リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

常磐大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報など

【スポンサードリンク】

茨城県の大学と言えば筑波大学が有名ですし、後は茨城大学もあります。そして、茨城県の私立大学で特に有名なところと言えば、常磐大学になると思います。全国的には知名度はあまりないかもしれませんけど、茨城県内では評判が高くて、それなりの規模がある大学になります。常磐大学に関しては難易度は高くはないですけど、どれくらいの難易度なのか?というのをしっかりと認識したうえで受験していきましょう。常磐大学の偏差値をまずは頭に入れて、それから対策をしてほしいと思います。学部ごとの常磐大学の偏差値をまずはしっかりと認識しておいてほしいです。そこから受験する学部を検討しても良いかもしれません。

 

常磐大学の学部ごとの偏差値はどうなっている?

常磐大学の偏差値に関しては、文系は人間科学部総合政策学部があり、理系は看護学部となっています。したがって、文系の受験生にとってはどちらの学部を受けるか?迷う可能性があるのです。人間科学部総合政策学部の偏差値はどうなっているのか?というと、河合塾のものを参考にすると人間科学部が35.0で、総合政策学部も35.0となっています。したがって、文系学部はいずれも同じ偏差値なのです。看護学部は37.5となっているので、多少高いですが、そこまでは変わりません。学部は3つほどあって、茨城県内ではそれなりに規模が大きい私立大学になりますが、常磐大学の偏差値はそこまでの数字ではないので、しっかりと対策をすれば受かりやすいと言えます。常磐大学の学部ごとの評判などもチェックしておくと良いと思いますが、まずは学部ごとの難易度をチェックするということ覚えておきましょう。常磐大学の難易度はこういった感じですけど、常磐大学の倍率についても見ておいてほしいです。常磐大学のレベルをチェックするときには倍率も見ておかないと分かりづらいですから。

 

常磐大学の倍率の傾向はどうか?

常磐大学のレベルをチェックするためには倍率も重要です。人気の度合いなども分かりやすいですから。常磐大学の一般入試の入試方式は学部学科ごとにⅠ期とⅡ期に分かれています。それによって倍率が異なっていますが、常磐大学の倍率はどの学部学科、入試方式においても1.0~1.5倍の間となっています。したがって、倍率は低いです。ただ、例外があるとすれば看護学部のⅡ期に関しては2~3倍程度あるので、ちょっと高めです。この倍率の傾向は今後も同じように推移するとは限らないので、参考程度に考えてもらいたいですけど、そこまで大きな変化はないと思います。常磐大学の評判が良い学部は倍率が高くなっていると思うのですが、文系学部はあまり変わらないです。看護学部がやや高いので、常磐大学では特に評判が良いと言えるかもしれないです。常磐大学の偏差値も見ながら、倍率も併せてチェックすることが重要と言えます。常磐大学の倍率に関しては細かく見ておいてほしいです。常磐大学の難易度に関係するわけですから。しかし、常磐大学の難易度については他にも見ておいてほしい部分があります。これも常磐大学のレベルに関係する数字になります、センター利用入試の得点率です。常磐大学はセンター利用入試も実施しているので、一般入試だけではなくて、そちらの難易度も知っておきましょう。センター利用入試の得点率を調べれば、常磐大学のセンター利用入試のレベルがチェックできるのです。

 

常磐大学のセンター利用入試で必要な得点率は?

常磐大学のセンター利用のボーダーラインの得点率は学部学科ごとに異なります。人間科学部は学科が特に幅広いですけど、現代社会、コミュニケーション、健康栄養は42%、心理が43%、教育の中等教育が48%、教育の初等教育が49%となっています。総合政策学部は経営、法律行政、総合政策いずれも47%となっています。看護学部看護学科のみですが60%となっています。やはり看護学部の難易度が高いということが言えます。常磐大学のセンター利用のボーダーラインは学部学科ごとに違うので、しっかりと認識しておきましょう。一般入試のみならず、センター利用入試というチャンスもあるので、こういったチャンスがあるということは知っておきましょう。センター試験の過去問を解いて、必要な科目の得点率を出して、上記の得点率を越えられそうならば受験してみると良いと思います。単純にチャンスが増えるので、常磐大学のセンター利用のボーダーラインの得点率を頭に入れて、対策をしていきましょう。最後にキャンパスライフの情報として、常磐大学のキャンパスの評判について紹介をしていきます。学生の口コミからどういった立地条件で、どういう周辺環境なのか?について書いていいきたいと思います。

 

常磐大学のキャンパスの学生の口コミは?

常磐大学の見和キャンパスは赤塚駅水戸駅が最寄り駅となっており、バスで15分程度となっています。徒歩だと30分くらいかかるようなので、バスを使う人が多いようです。キャンパスの周辺は特にこれといって目立つものはなく、栄えている雰囲気ではないようですけど、勉強に集中しやすい環境ではあるようです。キャンパスの中は食堂もあって、カフェやコンビニがあるのである程度充実はしています。そして、図書館は勉強するためのスペースがちゃんとあって、定期試験前には多くの学生で賑わっています。図書館の充実ぶりは大学の評判にかなり直結しますから。常磐大学の学生の口コミを見ていると、キャンパスの立地条件や周辺環境はイマイチだが、キャンパスの中は割と過ごしやすいという印象の人が多いようです。特に食堂は3か所もあるようで、それぞれでメニューが違っていて、利用する食堂をその日によって変える楽しみもあります。あとは本屋さんもあるので、参考書などを買うこともできます。常磐大学のキャンパスの評判はこういう感じですが、実際の雰囲気を知るには自分で見学に行ってみることをおすすめします。常磐大学のキャンパスの雰囲気などもよく把握できますから、そういった機会を設けてみると良いと思います。

 

常磐大学の大学案内が無料で手に入る!

常磐大学に入りたいと思っている人、受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができるので知っておいてほしいです。ここで請求できるのは常磐大学の大学案内になりますから、入試情報やキャンパスライフに関する情報が満載です。入試情報に関しては常磐大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程をなどを丁寧に分かりやすくまとめてくれています。また、過去の入試結果から倍率や合格最低点が載っている可能性があるので、かなり貴重な資料と言えるのです。キャンパスライフの情報については、常磐大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルの雰囲気はどんな感じか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?国家試験の合格率やサポートなどについて、学部学科ごとに詳しく紹介されています。これを読めば、自分が常磐大学に入ったらどういう4年間を過ごすのか?が想像しやすいですし、今まで知らなかった常磐大学の魅力に気付ける可能性も高まり、受かりたい気持ちが強くなる可能性もあります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「常磐大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して送信すると自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事