リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

コナミの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係は?激務という評判はあるのか?

【スポンサードリンク】

コナミデジタルエンタテイメントの就職の難易度はどれくらいでしょうか?コナミに就職したい人は数多くいると思います。主にゲーム関連の商品、サービスが有名で、社名は多くが知っているでしょうから、かなりの大企業になります。そのコナミの就職の難易度はどれくらいか?というと、倍率が不明なため、なかなか難易度は掴みづらいです。コナミの就職の難易度に関しては倍率が重要ですが、倍率が分からないといっても、確実に難易度は高いでしょう。コナミの就職の難易度は高いでしょうから、そういった部分について他にも見ていきましょう。まずは学歴フィルターの有無が重要になります。コナミの就職では学歴フィルターがあるのか?という点について、まずは知っておきましょう。

 

コナミの就職では学歴フィルターは存在する?

コナミの就職で学歴フィルターがあるか?どうかについては、採用実績校を見ると分かりやすいと思います。コナミの就職において採用実績校はどうなっているのか?といえば、リクナビを見るといろいろな大学名が実際に明記されています。有名大学の名前も多いですけど、そうじゃない大学名もあるように思います。コナミの就職の採用実績校では、Fランク大学と言えるか?どうかは分からないものの、あまり知名度がない大学が含まれていたり、美大や音大からの採用もありますし、専門学校の採用も結構あります。こういった状況を踏まえると、コナミの就職では学歴フィルターはないと思うのです。学歴フィルターは一部の企業しかやっていないので、確率的にも低いとは思いますが、コナミの就職の採用実績校を見ると、より一層そのように感じます。コナミの就職では学歴フィルターはないように感じますけど、そういった部分が致命的に作用することはないということです。

 

しかし、コナミの就職の選考では学歴や大学名が無関係ということではないでしょう。学歴や大学名も選考の一手段として使われるのではないか?と思います。職種によると思いますが、コナミの就職では学歴や大学が関係するケースもあると思います。コナミの就職の難易度に関係するので、こういったところもチェックしておいてほしいですが、学歴や大学名は今更どうしようもないので、他の部分で他者に勝てるように頑張っていきましょう。コナミの就職では総合評価が重要なので、特定の部分で劣っていても、他で勝てればチャンスはありますから。ただ、コナミの就職の倍率はかなり高いと思うので、総合的にかなり抜けた存在じゃないと内定を取るのは難しいかもしれません。大手企業なので、コナミの就職の難易度が高いのは当然ですし、倍率もかなりあるでしょうから、しっかりと企業研究をして、自分の熱意をアピールしていくことが重要になります。コナミの就職の倍率が分からないので、正確な難易度は掴みづらいですけど、数十倍から100倍程度あるかもしれませんから、コナミの就職の対策はしっかりとやっていきましょう。そのうえで重要なのはコナミの就職の評判に関してです。志望動機などを考えたり、企業研究をするときにはコナミの内情を知っておいた方が良いと思うので、実際にどんな勤務をしているのか?というコナミの就職の評判をチェックしておくと良いと思います。コナミの仕事は忙しいのか?とか、そういった点も調べておくと、入社前に良い会社選びをすることもできます。

 

コナミの就職の評判はどうなっている?

コナミデジタルエンタテイメントの就職の評判については、平均年収から調べていきますが、こちらは700~800万円程度です。したがって、かなり高い数字となっており、コナミの平均年収はさすが大企業といった感じと言えるのではないでしょうか?コナミの平均年収はかなり重要な評判になりますけど、働き方はどうでしょうか?コナミの仕事はある程度忙しい雰囲気があります。激務と言えるか?どうかは別ですけど、社員の口コミを見ると、勤務時間それ自体が割と長いような感じなのですが、コナミの職場の雰囲気として、世間でよく言われているような残業しないで帰るのがよくない的な状況になっているような感じなのです。部署によっても異なるとは思いますけど、コナミの社員の口コミでは、仕事が終わっても帰れないみたいな声があるので、コナミの仕事は激務とはちょっと違う気もしますが、なんか非効率な側面がありそうな雰囲気はあります。コナミの仕事は忙しい瞬間もあるはずで、激務に感じるときもあるのではないか?と思います。特に開発や企画部門は業務時間の短縮の圧力などもないようで、全体的には長い時間勤務することになる可能性はあるようです。

 

有給休暇に関しては全くとれないわけではないが、全体的に3~4割の消化率みたいで、あまり積極的にとれるような雰囲気ではないようです。ある程度早めに申請しないといけないみたいなので、そういった環境となっています。それでも長期休暇をとることもできるようですから、休みはちゃんととれるとは思います。コナミの就職の評判としてはだいたいこんな感じです。口コミの数があまりないので、コナミの就職の評判としてそこまでの多くの情報がころがっていませんが、コナミの仕事は忙しいという感じではないものの、仕事が早く終わるとか、休みがとりやすいという雰囲気ではないのでしょう。部署によってはコナミの仕事で激務に感じることもあるとは思いますけど、忙しいこと自体はしょうがないでしょう。こういった評判を踏まえながら、企業研究に生かせる部分は生かしておいて、何よりも会社選びをするうえで、自分が受ける会社は本当にここで良いのか?という部分を判断するときに使ってほしいと思います。どの会社も忙しい部分はありますから、こういったところはコナミ特有というわけではないと思いますが、コナミの仕事でも激務に感じる可能性があり、他の会社でも同様の可能性があるので、現代はどの会社も忙しく、休みとかもとりづらい状況はほぼ共通じゃないか?と思います。そういった部分の知識も備えたうえで、こういった部分を見ていってほしいと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト

就活生のほとんどはネットから就活をしており、ナビサイトを使っているはずですが、たいていは知名度が高いところを利用する傾向にあると思います。しかし、そこまで有名ではないサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的に多くの就活生は自分が受けた企業のほとんどから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨める場合があるので、そういったときには内定に近づいた状態で受けられて相当有利にと言えるのです。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

 

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事