分くらいなので、ほとんど一緒なのです。仙川駅からもバスが出ていて、こちらを使うと15分くらいみたいですが。ただ、キャンパスの立地条件はほぼ同じなので、周辺環境も変わらないです。吉祥寺や三鷹駅まで行けば充実しており、遊ぶ場所もありますけど、大学の周りはあまりお店などもなくて、遊ぶ場所もないみたいです。文系学部と保健学部の看護学科以外の学生が通うキャンパスは割と綺麗だという口コミがありますけど、医学部と保健学部の学科語学科の学生が通うキャンパスはちょっと古いという口コミがあるので、杏林大学のキャンパスの評判に関しては、そういったところも知っておいてほしいですが、オープンキャンパスなどに行くと、自分自身でも杏林大学のキャンパスのイメージや雰囲気が分かりやすいのではないでしょうか?


杏林大学に入りたい人や受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができるので知っておきましょう。ここで請求できるのは杏林大学の入試情報、学生生活の情報について詳しく紹介されている大学案内になります。入試情報については、杏林大学の学部別、入試方式別に必要な科目、配点、募集人数、日程などを細かく分かりやすくまとめていますし、過去の入試結果から倍率や合格最低点などについても知ることができます。だから、かなり貴重な資料ということが言えます。学生生活の情報については、杏林大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気なのか?卒業後はどんな進路を歩んでいるのか?就職率や就職実績はどうなっているか?について、学部学科別に詳しく紹介されていると思います。これを読めば、杏林大学に自分が入学したらどういう4年間を過ごすのか?について、学部学科ごとに詳しく紹介されています。これを読めば、杏林大学に自分が入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで気付かなかった杏林大学の魅力に気付けるというメリットもあります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「杏林大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事