リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

リクシルの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

リクシルグループというのは割と最近になって企業の規模が大きくなり、かつ知名度も上がってきた印象です。住宅関連、リフォームや建材設備関連の業界になると思いますが、リクシルグループというと、その企業名を世に広めた出来事が以前あったのです。それはプロ野球への参入という話題です。今からちょっと前の話になりますけど、2010年くらいにリクシルは当時の横浜ベイスターズの買収に乗り出したというニュースがありました。しかし、それは結果的にはそれは実現しませんでした。横浜ベイスターズはその数年後にDeNAが買収し、今日に至っているわけですけど、今頃は横浜リクシルベイスターズという球団が存在したかもしれないのです。この出来事によって、当時はほとんどリクシルグループという会社を知っている人はいなかったと思いますけど、一気に会社の知名度は広がりました。結果的に球団は持てなかったですけど、リクシルグループが球界に参入か!?というニュースによって、その社名は全国に広がった瞬間でもあったのです。今では当時よりも会社の規模は大きくなったと思いますし、リクシルグループの就職の難易度も大幅に上がったでしょう。リクシルグループの就職の倍率は分かりませんけど、相当だと思います。

 

今では年収ランキングとかでも上位に入ってますから、それだけリクシルグループの会社規模は大きくなり、就職の難易度も上がっているということが言えます。リクシルグループの就職の難易度については、具体的な倍率が分からないので、何とも表現がしがたいですけど、リクシルグループの就職は難しいですよ。倍率はかなりあると思います。そういった倍率によるリクシルグループの就職の難易度も重要ですが、他にも重要なのは学歴フィルターの存在です。リクシルグループの採用試験では学歴フィルターはあるのでしょうか?ここは気になる人は多いと思いますが、リクシルグループの採用実績校を見ていきましょう。リクナビなどのサイトに載っていますが、ここに載っている採用実績校では基本的には有名大学しか掲載がありません。リクシルグループでは文系と理系どちらも採用があるようですけど、大学名としては誰もが知っている大学名のみの掲載となっており、偏差値で1番低いのでも日東駒専です。したがって、リクシルグループで学歴フィルターがあるのか?は何とも言えない状況となっています。会社説明会の後に筆記試験があるみたいですけど、筆記試験が足きりなのか?会社説明会の前に足きりがあるのか?という点が重要になります。

 

足きりを絶対にやっているとは限りませんけど、リクシルグループは就職したい人も多くいて、倍率はかなり高いと思うので、採用人数も200名くらいある年もあって多いですけど、足きりが必要なんじゃないか?と思いますから、リクシルグループでは学歴フィルターがある可能性は否定できません。とはいっても、日東駒専までは採用実績があるので、学歴フィルターがあるとしても、どこまでの大学生が影響を受けるか?は何とも言えません。学歴フィルター以外で足きりをする可能性も否定できませんから、あまり気にしない方が良いかもしれません。リクシルグループの就職では大学名や学歴が無関係ではない気がしますが、それが学歴フィルターという形で表面化しているのか?は推測しかできないので、確実な情報はありませんが、あっても不思議じゃないという感じじゃないでしょうか?リクシルグループの採用試験では学歴や大学名の相関関係はありそうですね。採用実績校を見ると、有名大学の採用数が多そうなので、リクシルグループに就職したい人にとっては学歴や大学名の相関関係は知っておかないといけません。ただ、これはたまたまそうなっているだけかもしれないので、因果関係とまでは言えない可能性があります。リクシルグループはそもそも大手企業なので、有名大学の人が多く受けているでしょうし、内定者も有名大学が多くなるのは当たり前という結論も導き出せると思いますから。リクシルグループの採用試験の難易度に関して、リクシルグループの就職での学歴や大学名の関係というのは、単なる相関関係として認識しておいて、これも気にしない方が良いとは思います。

 

さて、リクシルグループでは就職の倍率は相当高いことが予想されますが、そういった企業を受けるときには会社の評判は知っておきましょう。リクシルグループの社員の口コミから、会社の中の状況をリサーチしておくことは企業研究にもつながる部分がありますから。リクシルグループの評判について、ここでも簡単に紹介していきます。まず、リクシルグループの平均年収についてですが、これはおよそ1000万円強となっており、数字としてかなり高いです。リクシルグループの平均年収については、ランキングでも上位に入るほどなので、かなり高水準となっています。残業代に関しては基本的につくみたいで、サービス残業はないようです。そして、ベースアップも毎年しており、全体的に平均年収に関するリクシルグループの評判は良いです。そして、働き方に関する口コミですが、残業はそれなりにあるようですけど、毎週水曜は定時で帰ることができるようになっており、その点はリクシルグループの評判になります。しかし、忙しいときはないのか?と言えば、普通にあるようですね。リクシルグループでも激務なときはどうしてもあります。部署によって異なるものの、例えば展示会を担当することとなれば、ほぼ毎日出勤するようなケースがあり、そういったときにはリクシルグループでも激務になりやすいということなのです。でも、忙しいのはリクシルグループだけじゃないでしょう。今の時代はどの企業も忙しいときは必ずあります。

 

したがって、程度は異なるとしても、リクシルグループでも忙しいときがあるということで、そこは覚えておいてほしいです。あと、リクシルグループでは昇進するとどんどん忙しい度合いが増すという口コミもあるので、給料は上がるかもしれませんけど、それだけ激務になりやすい面もあるということなのです。そこはリクシルグループの評判として頭に入れてほしいです。リクシルグループの採用試験は倍率が高く、非常に難しいと思いますが、入社しても仕事内容はどうしても忙しいと思います。そういった部分については自分でも調べておいてほしいので、リクシルグループの評判に関しては、インターネットで社員の口コミが載っていますから、自分でもチェックしておきましょう。会社説明会で聞く話よりは、匿名で載せられるネット上の口コミの方が、より本音に近い話を聞けると思いますから、かなり参考になると思います。そういったものをチェックしながら、リクシルグループの企業研究をして、対策をしてほしいと思います。リクシルグループに入社したら激務なときというのはあると思いますけど、そういう瞬間は他の会社でもありますし、働き方の部分に関しては今の時代はある程度普通という感じなのかもしれないです。そういった部分などを含めて、自分でもリクシルグループに入社した人の口コミをチェックして、それを会社選びの材料にしていくと良いと思います。

 

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で企業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。通常は学生の側が自分で会社を検索して、その中で興味があるところを選んでエントリーをします。ただ、この場合には企業側が自分を気に入るか?は分かりません。そして、通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。

 

しかし、キミスカの場合には自分で会社を選ぶわけではなく、会社が自分を選んでスカウトを送ってくるので、スカウトが着た時点で少なからず関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けることで内定が少しでも取りやすい企業を受けることができます。そこがキミスカのメリットということになります。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

 

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事