リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

相愛大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

【スポンサードリンク】

大阪府にある相愛大学音楽学部があるなど、特徴的な部分も大きい大学です。偏差値は全体的に言えば、そんなに高い感じではありません。相愛大学の偏差値は後ほど紹介しますけど、難しいとは言えないと思います。相愛大学は難易度は高くはないとしても、評判は良い大学だと思いますから、そういった部分も理解しておきましょう。相愛大学の難易度に関しても重要ですが、相愛大学の評判に関しても知っておいてほしいと思います。そういった部分についても後半に載せておきます。相愛大学に興味がある人や入りたい人はまずは偏差値から知っておいてほしいと思います。

 

相愛大学の学部別の偏差値はどうなっている?

相愛大学の学部ごとの偏差値について知っておきましょう。相愛大学の偏差値に関しては全体的にはほぼ同じで、違いはありません。相愛大学では音楽学部、人文学部、人間発達学部がありますけど、河合塾の偏差値を見ると、いずれも35.0となっており、偏差値は高くはないと言えると思います。相愛大学の偏差値に関してはこういった感じとなっているので、全体的には難しいとは言えないと思います。簡単に入れるレベルか?というのは何とも言えませんが、相愛大学の難易度はこういった感じです。相愛大学のレベルについてもっと詳しく見るには、倍率をチェックしておく必要があります。倍率についても紹介していきますけど、まずは相愛大学の偏差値に関してはこういった学部ごとの数字を知っておいてほしいですが、学部学科ごとにほとんど違いはないのも特徴かもしれないです。そもそも音楽学部は学力試験重視ではないので、偏差値とはあまり意味がないとは思いますけど。相愛大学の評判をチェックする意味でも、倍率についても見ておきましょう。学部学科ごとの傾向などがあるかもしれませんから、ここでも簡単に紹介していきます。

 

相愛大学の倍率について知っておこう

相愛大学の難易度に関する情報のうち、倍率について知っておく必要があると思います。相愛大学の一般入試における倍率を紹介していきますが、一般入試はA~C日程まであるようです。それぞれで倍率が微妙に異なるものの、全体的に言えば、1~2倍程度となっています。1倍台がほとんどで、1.0倍というケースもあります。人文学部A日程に関しては過去に2倍を超えた倍率のときもありました。2.3倍ですが。したがってそういった例外はあるものの、ほぼ2倍未満であり、1.5倍前後と考えておくと良いかもしれないです。相愛大学の倍率は全体的には1倍台ということで、あまり高くはないので、難易度としては低いと思うかもしれません。偏差値が十分に足りている人にとっては倍率が高くないということで、受かりやすいかもしれませんけど、偏差値が足りていない人や同じくらいの人だと、倍率が低くても分かりませんから。倍率が高いよりは低い方が良いかもしれませんけど、相愛大学の倍率が低いとしても油断はしないでほしいです。しっかりと対策をして本番に臨んでいきましょう。推薦入試で受ける人にとってはそっちの対策をすればいいのですが、一般入試で受ける人はやはり基礎学力を高めるために偏差値を上げる学習が必要になります。指定校推薦や公募推薦などで受験する人は面接対策などが重要で、あとは学校の評定を上げないといけないということも言えますが、倍率を見ると大学の人気というか、相愛大学の評判についてもチェックできると思いますから、そういった意味合いでも重要な数字です。

 

相愛大学のセンター利用入試の必要な得点率は?

相愛大学のセンター利用入試ではボーダーラインの得点率を知っておくことが重要になります。相愛大学の一般入試の合格最低点は公開されていないようですから、こちらは情報がありません。合格最低点を公開していない大学は多くありますし、そんな不思議なことではないと言えます。相愛大学の合格最低点はちょっとわかりませんが、ボーダーラインの得点率はパスナビに掲載があります。その数字を紹介していきますけど、相愛大学音楽学部はセンター利用入試がありません。人文学部は人文学科のみで、48%となっています。人間発達学部は子ども発達が50%、発達栄養が48%となっています。こういった感じで、相愛大学のセンター利用入試のボーダーラインとしては50%前後になっているので、センター利用入試で必要な入試科目を調べて、それらの入試科目で平均してこれだけの得点率をとれるか?どうかを確認してほしいです。一般入試は合格最低点が分かりませんけど、相愛大学のセンター利用入試はボーダーラインがある程度分かるので、そういったものを目安にして取り組んでほしいと思います。相愛大学のセンター利用のボーダーラインについて調べたら、最後にキャンパスの立地条件や雰囲気について知っておきましょう。相愛大学の評判としてキャンパスの立地条件や雰囲気について、学生の口コミを紹介していきたいと思います。

 

相愛大学のキャンパスの学生の口コミは?

相愛大学のキャンパスに関しては立地条件それ自体は学生の口コミでは好評となっています。基本的にほぼ全員が南港キャンパスに就学することになります。相愛大学のキャンパスの評判としてまず挙げられているのは最寄り駅から近いということです。ニュートラムポートタウン東駅から徒歩5分程度で、非常に通いやすい場所にあります。さらに梅田や難波が近いみたいなので、遊べる場所がそばにあるという点において、周辺環境に関しても評判が良いです。それ以外では飲食店、ファーストフード店、スーパーなどがあって、それなりに充実しているという口コミがあります。キャンパス内の雰囲気はどうか?というと、施設はそれなりに揃っているようで、食堂、図書館、ラウンジ、パソコン室があり、さらにピアノ室もあるようです。図書館にはDVDを見れるコーナーがあり、学生に人気となっています。ラウンジにはコンビニもあって学生が利用しています。キャンパスは全体的に綺麗で、相愛大学の雰囲気としては評判が良いようなので、全体的には過ごしやすいところなのではないか?と思います。できれば自分でも1度キャンパスに見学に行って、立地条件や雰囲気などを確かめてみると良いと思います。

 

あわせて読みたい記事