リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

イオンリテールの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

イオンリテールに就職したい人はその難易度について知っておきましょう。イオンリテールイオングループの子会社になりますが、かなり大きな会社です。したがって、イオンリテールに就職したいと思っている人は多くいると思います。イオンリテールの就職の難易度を調べるときには、倍率を見ておくと良いのですが、イオンリテールの就職の倍率は明らかにされていないので、そういった意味では難易度を掴みづらいのです。イオンリテールの就職における難易度は何とも言えません。ただ、過去の採用人数は多めです。300人を超えている年もあるので、そういった部分を含めるとイオンリテールの就職における倍率は高くはないのではないか?と思われます。イオンリテールの採用試験の難易度は掴みづらいですけど、倍率はそこまで高くはない可能性もあるということです。しかし、まず気になるのは学歴フィルターでしょう。

 

イオンリテールの就職では学歴フィルターはあるのか?

イオンリテールの就職の難易度に関係する部分としては学歴フィルターが重要になります。したがって、そういったところについて考えていきたいのですが、イオンリテールの就職の倍率が分からないので、予測しかできません。イオンリテールの就職の倍率はすでに話したように、採用人数の多さからそこまで高くはない可能性がありますけど、イオンリテールの就職で学歴フィルターがあるか?の判断については、採用実績校を見ていくと良いと思います。イオンリテールの就職の採用実績校は公開されているので、そういったところをチェックしていきます。一覧を見ると、明らかにFランク大学じゃないか?と思われる大学からの採用があることが分かります。つまり、イオンリテールの就職では学歴フィルターがある可能性は低いということです。イオンリテールの就職では学歴フィルターがある可能性はかなり低いと思いますが、選考では学歴や大学名を全く見ないということではないと思うので、そこは理解しておいてほしいです。イオンリテールの採用試験の難易度については、倍率が分からないので掴みづらいとは思いますが、業界それ自体が人気ではないのですごい高いとは思いませんが、会社自他は大手ですから、イオンリテールの就職の倍率は低いとは思えません。

 

学歴や大学名は履歴書、エントリーシートなどに記載する箇所があると思うので、そういった意味では、全く参考にしないということはないでしょう。書かせるということは見ることもあるということなのです。ただ、採用の可否にあたって、大きな要素にはならないと思います。イオンリテールの就職では学歴や大学名というのは、無関係ではありませんけど、結局は面接の出来栄えが重要ということで、人物重視になると思います。イオンリテールの就職では学歴フィルターとしては存在しないが、学歴や大学名は見ていると思います。ただ、面接の練習をしっかりとやって、そこでの人事の印象を高めることが、イオンリテールに就職するには必要なことになります。イオンリテールに就職したい人はそういったところを頭に入れておきましょう。そして、イオンリテールの就職の評判に関して知っておいてほしいと思います。イオンリテールの社員の口コミを利用して、仕事は忙しいのか?激務なのか?などに関して、入社する前にイオンリテールの就職の評判として把握しておきましょう。

 

イオンリテールの就職の評判はどうなっている?

イオンリテールの就職の評判をチェックするときには、まずはイオンリテールの平均年収を見ておきましょう。イオンリテールの平均年収は500~600万円程度となっています。平均年収としてはそこそこ高いですし、やはり大企業という感じがするのではないでしょうか?イオンリテールの働き方に関する口コミを見ると、イオンリテールの仕事が激務なのか?といったことが分かりやすいと思います。イオンリテールでは入社後はまずは全国の関連する店舗での勤務になり、そこで接客、販売、管理、マネジメントなどのあらゆる業務を行っていくことになるのです。ユニットコースはその後は店長となりますが、ゼネラルコースは人事、バイヤー、総務、経理、教育などの本部での仕事になるようです。ただ、入社時にどちらのコースを選んでもまずは店舗での勤務がしばらく続くので、そこについての口コミがかなり多いです。そういったものを紹介していきますが、労働時間に関しては店舗ごとに異なるので、配属先によっては激務になることもありえるみたいです。残業は原則として禁止になっており、残業をするには上司の許可がいるということでハードルが高いのですが、残業はしないものの、持ち帰りでの仕事があるとか、そういった感じで結局労働時間が少ないわけではないようです。

 

そもそも仕事量とかが店舗によってどうしても異なります。店舗の立地によって客の入りも違えば、バイトなどの数も異なるので、社員の負担も変わるということです。そうなると、店舗によってはイオンリテールの仕事が激務になっているところもあったり、逆にそこそこ楽だったりということもあるということです。でも、忙しいところでもそこまで長時間労働にはなっていないようで、平均して1日の労働時間は8~9時間なので、社外での仕事もそんなに多くはないということみたいです。お客様感謝デーなどーが定期的にあるので、そういったときに1日の労働時間がちょっと伸びますが、平均するとそういった感じなので、全体的にはイオンリテールの仕事は激務とは言えないでしょう。忙しい度合いは店舗ごとに異なっているとは言え、激務に感じるところは少ないのではないでしょうか?店舗によっては人手不足で忙しいところもあるとは思いますが、最初どの店舗に配属されるか?が重要ということです。イオンリテールの社員の口コミで不満に感じている点を挙げるとすれば、年末年始や大型連休で休みがとれないということです。小売業はどこもそういった感じなのでしょうし、ここはしょうがないと思います。小売業の宿命です。ただ、有給休暇は希望した日にだいたいとれるとされているので、休日に関してもそれなりに満足いく働き方をしている人は結構いるようです。イオンリテールの就職の評判はこういった感じで、イオンリテールに就職したい人は難易度などとは別に、こういった口コミなどもチェックして、選考を受けてほしいと思いますね。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生に関して検索をして、その中で興味を持った人に対してスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカだからこそ発生する大きなメリットになります。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事