リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

盛岡大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

【スポンサードリンク】

盛岡大学は東北地方にある私立大学で、こういった地域ではある程度知名度はあると思います。大学の規模は大きくはないですけど、盛岡大学は東北では評判が良いと思うのです。盛岡大学では文学部と栄養科学部のみとなっており、文系と理系が1つずつありますけど、それぞれの難易度も知っておかないといけないのです。盛岡大学の偏差値についてまずは把握しておくことが重要となりますから、まずは学部ごとの偏差値について知っておく必要があります。盛岡大学についての評判なども知っておく必要がありますけど、まずは学部ごとの偏差値を調べておきましょう。盛岡大学に受かりたい人はまずは学部ごとに難易度を把握しておくようにしてほしいです。河合塾の偏差値からそういった点について紹介をしていきたいと思います。

 

盛岡大学の学部ごとの偏差値は?

盛岡大学の偏差値というのはかなり重要な情報になりますけど、文学部は35.0~37.5で、栄養科学部は35.0となっており、学部ごとの差はあまりありませんけど、盛岡大学の全体のレベルとしてはそういった感じになっているということです。つまり、盛岡大学の偏差値は文学部も栄養科学部も高くはないです。簡単に入れるとは言い切れませんが、しっかりと対策をすれば十分に受かる可能性はあるでしょう。一般入試で入る人は盛岡大学の入試科目なども知っておく必要がありますし、指定校推薦やAO入試などで受ける人は面接対策をして、盛岡大学の志望動機などを考えておく必要があります。そういった点も重要ですが、まずは盛岡大学の難易度を確認しておきましょう。盛岡大学に受かりたい人は大学のレベルを知っておくと良いです。学科ごとにも微妙に偏差値は異なっています。文学部は英語文化、児童教育、保育・幼児教育が35.0で、日本文、社会文化が37.5となっています。栄養科学部は栄養科学学科のみなので、見やすいですね。

 

こういった感じで、学部学科まで詳しく難易度を調べておくと良いでしょう。一般入試の人は自分が受ける学部学科を決めるときには、盛岡大学の学部学科ごとの偏差値も参考にすると良いかもしれません。盛岡大学の難易度に関してはセンター利用のボーダーラインの得点率といったデータも重要です。一般入試のみではなく、センター利用入試でも受けられます。したがって、その得点率を知っておくということも重要です。盛岡大学のセンター利用のボーダーラインにおいては、学部学科ごとにかなり差があります。特に文学部に関しては難しいケースもあるのです。文学部のセンター利用のボーダーラインに関しては英語文化が55%、日本文が48%、社会文化が61%、児童教育が58%、保育・幼児教育が67%になっていますから、学科ごとにかなり差があります。栄養科学部は42%となっているので、こちらは分かりやすいです。これはパスナビに載っている数字ですから、毎年多少なりとも変動はあると思いますけど、大きくは変わらないと思います。こういったボーダーラインを目安にして過去問を解いて、何割取れるか?確かめていきましょう。センター利用入試の入試科目の情報も必要ということになります。

 

盛岡大学の倍率はどうなっている?

盛岡大学の一般入試における倍率というのも知っておきましょう。盛岡大学に受かりたい人は偏差値をチェックしたうえで、倍率に関しても知っておいた方が良いと思うのです。盛岡大学では前期と後期がありますが、どちらに関しても、どの学部学科も1~2倍の間となっています。ただ、例外があって、文学部社会文化に関してはちょっと倍率が高いです。年度にもよりますが、2~4倍程度あるので、年によってはかなり倍率が上がるということです。他の学部学科に関しても例年は1~2倍の間ですが、それよりも高くなることがあるので想定しておいてほしいと思います。盛岡大学の難易度というのはこういった倍率からも推測できますから、盛岡大学の偏差値のみならずそういった情報もチェックすると良いです。盛岡大学の倍率はだいたいの数字を把握しておきましょう。あとは盛岡大学の評判としてキャンパスの立地条件などを知っておくと良いです。実際に自分たちが通う可能性があるキャンパスの雰囲気などを把握しておいてほしいので、盛岡大学の学生の口コミからそういったところをチェックしておきましょう。

 

盛岡大学のキャンパスの立地条件の評判は?

盛岡大学のキャンパスの立地条件としては都会的な雰囲気ではなく、どちらかというと自然に囲まれた雰囲気という口コミがあります。アクセス方法としては多様で、バスを使う人もいれば、自転車や車で通学する人もいるなど、結構人によって違いますが、家が近所にあるという人も多いということです。キャンパスの周辺はコンビニがあるくらいで、これといった目立つ部分はないようです。周りに何もないため、不便に感じる一方で、勉強に集中できる環境と評価する声もあるので、盛岡大学のキャンパスの評判としてはそういった面もあるというのは知っておきましょう。キャンパス内の施設としては食堂がまず評判がいいです。500席以上あるので、学部の数が多くない割には座席数が多いので、お昼時に座れない心配が少ないでしょう。大規模大学になると座席がとれないというケースが普通にありますから、その点は盛岡大学のキャンパスの評判になると言えます。あとは大学生協売店があり、食品、文房具、日用品などが揃っているので、学生生活の備品とか、軽い食事はここで購入できます。そして、盛岡大学のキャンパスの魅力としては岩姫ラウンジというスペースがあるという点です。ここはラウンジで、机と椅子が置いてあるくつろぎの場となっており、学生同士の雑談、憩いの場になっています。吹き抜けの天井が印象的で、授業の合間とか、空き時間に利用することが多くあるのではないでしょうか?盛岡大学のキャンパスの雰囲気は実際に見学に行くと分かりやすいので、こういう口コミのみならず、自分自身で盛岡大学のキャンパスの評判を確かめるようにすると良いと思います。

 

あわせて読みたい記事