リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

ぐるなびの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

ぐるなびというサイトを普段から使っている人は結構いると思います。完全にサイト名が浸透しているので、ぐるなびという社名も徐々に浸透しつつあるのではないか?と思います。ぐるなびに就職したい人はまずは難易度を知っておくべきと言えます。ぐるなびの就職の難易度に関してはまず知っておいてほしいのは倍率です。ぐるなびの就職における倍率はどうなっているのか?が重要なのですが、ぐるなびの採用試験における倍率は調べてもデータが見つからないので、非公開なのでしょう。倍率を公開している会社の方が少ないですから、しょうがないとは思いますが。ぐるなびの採用試験の難易度はそういった感じで不透明な部分もありますが、社名やサービス名それ自体が浸透しており、多くの人にとって知名度がある会社なので、ぐるなびに就職したい人はかなり多くいると思うのです。そういった意味では、難易度は高いと思いますし、倍率もそれなりにあるでしょう。そういった状況で受験をしていくことになると思います。

 

ぐるなびの就職では学歴フィルターはあるのか?

ぐるなびに就職したい人はその難易度が重要です。採用人数はここ数年増えてきており、10年くらい前までは30人前後でしたが、ここ最近は50人前後となってきており、採用人数の状況を見ると、業績が上がってきているのかな?と思いますね。そういった意味では、ぐるなびの就職における倍率は意外と高くない可能性もあります。しかし、ぐるなびの採用試験の難易度で重要なのは学歴フィルターの存在です。ぐるなびの採用試験の難易度ではいろいろな面についてチェックしないといけませんけど、学歴フィルターの有無は重要でしょう。ぐるなびの就職の倍率について、正確な数字が分からないのですが、採用人数から言えば、倍率はそんなに高くはないのではないか?と思います。そうなると、学歴フィルターは存在するのか?という点において、非常に可能性も低くなりますけど、採用実績校を見ると分かりやすいです。ぐるなびの就職における採用実績校をチェックすることで、学歴フィルターの有無を判断できる可能性があります。

 

実際、ぐるなびの就職における採用実績校をチェックすると、Fランク大学と思われるところからも採用があります。したがって、学歴フィルターがある可能性は大分低いと思います。ぐるなびの就職では学歴や大学名にこだわりがある感じはないので、ぐるなびの就職では学歴や大学名は一切関係がないと言い切れるわけではありませんが、学歴や大学名を重視するほどじゃないとは思います。学歴フィルターは多分ないと思いますけど、ぐるなびの就職では学歴や大学名による有利、不利はそんなにはないと思うのです。ぐるなびの就職における難易度としてはこういった点はかなり重要ですけど、学歴や大学名で差がつく面はあまりないんじゃないかな?と、人物重視の会社なんじゃないか?と思います。ぐるなびの就職の倍率はある程度は高いので、結局は他人よりも優越できる部分がないと厳しいですけど、学歴である必要はないんじゃないか?と思います。ぐるなびの就職の難易度に関して調べたら、あとはぐるなびの就職の評判が重要です。ぐるなびの就職の評判に関して、社員の口コミからどういった内容になっているのか?を知っておきましょう。

 

ぐるなびの就職の評判はどうなっている?

ぐるなびの就職の口コミをチェックすると、働き方に関してよく分かると思いますし、ぐるなびの就職の評判が見えてくるでしょう。まずは平均年収から紹介していきますけど、ぐるなびの平均年収は600万弱くらいでしょうか?平均年収としてはそれなりの数字です。したがって、世間一般の数字と比べたら、ぐるなびの平均年収は高いです。そして、働き方に関する口コミを見ると、以前はぐるなびでは激務な雰囲気だったみたいなんですよ。月の残業時間が100時間近くになることもあったようで、それがきっかけで、労基に見張られてしまい、その結果として労働時間の短縮に会社が取り組むようになったようです。現在では20時以降は会議の禁止、22時以降はパソコンを使えないシステムを導入したりと、長時間仕事ができない環境を会社が作り始めているということで、結果として激務な状況が解消されたという評判があります。つまり、会社として長時間労働を防止するように取り組んでくれているわけです。結果として、現在では月に40時間の残業を超えることはまずないようで、そういった感じで社員の口コミを見ると、ぐるなびの就職の評判はある程度は良いです。

 

営業職になるとまた状況は違うかもしれません。忙しいと感じる可能性はあります。しかし、どの部署においてもぐるなびの仕事は忙しいということはあるでしょうし、激務のレベルになるか?は別としても、ある程度仕事は忙しいというのはしょうがないと思います。営業職は特に忙しい傾向にありますから、ぐるなびでは長時間労働にならないような取り組みが存在し、労基からも目をつけられているという点があるので、ある程度は長時間労働にならないように工夫されているはずですが、絶対ではない可能性も想定しておかないといけないでしょう。ただ、ぐるなびの口コミでは休日はある程度しっかりとれるようです。土日は基本的に休みであり、休日出勤がないわけではないが、多くはないと。そして、有給休暇は完全に消化できるという口コミがあるので、休みやすい職場の雰囲気という評価ができると思います。お盆や年末年始は長期休暇もちゃんととれるので、休日に関しては割と問題なく過ごせる会社なんじゃないか?と思います。ぐるなびの仕事は激務になることは少ないと思いますけど、どうしてもぐるなびの仕事が忙しいと思われる可能性はあるので、そういったところは知ったうえで受けていきましょう。ぐるなびの採用試験の倍率はそれなりにあって、難易度は高い可能性がありますけど、こういった評判に関しては調べて、会社の実態を把握してから受験していきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で企業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、キミスカを通じて採用活動をする会社が、キミスカに登録をしている学生を検索し、その中から気になった人にスカウトを送る形となっています。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。

 

でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けることで内定が少しでも取りやすい企業を受けることができます。そこがキミスカのメリットということになります。また、さらに大きなメリットとしては、キミスカではスカウトがきた会社を受けることで、一次選考、二次選考をパスして受験することができる場合があります。このときには内定により近づいた段階からの参加となり、かなり優位な状況を作ることができるので、内定の確率を大いに高めることができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事