リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

東急ハンズの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

東急ハンズの就職の難易度はどうなっているのでしょうか?日ごろから利用している人も多いのではないか?と思います。東急ハンズに就職したい人はどれくらいの難易度なのか?というのは気になると思いますが、そういったときには倍率をチェックしたいところです。しかし、東急ハンズの就職の倍率に関しては記載がないので、東急ハンズの就職の難易度は分かりづらいというわけです。東急ハンズの採用試験の難易度は高いでしょう。多くが知っている企業だけに、東急ハンズの就職の倍率も高いと思いますし。東急ハンズの就職における難易度はちょっと正確には表現できませんが、かなり高いと思います。東急ハンズの就職における難易度に関しては学歴フィルターについて知っておくと良いでしょう。東急ハンズの就職では学歴フィルターの有無を確認しておきましょう。

 

東急ハンズの就職では学歴フィルターはあるのか?

東急ハンズの就職における倍率が正確に分からないため、学歴フィルターがあるのか?を確かめるのは難しいですけど、採用実績校を見るとある程度把握できます。東急ハンズの就職の採用実績校に関しては、美大とか、Fランク大学と思われるところからの採用があるので、東急ハンズの就職では学歴フィルターがある可能性は低いと思います。東急ハンズの就職における倍率が正確に分からないので、そういったところを参考にするしかありませんが、東急ハンズの就職の採用実績校を見ると、学歴や大学名に固執している感はないのです。東急ハンズの採用実績校をチェックして、そういったところを見ておけば、学歴フィルターの有無に関してある程度判断ができるでしょう。学歴フィルターは東急ハンズの採用試験の難易度に関係するのでしっかりと理解をしておいてほしいです。東急ハンズの就職の倍率は高いと思いますから、学歴フィルターがなくても十分に難しい会社だと思うのです。

 

東急ハンズの就職では学歴や大学名が無関係とは言いません。学歴フィルターとして存在している可能性は低いと思いますけど、学歴や大学名をチェックはすると思います。やはり就活においては、学歴や大学名に関しては全く考慮しない会社はないでしょう。だから、東急ハンズの就職でも学歴や大学名は関係するはずです。そこは知っておいてほしいです。ただ、関係するといっても合否で最も重要なのは、その人の人柄や潜在能力の部分でしょうから、そこでアピールができれば良いと思います。東急ハンズに就職したい人はそういったところを考えておきましょう。東急ハンズの就職における難易度は漠然とした感じで伝わりづらいと思いますが、東急ハンズの就職の倍率が分からないとしょうがないです。あとは東急ハンズの就職の評判を把握しておきましょう。東急ハンズの社員の口コミからそういったところを見ておきましょう。仕事は忙しいのか?激務なのか?といったところは特に重要ですから。東急ハンズに就職したいならばそういった点も把握しておくと良いと思います。

 

東急ハンズの就職の評判はどうなっている?

東急ハンズの就職の口コミを見ておくと、東急ハンズの就職の評判を理解することができます。まずは東急ハンズの平均年収について知っておきましょう。平均年収に関してはおよそ500万円程度となっていますから、それなりに給料は良いと言えるでしょう。東急ハンズの就職において平均年収はそれなりに高いと言えます。したがって、そういったところはまず大きな評判と言えるでしょう。ただ、問題なのは働き方で、東急ハンズの仕事は激務なのか?とか、忙しいのか?といったことが気になるでしょう。そういったところも東急ハンズの社員の口コミから確認しておきましょう。東急ハンズの仕事は新入社員からまずは店舗での勤務になるようですが、それぞれの店舗ごとに激務の度合いが違うとされています。特に新規開店した直後が尋常ないくらいに忙しいと言われています。店舗ごとにいろいろな事情が違っています。特に重要なのはアルバイトの数とかで、それによって社員の労働量が異なるので、店舗によっては本当に激務になるみたいです。ただ、口コミでは相対的に楽に勤務できるところもあって、残業があまりない、少ないという声もあるので、勤務先によって労働環境はまるで違うということです。

 

だから、東急ハンズ全体として激務か?どうかは何とも言えないのです。実際に仕事をしてみないと分からないと言えます。店舗勤務がしばらく続くと思いますが、その中で言えば休日の取り方も差があります。有給休暇に関して100%消化できるといった口コミもあります。夏休みには1週間程度休みをとることを勧められる店舗もあるみたいですし、それぞれで事情が異なりますが、休みをとりやすいところもあるということです。しかし、アルバイトが少ないところかは社員の負担が増えるので、自動的に休みも取りづらくなります。労働時間の激務の度合いと休日の取りやすさは比例する可能性があるということです。将来的には本部などで別の職種を任されるはずですが、1年目からしばらくはそういった勤務になるでしょう。離職率に関しては年度によりますけど、近年は10%弱くらいですから、そんなに高くはないかな?と思います。だから、人によっては東急ハンズの仕事は激務に感じることはあると思いますけど、離職率が言うほど高くはないので、激務といっても身体を壊すほどというケースはほとんどないんじゃないかな?と思います。忙しい店舗は間違いなくありますけど、ブラック企業みたいな雰囲気ではないのだと思います。東急ハンズの就職の評判としてこういった実態は重要なので、東急ハンズの就職における難易度とは別にこういったところも把握したうえで、受けて行ってほしいと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で企業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが届いたということは自分のことを必要だと思ってくれたはずですし、少なからず関心を示しているということが言え、そのスカウトが届いた企業に応募することで、内定を取ることができる確率が少しでも高い企業の選考を受けることができます。

 

そこがキミスカのメリットということになりますが、この部分は就活生にかなり大きな魅力を提供しています。内定の確率が上がるはずですから。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事