リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

積水ハウスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

積水ハウスの就職の難易度はどうでしょうか?非常に有名な住宅メーカーになりますが、積水ハウスの就職の難易度はやはり高いということが予想されます。従業員1万人を超えるような会社なので、非常に規模が大きいですし、積水ハウスの就職の倍率は高そうです。しかし、積水ハウスの就職の倍率に関しては実はそこまでじゃないということも言えます。積水ハウスの就職の難易度に関連する部分ですけど、倍率はどれくらいか?というと、だいたい30倍程度となっています。高いとは思いますけど、大企業にしてはそこまでじゃない気もします。高いところは100倍、200倍くらいはありますからね。そういったところを比べたら、積水ハウスの就職の難易度はそこまでじゃじゃいと言える可能性もあるのです。採用人数が多いがために倍率が高くはなっていないのかもしれないです。実際、毎年500人近くが採用されているみたいですから。積水ハウスの就職の難易度についてはより細かく見ていきましょう。

 

積水ハウスの就職では学歴フィルターはあるのか?

積水ハウスの就職の難易度に関係しますけど、学歴フィルターは存在するのでしょうか?積水ハウスの就職の採用実績校がヒントになるかもしれませんが、積水ハウスの就職の採用実績校は具体的な大学名などの記載がありません。全国の国公立、私立大学といなっており、これを見ると学歴フィルターはないのではないか?と思われます。文字通り読んだらの話ではありますけど。本当にこれが正しいならば、学歴や大学名のみで合否を決めるということはしていない可能性がありますが、恐らく積水ハウスの就職では学歴フィルターはないと思います。すでに話したように毎年500人以上採用があるので、学歴フィルターを実施しているとすると、500人採用できるか?怪しいのです。500人以上残すことはできても、500人を採用しようと思ったら、学歴フィルターを実施して、多くの学生を最初に切ってしまったら、優秀じゃない学生も結局多く採用しないといけなくなってしまう可能性があるので、積水ハウスの就職では学歴フィルターはないと思います。採用人数を考慮すると、学歴フィルターを使うわけにはいかないと思うのです。

 

積水ハウスの就職の倍率は高いですけど、30倍程度であれば学歴フィルターは必要ないという見方もできると思いますし。学歴フィルターの有無は、積水ハウスの就職の難易度に関係するのですが、積水ハウスの就職の倍率や採用人数の部分を考慮すると関係ない気がします。しかし、積水ハウスの就職では学歴や大学名が無関係とは思いません。大企業ですし、積水ハウスの就職では学歴や大学名をチェックはするとは思うのです。積水ハウスの就職では学歴や大学名のみで採用することをしないだけで、学歴や大学名は一応関係はすると思います。それと同時に、就活というのは他にもいろいろな面が関係してくるので、学歴や大学名が優れているだけでは足りず、人間的な部分や潜在能力の部分なども見られると言えるでしょう。積水ハウスの就職の難易度は高いですけど、そういった点も頭に入れておきましょう。そして、積水ハウスの就職の評判についてチェックをしてほしいと思います。積水ハウスの就職の働き方に関して、激務なのか?忙しいなのか?などの情報を口コミからチェックしていきましょう。

 

積水ハウスの就職の評判はどうなっている?

積水ハウスの就職の評判をチェックしてほしいですが、まずは平均年収についてです。積水ハウスの平均年収についてはおよそ800万円ほどです。やはり高いですし、大企業という点からも恵まれた金額であると言えます。この金額は満足している人が多く、特に営業は頑張れば頑張った分だけ評価してもらえて、給料に反映されるといった口コミがあります。そして、働き方の口コミに関しては、積水ハウスの仕事は全体的にはそれなりに忙しい雰囲気はあります。職種によるところもありますがね。営業職は個々人の仕事の進め方によって、かなり変わるみたいで、人によっては激務に感じることもあると思います。技術職や研究・開発職に関しては、残業自体はそれなりにあるようです。ただ、36協定の上限を超えないように配慮はあるようなので、月に40時間くらいまでには抑えられているという口コミもあるので、積水ハウスの仕事は忙しいが、限度は超えないようになっているという感じでしょうか?今の時代はどの会社も忙しいですし、激務のレベルを超えている会社は山ほどあると思います。そういった意味では、積水ハウスの仕事は激務まではいかないんじゃないか?と思います。残業時間はちゃんと考えられているようなので。

 

ただ、職種によっても異なりますし、時期によっては積水ハウスでも激務に感じるときはあるかもしれないです。激務なときがあったとしても、それが恒常的ではないという点で他の企業とは違うと思います。営業職は忙しいことも多いと思いますから、その想定でいた方が良いでしょう。積水ハウスの働き方の評判としてはこんな感じでしょうか?積水ハウスの就職の難易度は高いので、いかに面接でアピールするか?ということが重要です。そのためには企業研究も重要ですし、こういった積水ハウスの就職の評判を調べると、会社への理解が深まって、それが企業研究になる可能性もあります。高い倍率の中を勝ち抜くにはいろいろな努力が必要で、それは面接対策とか、そういった部分以外でも必要で、情報を多く調べておくということも言えます。積水ハウスの就職の選考についてチェックして、どういった対策が必要なのか?を考えて、対策を実行するということが重要でしょう。積水ハウスに就職したい人はかなり努力をしないと内定は取れないと思いますから、そういったところも踏まえたうえで頑張ってほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事