リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

九州国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインなどの情報

【スポンサードリンク】

九州国際大学は九州地方においては非常に有名な大学になると思います。九州には私立大学ではそこまで大きな大学は少ないのですが、九州国際大学知名度においてはこのエリアでは非常に高いのではないか?と思います。したがって、九州国際大学は評判も高いと言えると思うのです。では、九州国際大学の難易度はどうなっているのか?知っておきましょう。九州国際大学では法学部と現代ビジネス学部があります。実用的な学部が2つ揃っていますが、この2つの学部の偏差値はさほど変わりません。どちらも河合塾の偏差値で35.0くらいとなっています。学部学科ごとに偏差値の差がないので、どちらの学部を受けても難易度は同じくらいと言えるのではないでしょうか?九州国際大学のレベルについては高いと言えないと思いますが、九州国際大学の評判を考えると、簡単に受かるか?は分かりません。また、九州国際大学のイメージや雰囲気に関する部分についても知っておいてほしいので、キャンパスライフに関する評判なども最後に書いておきたいと思います。

 

九州国際大学の倍率に関する情報

九州国際大学の偏差値は高くはないのですが、偏差値以外では特に倍率は重要な要素なので、そういったところからも九州国際大学の難易度を確認してほしいと思います。九州国際大学の一般入試の倍率については、学部学科別、入試日程別に見ていきたいですが、基本的にはあまり違いはないです。九州国際大学では前期日程と後期日程がありますが、それぞれで倍率はさほど変わりません。法学部、現代ビジネス学部いずれも2倍弱というのが倍率になっています。高くても2倍ないくらいで、低いと1.0倍とかの状況です。過去の倍率では、法学部よりも現代ビジネス学部の方が少し高い気はしますけど、誤差の範囲というか、これくらいならば年度によって違うだけという範疇でしょう。法学部が1.0~1.5倍くらいで、現代ビジネス学部が1.0~2.0倍くらいという傾向はありますけど、年度によって細かく変化はある可能性があります。だから、今後は法学部の方が高くなるかもしれないです。九州国際大学の倍率は高くても2倍弱くらいという傾向になっていますから、数字としては低いです。だから、倍率を見ると九州国際大学の難易度に関しては、偏差値と同様に高いとは感じられないでしょう。

 

しかし、倍率というのは毎年コロコロ変わるので、同じ数字が維持されるわけではありません。でも、九州国際大学の場合には倍率に大きな変化は起きないと思います。高くても2倍くらいという状況が続くのではないでしょうか?詳しい数字は九州国際大学のホームページなどに載っていると思いますが、九州国際大学の倍率は基本的には2倍を超えることはないと思いますし、低い想定でいると良いと思います。九州国際大学の倍率というのは大学の評判にもちょっとは関係してきます。倍率の高低によって、九州国際大学の評判に関しても把握できる面があると思うので、そういった側面からも考えてみると良いかもしれないです。でも、地方の私立大学は倍率はどうしても低くなるのはしょうがないとは思います。地元の受験生が中心ですし、地元の受験生のうち、一部の人は関西や関東とかに受けに行くこともありますから。九州国際大学の難易度については倍率も必要な情報ですけど、そんなに高くはないということです。あとはセンター試験を通じての受験になりますが、センター利用入試のボーダーラインについて知っておくと、九州国際大学に受かるチャンスが大きくなります。

 

・センター利用入試での九州国際大学に必要な得点率は?

九州国際大学ではセンター利用入試という制度でも受験ができますから、そこでの合格を目指す受験生はボーダーラインを知っておかないといけません。九州国際大学のセンター利用におけるボーダーラインを学部別に紹介したいと思います。こういった数字は目安として受験情報サイトに載っていることがあります。パスナビの情報をもとにすると、九州国際大学のセンター利用のボーダーラインは法学部40%程度、現代ビジネス学部の国際社会学科は40%、地域経済学科は42%程度となっており、やや数字は違いますが、学部学科ごとの違いはあまりありません。九州国際大学の偏差値も学部学科でそんなに変わりませんが、ボーダーラインについても数字は同じくらいなので、難易度に差はありません。でも、一般入試のみではなくて、九州国際大学ではセンター利用入試も可能というのは覚えておくと良いでしょう。チャンスが増えますし、ボーダーラインが40%程度ならば、センター試験で受かる可能性も十分あると思いますから。問題のレベルはセンター試験九州国際大学の一般入試ではどっちが高いか?は分かりませんが、センター試験の過去問を解いてみて、入試科目となっているものの得点率を出して、九州国際大学のセンター利用のボーダーラインの数字を超えていたら、可能性があると感じたらそちらにも取り組んでみると良いと思います。

 

九州国際大学のキャンパスに関する学生の評判は?

九州国際大学のキャンパスの評判を最後に簡単に紹介していきます。ネット上にある九州国際大学の学生の口コミからの紹介になりますが、アクセスにおいてはJR八幡駅から徒歩10分となっており、学生の評判は良いです。通いやすい立地条件となっているようです。周りには飲食店が充実しており、その点も高評価なようですが、キャンパスそれ自体はコンパクトで、人によっては狭いと感じる人もいるようです。学部が多くないですから、学生もそんなに多くないので、そういった部分を反映してのキャンパスの敷地面積になっているのではないか?と思いますけど、人によっては授業間の教室の移動が楽で良いという声もあるので、感じ方は人それぞれということになります。あと、キャンパス内で特徴的なのは女性専用ルームのようなスペースがあって、そこで女子学生がくつろいだり、ゆっくりできるようになっているようです。社会科学系の学部しかありませんから、どうしても男子学生が多くなりがちです。そういった点も踏まえて、女子学生を多く集めるための経営努力が垣間見える部分じゃないでしょうか?九州国際大学のキャンパスの評判に関しては、簡単に紹介するとこういった感じです。できれば1度自分でも九州国際大学のキャンパスに見学に行って、その状況を自分自身で確認してもらいたいと思います。

 

九州国際大学の大学案内を無料で請求することができる!

九州国際大学を受験したい人、受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができるということを知っておいてほしいです。ここで請求できるのは九州国際大学の大学案内で、入試情報からキャンパスライフの情報が満載となっています。入試情報については、九州国際大学の学部別、入試方式別に必要な科目、配点、募集人数、日程などを分かりやすく細かくまとめており、九州国際大学の入試制度について深く理解ができるでしょう。また、過去の入試結果から九州国際大学の倍率や合格最低点などが載っている可能性もあるので、かなり貴重な資料と評価できるのです。キャンパスライフの情報については、九州国際大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルの雰囲気はどんな感じか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?といったことを学部学科別に詳しく紹介してくれています。これを読めば、九州国際大学に自分が入学したらどんな四年間を過ごすのか?について想像しやすいですし、今まで知らなかった九州国際大学の魅力を発見できる可能性もあります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「九州国際大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して送信すると自宅に届くのです。無料で請求できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事