リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

湘南工科大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

【スポンサードリンク】

神奈川県にある湘南工科大学は規模は大きくないものの、工学部の評判が良いので、それなりに人気のある大学となっています。湘南工科大学の工学部はかなり学科が細分化されており、そういった状況で学ぶことができるので、かなり実りのあるキャンパスライフが送れるのではないでしょうか?湘南工科大学の偏差値ははっきり言って高くはないです。そんなに難易度が高いとは思えません。ただ、受験する学科を選ばないといけませんし、それぞれの学科ごとに偏差値を調べて、湘南工科大学の難易度を把握しておきましょう。湘南工科大学の難易度について把握することがまず大切だと思いますから。学部全体というよりは、学科ごとに把握することが重要なのです。

 

湘南工科大学の偏差値はどうなっている?

湘南工科大学は工学部しかありませんが、偏差値は学科ごとにどうなっているのでしょうか?工学部の中には機械工学科、電気電子工学科、情報工学科、コンピュータ応用学科、総合デザイン学科、人間環境学科があるのですが、河合塾の偏差値を見ると、いずれも35.0となっています。つまり、学科ごとの偏差値は違いがないということなのです。これだけ学科があると、少しは異なるものじゃないか?と思うかもしれませんけど、湘南工科大学の偏差値は工学部のいずれの学科でもほとんど変わらないということになります。湘南工科大学の偏差値は大学全体で見てもそこまで高いわけではないので、難易度としては易しい方かもしれません。学科ごとに入試科目を調べたりしておかないといけませんが、偏差値をチェックしながら、学科ごとの特徴を理解しながら、受験する学科を決定していきましょう。湘南工科大学の難易度を理解するには、倍率といった情報も重要です。湘南工科大学の評判にも関係してきますから、こういった倍率に関してもしっかりと頭に入れておきましょう。

 

湘南工科大学の倍率の傾向はどんな感じ?

湘南工科大学の偏差値はそこまでではないですけど、倍率はどうなっているのでしょうか?湘南工科大学の倍率に関しても知っておかないといけません。湘南工科大学では一般入試は前期A日程、B日程、中期日程、後期日程があります。湘南工科大学の倍率に関して言えば、後期日程以外は1倍台です。どの学科も1倍台となっています。しかし、後期日程に関してはやや高めということになります。学科によっては2倍を超えているところもあるのです。だから、大きく跳ね上がるということではありませんけど、後期日程の倍率についてはそういったところも知っておかないといけません。湘南工科大学の難易度にも関係しますが、さらには湘南工科大学の評判には関係していると言えます。倍率が高いと、人気と言える場合がありますから。湘南工科大学の倍率はこういった感じになっているので、後期日程が特に高いということは知っておきましょう。湘南工科大学の偏差値とは別に知っておきたい情報ですし、こういったところからも湘南工科大学の難易度を知ることはできるはずです。倍率に関してチェックをしたら、センター利用入試における難易度を把握しておきましょう。センター利用入試のボーダーラインの得点率について詳しく知っておいてほしいのです。

 

湘南工科大学のセンター利用入試のボーダーラインの得点率は概ね45%前後となっています。学科によって少し異なりますけど、だいたい同じ数字です。パスナビの得点率を参考にさせてもらうと、総合デザインが43%、電気電子工とコンピュータ応用が44%、機械工と情報工が45%、そして人間環境が47%となっています。この数字は毎年多少変わる可能性はありますが、湘南工科大学のセンター利用入試のボーダーラインの得点率として参考にしていくと良いと思います。センター試験の過去問を解く前にこういったボーダーラインはちゃんとチェックしておくと、目標ができて良いと思います。センター利用入試の入試科目を調べて、対策をしていきましょう。難易度がそんなに高いとは言えないと思いますけど、湘南工科大学の対策をして、ボーダーラインの得点率を超えられるように頑張っていきましょう。最後に湘南工科大学の評判として、キャンパスの雰囲気などに関して知っておきましょう。

 

湘南工科大学のキャンパスの評判はどうなっている?

湘南工科大学のキャンパスの立地条件や雰囲気について知っておきましょう。湘南工科大学のキャンパスはJR東海道線辻堂駅から徒歩15分となっており、徒歩でも通えますけど、バスを利用すると5分程度で着きます。駅の周辺はそこまで充実しているわけではないものの、飲み屋などは結構あるらしいので、飲み会などを開きやすいみたいです。あとはショッピングモールなどもあるようなので、買い物もしやすいです。キャンパス内では研究施設なども充実していますが、図書館がかなり大きいです。試験勉強をする学生が利用したりしていますが、DVDやBlue-rayなどを観れるスペースがあり、空いた時間で利用している学生も多くいます。そして、女子学生のためにすみれラウンジという休憩スペースがあり、フィッチングルーム、パウダースペース、ネット環境などが揃っており、多くの女子学生で賑わっている場所になります。こういった雰囲気が特徴的でありますが、学生の口コミを見ると、駅からちょっと遠いのが不満みたいです。しかし、全体的に言えば湘南工科大学のキャンパスの評判は良いです。最近になって、リニューアルされた部分もあるようなので、最適な環境の中で勉強をすることができます。実際に湘南工科大学のキャンパスの雰囲気を直に感じてもらうと良いと思うので、1度キャンパスに行ってから受験すると良いと思います。学生の評判は結構良いですから、いろいろな面をチェックしていきましょう。

 

あわせて読みたい記事