リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

阪急電鉄の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

関西だと知名度も高くてかなり大きい会社になると思いますが、阪急電鉄に就職したいと思っている人は多いでしょう。関東の人間にはあまり馴染みがないかもしれません。けど、関西では知名度は抜群でしょう。そんな阪急電鉄に就職したい人はその難易度が重要です。阪急電鉄の就職の難易度に関してはどうなっているのでしょうか?やはり大企業なので、人気は高いと思います。鉄道系の会社は業界自体が安定しているので、そこも就活生に人気になりやすい部分だと思うのです。阪急電鉄の採用試験の難易度を知るには倍率が必要なのですが、倍率の情報が実はありません。したがって、阪急電鉄の就職の倍率はよく分かりませんが、間違いなく難易度は高いと思うのです。そして、まず重要なのは学歴フィルターの存在です。

 

阪急電鉄の就職では学歴フィルターはあるのか?

阪急電鉄の採用試験の難易度を考えるうえでは、学歴フィルターの問題は重要です。阪急電鉄の就職で学歴フィルターがあるのか?に関しては、阪急電鉄の就職の倍率が分からないので、そこからの判断はできません。阪急電鉄では採用人数は毎年30人くらいのようです。今後どうなるか?分からないものの、過去の傾向から言えば現業職30人程度が予定されているようで、この採用人数だと倍率は上がりやすいでしょう。そうなると学歴フィルターの可能性が高まりますが、阪急電鉄の就職の採用実績校が重要で、こちらも判断材料になります。阪急電鉄の採用試験の倍率のみならず、採用実績校を見ると、阪急電鉄の就職で学歴フィルターがあるか?の判断がしやすいと思うのです。阪急電鉄の就職の採用実績校は公開されていて、関西の私立大学のみが掲載されていました。難しいところだと関関同立で、掲載されている中で難易度的に最も低いと思われるのは大阪学院大学大阪産業大学あたりです。大阪学院や大阪経済だと摂神追桃あたりと同じか、それよりも低いか?というラインじゃないか?と思います。ここに載っているのは一部である可能性もありますけど、大阪学院大学大阪産業大学あたりから採用があるのであれば、学歴フィルターの可能性は低いでしょう。

 

学歴フィルターはMARCH(関関同立)から日東駒専産近甲龍)がボーダーと言われているので、それより下のランクの大学からの採用があるならば、学歴フィルターの存在はかなり低いと思うのです。阪急電鉄の採用試験の倍率が分からないので、正確なことは言えませんけど、阪急電鉄の採用試験の難易度にかかわる部分で言えば、学歴フィルターの可能性は低いと思います。学歴や大学名はあまり関係ないと思いますけど、全く関係しないということでもないと思います。就活において学歴や大学名をエントリーシートや履歴書で書かせない会社はないでしょうから。それはつまり書かせる以上はそういう部分を見るわけです。阪急電鉄の就職でも学歴や大学名は無関係ではないです。でも、阪急電鉄の就職で学歴や大学名が深く関係するとは思えないので、結局は人物重視という点が重要になると思います。阪急電鉄の就職の倍率は恐らく高くて、人気もあるでしょうから、やはり面接などが本当に重要と言えて、その点がよく見られていると思います。あとは阪急電鉄の就職における評判もチェックしておく必要がありますから、社員の口コミから会社の実態などを調べておくと良いでしょう。

 

阪急電鉄の就職の評判はどうなっている?

阪急電鉄の評判を調べるときには、社員の口コミをチェックすると良いと思います。阪急電鉄の平均年収についてまずは見ていきたいと思いますけど、平均年収は600~700万円ほどとなっており、数字としてはそれなりに高いです。平均年収に関しては社員の評判も良いですけど、問題は働き方ですよ。阪急電鉄の仕事は激務なのか?といった点は非常に気になると思いますから、そういったところはまず見ておきましょう。阪急電鉄では勤務体制についてはシフト制になっていて、基本的にそのシフト通りに勤務をするので、毎日決まったレギュレーションでの勤務が連続するだけであり、残業という概念もほぼないようです。残業自体はあまりないものの、駅員としては1日当たり12時間労働が原則という口コミがあります。したがって、残業はないといっても、残業を毎日しているような気分に近いかもしれません。ただ、週40時間勤務という口コミがありますから、必ずしも激務ということではないのでしょう。この労働時間がずっと連続したら阪急電鉄の仕事は激務ということも言えますが、そういった状況ではないのです。12時間労働が基本といっても、週単位でちゃんと上限はきちんとしているということが言えるので、激務という雰囲気ではないです。基本的に現業職だと思いますから、阪急電鉄では仕事は忙しいとは思いますけど、労働時間への配慮はあると言えるのです。

 

阪急電鉄の口コミでは部署によるという言い方もされているので、仕事が忙しいというのは全体として共通な面はあると思いますけど、激務に感じるか?という部分に関しては、部署ごとに異なると思います。ただ、サービス残業になる部分は口コミを見ている感じだとほとんどなさそうな気がします。残業という概念がそこまでないような会社ではあるものの、残業代がいくらか発生することはあるみたいです。でも、サービス残業になるという口コミは調べた範囲では一切ないので、その辺は大丈夫なんじゃないか?と思います。あと、ノー残業デーなるものも一応あるようで、それなりに早く帰宅できる日もちゃんと揃っているということです。阪急電鉄の評判に関してはそういった感じですが、シフト制によって労働時間はある程度予測可能で、激務になるケースはそれぞれ異なるという点が特徴的でしょう。残業代もちゃんと出るようですし、平均年収も高いので、仕事が忙しい部分は恐らくあるものの、働きやすい会社ではないか?と思います。阪急電鉄の評判に関しては、口コミの数がそこまで多く見つからないので、限定的な情報の紹介になりましたが、実際に会社説明会などに参加して、会社の雰囲気などを把握したうえで応募して、受けていってほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事