リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

千葉商科大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっているのか?

【スポンサードリンク】

千葉県内には私立大学として人気のところがいくつかありますが、千葉商科大学はその1つになるでしょう。千葉商科大学は千葉県内では知っている人は多くいると思いますけど、全国的にはあまり知らないという人が多いかもしれません。しかし、千葉商科大学は県内では評価されていると思います。難易度がそこまでという感じではないものの、きちんと対策をすることが前提なので、千葉商科大学を目指している人は難易度を確認して、受かるように頑張っていきましょう。千葉商科大学は学部が結構多いので、それぞれごとに偏差値を把握しておくことが重要です。ただ、人間社会学部を除いて、概ね40~45の間になっており、そこまで高い感じではないのです。人間社会学部は30代後半という感じになっています。入試科目が2科目だったり、3科目だったりするので、それによって偏差値は変わりますが、千葉商科大学の偏差値は商経学部、政策情報学部、サービス創造学部、国際教養学部に関してはだいたい40台前半となっているので、学部によって極端に難易度が変わるということはないのです。

 

千葉商科大学の偏差値はそういった感じですけど、他に知っておくべき情報があります。一般入試だけじゃなくて、センター利用入試も使えるので、千葉商科大学ではセンター利用のボーダーラインの割合について知っておきましょう。何割とれば受かるのか?というのは学部ごとに違います。学部ごとに学科が複数あって、かつ2科目と3科目があるのですが、商経学部は60~70%、政策情報学部も60~70%、サービス創造学部が65%、人間社会学部が50~60%、国際教養学部が55~60%となっています。数字としてはそんなに高いわけではないですが、勉強をしないでとれる点数じゃないと思います。センター試験の過去問に取り組んで実力を上げていくことをしないといけないのです。千葉商科大学のセンター利用のボーダーラインについては毎年変化するものなので、数字は大きな変化はないとしても、そこまで参考になるか?は分からないのです。2科目と3科目でも違いますし、同じ学部でも学科ごとにボーダーラインが変わりますから。千葉商科大学に入りたい人はボーダーラインについてはなんとなく把握しておいてほしいと思います。そのうえでセンター試験の過去問を解いていくと良いと思うのです。千葉商科大学の難易度については、一般入試における偏差値とセンター利用入試におけるボーダーラインの得点率を比較していくと良いと思います。

 

あとは千葉商科大学の倍率も重要です。倍率からも難易度がチェックできると思うので、学部ごとに細かく見ていきましょう。千葉商科大学の一般入試の倍率については、全体的には2~3倍強くらいです。稀に4倍くらいになる学部があるくらいなので、倍率は標準と言える範囲内だと思います。しかし、例外な学部が1つあり、それがサービス創造学部なのです。この学部は2017年に20倍以上という驚異的な倍率を記録しました。信じられないくらいに高いのです。ただ、2016年の倍率を見ると3倍くらいで、他の学部と同じくらいです。したがって、この年は異常にサービス創造学部の倍率が高かったということになります。千葉商科大学の難易度で言えば、サービス創造学部は異常に高かったのですが、この倍率が今後も同じように続くか?は分かりません。したがって、高い倍率の傾向はあるものの、それは今後どうなるか?は予想が難しいです。それ以外の学部の倍率は普通だと思うので、覚えておいてほしいと思います。千葉商科大学の偏差値とは違った状況というのが、千葉商科大学の倍率を見るとあるというのが分かるのではないか?と思います。千葉商科大学の難易度に関する情報なので、自分でも千葉商科大学の倍率も細かく見ておくと良いと思います。ここでは簡単に紹介しましたけど、詳細は大学のホームページなどに載っていると思うので。

 

千葉商科大学の入試に関する情報はチェックは必須ですが、千葉商科大学のキャンパスライフの評判なども一緒に知っておいてほしいです。千葉商科大学のイメージや雰囲気を想像できるような情報に関してちゃんと確認をしておきましょう。千葉商科大学のキャンパスに行ってみると、千葉商科大学のイメージや雰囲気は掴みやすいと思います。そういったところからも大学の評判が分かるので、千葉商科大学のキャンパスに関する情報については口コミなどを利用してチェックしておきましょう。千葉商科大学の在学生や卒業生の口コミがネットで調べれば分かりますから。千葉商科大学のキャンパスの評判は入学してから重要なので、ちゃんと調べておいた方が良いと思います。ここでもインターネットで公開されている千葉商科大学の口コミを紹介していきたいと思います。そこから、千葉商科大学の評判を確認して、キャンパスライフをイメージしていきましょう。千葉商科大学のキャンパスの雰囲気や立地条件を知っておくと、千葉商科大学に受かりたい気持ちが高まって、受験勉強に集中できる可能性が高まると思いますから。

 

千葉商科大学のキャンパスの評判としては、学生の口コミを紹介すると、最寄り駅は市川駅、または国府台駅となっています。最寄駅からは徒歩だと30分程度かかるみたいで、バスを使うことになるそうです。バスが満員になることも多くて、通学が大変みたいです。そして、キャンパスの周辺には何もないという声もあります。ただ、学食は3つほどあり、それぞれメニューが違っていて、美味しいと評判ですし、体育館や事務、図書館のコピー機など、無料で使用できるという点が評判です。そして、オシャレなカフェがあって、それも学生に人気となっています。また、キャンパスそれ自体がCM撮影などで使われたこともあるようで、キャンパスの周辺の評判はイマイチかもしれませんけど、キャンパスの中は結構人気なので、キャンパスライフは結構充実したものとなる可能性があります。キャンパスの中に関しては、千葉商科大学の学生の評判として優れている部分があるのです。千葉商科大学の学生の口コミでは良いところもあるので、そういったところに期待を持って受験をしてほしいと思います。千葉商科大学に入りたい人は大学の情報について、入試以外の部分に関してもチェックしておくと良いと思います。

 

千葉商科大学に入りたいと思っている人や受験する可能性があるという人はスタディサプリ進路から資料請求ができますから、そこは知っておいてほしいです。ここで請求できる資料は千葉商科大学の大学案内のパンフレットで、入試情報や学生生活に関する情報が満載です。入試情報に関しては、千葉商科大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程について細かく分かりやすくまとめてくれています。さらに過去の入試データから倍率や合格最低点などの貴重な情報を載せてくれている可能性もありますから、受験生や高校生にとって非常に有益な資料と言えるのです。学生生活に関しては、千葉商科大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気で活動をしているのか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっているのか?について、学部学科別に紹介してくれています。これを読めば、自分が千葉商科大学に入ったらどういう4年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった千葉商科大学の魅力に気付けるということもあると思います。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「千葉商科大学」と入れて検索をすると、「パンフを請求する」というリンクがあるので、そこをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して送信すると自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事