リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

阪南大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

【スポンサードリンク】

阪南大学は大阪にキャンパスがある私立大学で、それなりに規模が大きいところが特徴です。阪南大学の偏差値は全体的にそんなに高いわけではありませんが、大阪では評判は良いと思うので、しっかりと対策をしていきましょう。阪南大学の偏差値は学部ごとに理解をしておくのが良いと思うので、学部ごとに紹介をしていきたいと思います。阪南大学の難易度をまずは理解して、そこから阪南大学の評判なども知っていきましょう。阪南大学は関西では知名度もあるでしょうし、油断をしないように対策をしていってほしいと思います。

 

阪南大学の学部別の偏差値はどうなっているのか?

阪南大学の学部別の偏差値について紹介をしていきますが、学部別の偏差値はほとんど一緒です。河合塾の数字で紹介をしていきますけど、国際コミュニケーション学部が35.0~40.0で、国際観光学部が37.5で、経済学部が37.5~40.0で、流通学部が37.5で、経営情報学部が37.5~40.0となっています。どの学部も40あるか?ないか?くらいの偏差値になっていますが、学部は割と豊富なので、選択肢が多いということが言えるでしょう。阪南大学の偏差値を見た感じでは、穴場の学部とかはないと思います。難易度がほとんど一緒なので。だから、阪南大学では入りやすい学部とかもほとんどないでしょう。それぞれの学部について調べて、どの学部を受験するか?考えていきましょう。阪南大学の学部別の偏差値はこういった感じになっていますけど、偏差値のみではなくて、他の情報もチェックして、阪南大学の難易度を理解してほしいです。偏差値を見る感じでは、阪南大学のレベルは決して高いとは言えないと思いますが、倍率によっても難易度は変わりますから。

 

阪南大学の倍率はどれくらい?

阪南大学のレベルをチェックするときには倍率もよく見ておかないといけません。阪南大学の倍率はある程度傾向がはっきりしています。阪南大学の一般入試では前期2教科、前期3教科、後期の3つの入試方式があります。このうち前期2教科と前期3教科の倍率はそこまでではありませんが、後期がえらいことになっています。阪南大学の後期入試の倍率は後ほど紹介しますが、かなり高いです。前期2教科と前期3教科は学部学科によらずほぼ同じ数字です。4~5倍くらいとなっています。場合によっては3倍台のケースもありますが、だいたいそのくらいと思っておくと良いです。経営情報学部ちょっと倍率が高くて、5倍以上という年もあるのです。それ以外の学部は4倍前後ですが。そして、問題の後期ですけど、経営情報学部だけが高い感じです。経営情報学部の後期は20倍弱くらいです。かなり高いです。そして、経営情報学部以外の学部も後期は倍率が高くて、8~9倍くらいあります。したがって、阪南大学の倍率では後期は非常に難しいのです。ただ、ここまで高い倍率になったのはここ最近であって、それまではそんなに高くはありませんでした。でも、こういった高い倍率が今後も継続される可能性はありますから、阪南大学に受かりたいと思っている人は頭に入れておいてほしいです。合格者削減の措置を首都圏や関西の有名私大はやっていますが、阪南大学もそれに関係があるのでしょうか?原因は分かりませんが、倍率がここまで高いと阪南大学の評判もそれなりに良いと言えると思います。阪南大学の偏差値はそうでもないですけど、倍率が高いので、阪南大学の難易度はそこそこあると思っておきましょう。

 

阪南大学のセンター利用入試の必要な得点率は?

阪南大学のセンター利用入試のボーダーラインの得点率について知っておきましょう。この数字によって、センター利用入試における阪南大学の難易度が分かります。学部ごとに阪南大学のセンター利用入試で必要な得点率は変わりますが、学部別に紹介していきます。パスナビに載っている数字を参考にすると、国際コミュニケーション学部が65%、国際観光学部が60~65%、経済学部が60~63%、流通学部が65%、経営情報学部が65~70%程度となっています。阪南大学ではセンター利用入試が2教科と3教科に分かれており、学部によってはそれによってボーダーラインが変わることがあります。この阪南大学のセンター利用のボーダーラインの数字は毎年少しは変動するので、参考程度に見ておくと良いです。センター利用入試における阪南大学のボーダーラインを把握して、そのうえでセンター試験の過去問を解いていきましょう。また、センター利用入試における阪南大学の入試科目も調べておかないといけません。入試科目を調べて、必要な科目をセンター試験の過去問で解いて、得点率を計算して、どれくらいとれているか?で合格可能性を探っていくと良いと思います。阪南大学のセンター利用のボーダーラインの得点率も、阪南大学の難易度に関する情報なので知っておいてほしいです。

 

阪南大学のキャンパスの口コミはどうなっている?

阪南大学の評判としてキャンパスの立地や雰囲気について紹介します。阪南大学の学生の口コミを参考に書いていきたいと思います。阪南大学は評判は高いと思いますが、キャンパスの立地条件がどうなっているのか?について詳しく知っておきましょう。阪南大学のキャンパスの立地条件は最寄り駅から徒歩10分強くらいとなっており、悪くはないと思うのです。ただ、どちらかというと田舎の駅なので、周りにこれと言ったお店はなく、周辺環境としてはちょっと不満が出やすいと感じる人もいると思います。阪南大学では本キャンパスと南キャンパスがあって、国際観光学部の学生だけは南キャンパスに通うみたいなのですが、立地条件はほとんど同じです。最寄り駅も同じで、そこから向かう先がちょっと違うくらいです。本キャンパスと南キャンパスを比べると本キャンパスの方が規模が大きくてやや綺麗な印象は受けます。いずれのキャンパスの中にもカフェがあって、これがどちらもかなりオシャレな雰囲気です。学生からの評判も良いので、キャンパスの中に関してはどちらもそれなりに人気であると言えると思うのです。阪南大学の学生の口コミはネットから検索すれば出るので、各自で調べてもらっても良いと思います。阪南大学のキャンパスの雰囲気は良いとは思いますが、立地条件と周辺環境については微妙という口コミもあります。阪南大学の評判としてキャンパスの情報については、受験生は知っておいてほしいと思います。

 

阪南大学の大学案内が無料で手に入る!

阪南大学に入りたいと思っている人、受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができます。ここで請求できるのは大学案内のパンフレットで、入試情報や学生生活の情報が満載となっています。入試情報については、阪南大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程について細かく分かりやすくまとめてくれているので、阪南大学の入試制度について深く理解ができると思います。さらに過去の入試結果から倍率や合格最低点などが載っている可能性もあり、かなり貴重な資料と言えると思うのです。学生生活の情報については、阪南大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?について、学部学科別に詳しく紹介されています。これを読むと、自分が阪南大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで気づかなかった阪南大学の魅力について知ることができると思います。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「阪南大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して、送信すると自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事