リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

花園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインはどうなっている?

【スポンサードリンク】

京都にある花園大学は関西では結構有名だと思います。大学の規模は大きくないのですが、やはり地名が付いている大学なので、花園大学知名度は関西では高いでしょうし、花園大学の評判や人気は高いと思うのです。花園大学のイメージや雰囲気に関しては良いものがありますし、その辺についても後述しています。まずは花園大学のレベルについて解説していきますけど、入試の難易度はそこまでではないので、花園大学のレベルはそんなに高いとは言えないと思います。花園大学の偏差値を紹介しますけど、数字としては高くはありません。文学部と社会福祉学部がありますが、文学部は35.0で、社会福祉学部が35.0~40.0となっています。したがって、花園大学の偏差値に関してはそんなに高くはないので、勉強をすれば受かる可能性は十分にあるでしょう。花園大学の偏差値はそういう感じですが、京都の大学では評判はいいと思うので、そういったところはしっかりと認識して受験をしていってほしいと思います。では、花園大学の入試の倍率について紹介をしていきたいと思います。花園大学では入試方式はA~D日程まであります。学部学科によってはD日程までないケースもありますが。ただ、学部学科が結構細分化されており、それぞれで複数の入試方式があるので、そういったところは知っておきましょう。

 

花園大学を受験する人は入試科目や配点を学部学科、入試方式ごとに調べておくと良いと思います。花園大学の入試科目や配点は結構違いがありますから。花園大学では入試方式が複数あるというのは知っておいてほしいです。ただ、花園大学の倍率に関しては高いわけではないです。さらに入試方式ごとの差があるわけでもないです。過去の倍率を見ると、花園大学の一般入試の倍率は主に1倍台で、高いとしても1.5倍くらいでしょうか?2倍を超えるケースが今後ないとは言えませんが、あまり考えづらいと思うのです。したがって、花園大学に入りたい人は倍率についてはそんなに高いわけではないので、花園大学の難易度はそういった感じだということです。学部学科ごとの違いもほぼないです。1.0~1.5倍くらいに考えておくと良いと思います。花園大学の倍率を観察すると、どれくらい多くの受験生が受けているのか?というのが分かるので、受験生からの花園大学の評判というのも把握しやすいと思います。花園大学の評判はある程度は良いはずですけど、具体的な数字を見ておくと分かりやすいですから。倍率はそこまで高いわけではないのですが、油断はしないで対策をしていきましょう。

 

花園大学の難易度については倍率を見ることである程度分かってきたのではないでしょうか?偏差値からも花園大学の難易度を判断することはできますけど、やはり倍率という情報も重要なのです。花園大学のレベルを判断するときにも重要なので、だいたいの数字を頭の中に入れておきましょう。それ以外の花園大学の難易度に関する部分では、センター試験を通じての入試におけるボーダーラインの得点率というのが重要です。花園大学のセンター利用入試の難易度について知っておきましょう。花園大学のセンター利用のボーダーラインの得点率がどれくらいか?というのが重要で、この数字は毎年少し変わりますが、大きな変動はないと思うので、花園大学に入りたい人は把握しておいて、センター試験の過去問を解いてみてほしいです。そして、その出来によっては、センター利用入試で受けるということも可能になります。したがって、まずは花園大学のセンター利用のボーダーラインについて知る必要があります。ボーダーラインの数字は学部ごとにちょっと違います。偏差値も違いますけど、ボーダーラインも学部学科ごとに異なっているので、こういった数字を見ると、学部学科ごとの花園大学の評判の高さの違いが分かると思います。

 

花園大学のセンター利用入試のボーダーラインについては、学部学科ごとに異なっていますが、文学部から紹介していきます。文学部のボーダーラインに関して説明すると、仏教学科は58%、日本史学科は50%、日本文学科が52%となっています。そして、社会福祉学部については社会福祉学科が60%、臨床心理学科が58%、児童福祉学科が50%となっているので、やはり学部学科ごとに花園大学のボーダーラインの得点率が違っているということが言えます。この数字は毎年同じではありません。センター利用入試の倍率によって変動するので、そこは知っておかないといけないと思います。でも、そんなに毎年大幅に変動はないと思いますけど。花園大学に入りたい人は一般入試に加えて、センター利用入試もありますから、チャンスを増やす意味でもこちらを受けるというのもありでしょう。花園大学のセンター利用の入試科目や配点も調べてみて、過去問を解いて何割くらいできるか?を確認しておくと良いと思います。花園大学の偏差値とはレベルの把握の仕方が、センター利用入試では異なるので、花園大学のセンター利用の難易度についてはそういったところも把握してほしいです。最後に花園大学のキャンパスの評判を知っておいてほしいです。学生の口コミからキャンパスの立地条件、周辺環境というものがどうなっているのか?というのを頭に入れておきましょう。ここでも花園大学のキャンパスの評判として、学生の口コミをいくつか紹介しておきます。

 

花園大学のキャンパスまでの交通アクセスに関しては、電車を使うケースでは最寄り駅が複数あるのですが、最も近いのはJR円町駅で徒歩8分です。だから、そこまで遠くはないので通いやすいという学生の口コミがあります。周辺はコンビニ、スーパー、居酒屋などがありますし、京都駅も近いので遊びに行きやすいみたいです。都心に近いというのは、キャンパスの評判として大きいでしょう。キャンパス内はこじんまりとしていますが、図書館や食堂が充実しており、キャンパスライフが充実しそうな雰囲気があります。学食は安くて美味しいという評判があるため、こういったところも魅力になるのではないでしょうか?全体的に花園大学のキャンパスの評価は高いです。キャンパスのイメージや雰囲気は口コミを参考にして考えるのも良いですけど、実際に花園大学に行ってみるとイメージや雰囲気が理解しやすいです。だから、花園大学のレベルなどの把握も重要ですけど、大学の評判をチェックして、キャンパスのイメージや雰囲気というのも知っておいた方が、モチベーションも上がって勉強をしやすいと言えると思いますから、幅広く情報を集めておいてほしいと思います。

 

花園大学に入りたい人、受験する可能性があるというスタディサプリ進路から資料請求ができるので知っておいてほしいです。ここで請求できるのは花園大学の入試情報、学生生活の情報について詳しく載っています。入試情報については、花園大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などを細かく分かりやすくまとめていますし、過去の入試結果から花園大学の倍率や合格最低点についても載っている可能性があります。学生生活の情報については、花園大学の学生が普段どんな授業を受けてどういったことを学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?について、学部学科別に詳しく紹介されています。こういった資料を読むと、花園大学に自分が入学したらどういう4年間を過ごすのか?について想像しやすいですし、今まで知らなかった花園大学の魅力などに気付ける可能性もあるので、本当におすすめです。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「花園大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して送信すると自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事