リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

ヨドバシカメラの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

ヨドバシカメラと言えば、大手の家電量販店になりますが、このヨドバシカメラの就職の難易度は高いのでしょうか?就職における難易度というのはちょっと難しい部分になりますけど、ヨドバシカメラの採用試験の難易度はある程度は高いと思われます。有名な企業なので、多くの就活生が応募するでしょう。しかし、ヨドバシカメラのような小売業界それ自体は人気がすごい高いわけではないのです。したがって、就職の倍率はそこまで高いとは言えない可能性も秘めています。ヨドバシカメラの採用試験の倍率は公開されていないようなので、詳しい数字は分かりませんが、ヨドバシカメラの就職の難易度については高いということは言えると思います。そういった点をまずは認識しておいてほしいのです。

 

ヨドバシカメラの就職では学歴フィルターはあるのか?

ヨドバシカメラの採用試験の倍率は不明ですけど、ある程度の倍率はあると思います。ヨドバシカメラの就職の難易度は高いと思います。そして、ヨドバシカメラの就職の倍率が高いとなれば、学歴フィルターの可能性が出てきます。ヨドバシカメラの就職では学歴フィルターは存在するのか?というのは、ちゃんと知っておかないといけません。ヨドバシカメラの就職の倍率によりけりの面はありますけど、恐らく学歴フィルターはないでしょう。根拠は2つです。1つ目はヨドバシカメラの就職の倍率はそんなに高くはないと思われる点です。具体的な倍率は分かりませんけど、ヨドバシカメラの採用人数は毎年500~600人ほどあるようで、相当な人数です。だから、ヨドバシカメラの採用試験の倍率は意外と低い可能性もあります。また、ヨドバシカメラの就職の採用実績校を見ると、Fランク大学と思われる大学の名前があるので、そういったところもヨドバシカメラの就職では学歴フィルターがないという根拠になります。可能性は低いと思います。

 

ヨドバシカメラの就職の難易度に関係しますから、こういった情報は重要だと思いますけど、ヨドバシカメラの就職では学歴フィルターはない可能性が高いと思います。学歴や大学名を重視しないということで、小売業は大学名や学歴を見る割合は低いと思うのです。ヨドバシカメラの採用試験の難易度としては学歴フィルターの部分は大きいですけど、ヨドバシカメラの就職で学歴や大学名が関係するのか?という点も大きいので、そういった部分についても考えておくと良いと思うのです。ただ、ヨドバシカメラの就職では大学名や学歴はおおよそ関係ないと思いますけど、無関係とは言えないと思うので、一応知っておいてほしいです。人物重視で、面接などを通じての潜在能力、コミュニケーション能力などを重視していると思います。したがって、ヨドバシカメラの就職では学歴や大学名は関係する割合は低いと思います。そして、ヨドバシカメラの就職の評判についても調べておきましょう。ヨドバシカメラの採用試験の難易度に関するっ武運だけではなくて、仕事は忙しいのか?ヨドバシカメラの業務は激務なのか?などに関して知っておきましょう。

 

ヨドバシカメラの就職の評判はどうなっている?

ヨドバシカメラの就職の評判を調べたうえで受験をしていきましょう。ヨドバシカメラの口コミをもとにどういう働き方をしているか?を紹介していきます。まずは給料に関する部分ですが、ヨドバシカメラの平均年収については400万円台となっているようで、数字としては世の中の平均年収に近いかもしれないです。ヨドバシカメラの平均年収はそういった数字ですが、あとは仕事は激務なのか?といった点がやはり気になると思います。ヨドバシカメラの就職の評判としても重要ですが、店舗勤務となる人が多いようで、忙しい雰囲気はあります。ただ、店舗の場所によってお客さんの数がかなり違い、それが業務量にも影響するようです。実際にある口コミでは、田舎のような小さい店舗の方が忙しくないと。逆に都会の大きな店舗だと激務とまではいかないかもしれませんが、相対的に忙しいと言われているので、ヨドバシカメラの仕事の量に関してはそこが関係するのでしょう。つまり、どの店舗に配属されるか?が重要ということです。そして、ヨドバシカメラでは働き方に特徴があり、まとまった時間連続して働くというケースがあるようです。例えば、7連勤くらいあるという口コミもありますし、1日15時間労働という人もあるみたいです。

 

その代わり1日6時間くらいで帰ることができる日もあるとされているので、働き方には結構極端な部分があるということです。だから、日によってはヨドバシカメラの仕事は激務に感じやすいということになりますけど、労働時間が少ない日もあるのならばバランスはとれていると言えます。あと、残業も割とあるようですが、1か月あたり45時間までと決まっているようなので、長時間労働は限定的ということでしょう。人によっては激務に感じるかもしれないですけど、ヨドバシカメラ仕事が激務か?どうかは店舗によると思うのです。実際、週に2日必ず休めるという口コミもあれば、週に2日休むのは困難という口コミがあるので、勤務する店舗によって結構そういうところは変わるかな?と感じます。本社勤務になれば大分楽でしょうけど、店舗スタッフとしての勤務が多くなると思います。そして、店舗関係なく全員共通と思われる点で言えば、祝日の休み、年末年始の休み、夏休み、お盆休みなどはとりづらいようです。こういったお店はそういうときこそお客さんがたくさんくるので、想像しやすいかもしれませんが、ヨドバシカメラの就職の評判として知っておきましょう。企業研究も必要なので、会社について詳しくリサーチすることは重要です。入社する前に会社の実態を調べておいて、そこを理解してから受けてほしいです。ヨドバシカメラの採用試験の倍率などは高いでしょうし、難しいと思いますけど、そういった点もチェックしてから、エントリーして受けていきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。キミスカというサイトは就活生自身が企業を検索してエントリーするという従来のような進め方ではないところに特徴があります。キミスカで採用活動をしている企業側がキミスカに登録している学生の中から、プロフィールを見て気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。ここは大きな問題になります。

 

でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けることで内定が少しでも取りやすい企業を受けることができます。そこがキミスカのメリットということになります。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトは誰に対しても絶対に来るとは言えません。ただ、自分のプロフィールページを充実させて、企業の興味を惹くことでその確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事