リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

三井不動産の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

不動産業界の中でも三井不動産というのは存在感が特に大きいと言えると思います。三井不動産は非常に大きな企業で、不動産業界の中でも特に人気の企業ですし、就職の難易度は高いと言えるはずです。その三井不動産に就職するにはどれくらいの倍率を勝ち抜かないといけないのか?というのは知っておきましょう。三井不動産の就職の難易度は高いですけど、倍率の数字を知ると驚くかもしれません。三井不動産の就職の倍率は公開されており、その数字はなんと250倍程度とされています。これだけの倍率となっているので、三井不動産の就職の難易度が高いというのはよく分かると思います。多くの就活生が受けにくるわけですけど、三井不動産に就職したい人はしっかりと対策をして、選考に臨まないといけないということになります。三井不動産の採用試験の難易度について、他にも気になるところがあると思いますけど、例えば学歴フィルターの存在は気になるかもしれません。学歴フィルターがあるのか?というのは、三井不動産の採用試験の難易度に大きくかかわります。三井不動産の採用実績校を見ると、どういった大学からの採用があるのか?分かります。学部に関しては文系も理系も幅広く募集しているようですが、大学名に関しては一部の有名大学が掲載されているのみです。したがって、三井不動産の就職において学歴フィルターがあるのか?に関しては何とも言えない部分もあります。

 

すでに話したように、三井不動産の就職では倍率が250倍程度ありますから、学歴フィルターがあっても不思議じゃない気がしますけど、採用実績校を見るだけでは、三井不動産の採用試験で学歴フィルターがあるか?は分かりません。倍率は非常に高いですけど、三井不動産の就職における採用実績校に関しては偏差値が最も低い大学でもMARCH、関関同立です。ここに載っているのは一部である可能性もありますから、三井不動産の就職で学歴フィルターがあるか?どうかは確実なことは言えませんが、可能性はあるかもしれません。三井不動産の就職の難易度においては重要な面ですから、気になる人は多いと思いますけど、三井不動産の就職の倍率からすると、学歴フィルターの可能性はあると思うのです。そういった感じということになります。でも、三井不動産の就職では大学名や学歴は結構関係する気がします。学歴フィルターという部分以外でも、三井不動産の就職では学歴や大学名が選考に影響する可能性は否定できません。したがって、三井不動産の就職では学歴や大学名に関しては関係する前提で受けた方が良いと思います。どの程度影響するのか?は確実には分からないものの、大企業になればなるほど大学名や学歴が選考で影響しやすいのです。そういったわけで、三井不動産の就職の難易度に関してはこういうところも知っておいてほしいです。

 

三井不動産の就職の難易度については高いというのは当たり前ですが、いろいろな要素が関係してくるので、そういった想定をしておいた方が良いと言えます。三井不動産の就職では学歴や大学名のみではなくて、それこそコミュ力なども重要ですし、結局は総合的に優れている人が採用されやすいので、就活における必要な能力を多く持っている人が有利ということになります。だから、三井不動産の就職では大学名や学歴に自信がなくても他で挽回すれば良いと言える部分もあるのです。三井不動産の就職の難易度も重要ですが、それ以外の面で三井不動産の評判についても知っておきましょう。大企業なので評判は良いとは思いますが、どうでしょうか?まずは三井不動産の平均年収についてですが、これはおよそ1100万円となっています。社員の平均年収がこのくらいなので、かなりの数字ということが言えます。この金額に関しては満足している人が多くいると思われます。三井不動産の平均年収は高いですが、働き方について三井不動産の社員の口コミを見ていくと、結構いろいろなことが書かれています。三井不動産の評判で言われているのは、働き方に関しては自由度が高く、個人の裁量に任されやすいということです。

 

三井不動産では激務な面は口コミからはあまり観察されません。三井不動産の社員の口コミによると、残業に関してはしたい人がするだけで、したくない人は帰りやすい、定時でも帰ることができる雰囲気があるようなのです。三井不動産では忙しい仕事もあると思いますけど、三井不動産はそこまでの激務という感じではありません。残業はしたい人がしていて、したくない人は断れるという雰囲気があるようなので、これは三井不動産の評判として大きいです。定時に帰ることがしやすく、残業も遅い時間まで強制的にやらされる雰囲気がない点は、他の会社との大きな違いになるかもしれません。三井不動産では忙しい面が全くないとは言えませんが、他の会社と比べたら激務な感じではないです。三井不動産の仕事で激務に感じる瞬間がないとは言いませんけど、他の会社はもっと激務のところも多いでしょうからね。大きな会社なので部署とかによっても、三井不動産の仕事の忙しい度合いは変わると思います。それでもこの口コミを見ると、他の会社よりは労働環境は良いのではないか?と思います。これからも同じような働き方ができるのか?どうかは分かりませんが、三井不動産の評判としてはこういったことが実際言われているわけです。三井不動産の就職の難易度は高く、倍率も異常にあるというのはこういった部分も反映しているのかもしれません。三井不動産の就職の倍率が250倍というのは尋常じゃないですし、普通に難しいです。

 

三井不動産に就職するにはこういった高い難易度を潜り抜けていかないといけません。やはり面接対策などが中心になると思いますけど、三井不動産の志望動機や自己PRはしっかりと考えておきましょう。そのためには企業研究が重要になりますが、企業研究ではこういった会社の評判というか、働き始めたらどういう毎日を送るのか?という部分に関しての情報が生かせる部分もあると思いますし、いろいろな角度から、三井不動産という会社について詳しくなるという必要があるでしょう。そういったことを丁寧に多くの就活生がやるので、そういった人たちに負けないためには、自分も三井不動産についてできるだけ詳しくいろいろな範囲の情報を調べておく必要があります。三井不動産の就職の難易度は高いですが、どうしても就職したいならばそういった作業を時間をかけてやっていきましょう。これだけの高い倍率を勝ち抜くには、結局はそういう努力をコツコツやっていくのが1番だと思います。

 

三井不動産の就活ハンドブック 2019年度版 (JOB HUNTING BOOK 会社別就活ハンドブックシリ)

三井不動産の就活ハンドブック 2019年度版 (JOB HUNTING BOOK 会社別就活ハンドブックシリ)

 

 

あわせて読みたい記事