リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

東宝の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

東宝と言えば映画や演劇などの配給がメインとなっている会社です。知名度は抜群で、東宝の就職の難易度は非常に高い可能性があります。東宝に就職したいならばまずは難易度を知っておくべきですけど、東宝の就職の倍率については公開されていないので、難易度はちょっと分かりづらいということが言えます。東宝の採用試験の難易度については、会社自体が大きいためにかなり高い可能性がありますが、東宝の就職の倍率が分からないので正確には把握しづらいです。ただ、すでに話したように倍率が低いということはないと思うので、そこは頭に入れておいてほしいです。実際に東宝を受ける上えまず知っておきたいのは学歴フィルターの有無でしょう。学歴フィルターがあるのか?どうかというのは非常に重要です。東宝に就職したい人はそういった点も把握したうえで、受験をしていくと良いと思います。

 

東宝の就職では学歴フィルターはあるのか?

東宝の就職における難易度に関して、学歴フィルターの有無を探っていきましょう。学歴フィルターがあるのか?というと、倍率が分かりませんから、そういった情報以外のところから把握していくべきです。東宝の採用実績校を見ていくと良いのです。東宝の就職の採用実績校のデータは公開されているので、そこから推測ができるでしょう。東宝の採用実績校を見ると、採用がある大学の中で最もランクが低いのは日東駒専産近甲龍です。載っている中での話なので、実際はもっと下のランクの大学からも採用がある可能性はあります。だから、これだけで学歴フィルターの有無を判断することはしづらいですけど、日東駒専産近甲龍から採用があるならば、東宝の就職で学歴フィルターがある可能性は低いと思います。そもそも東宝の就職の倍率がどれだけあるか?も分からないので、学歴フィルターの必要性があるのか?も分かりませんが。東宝の就職では学歴フィルターの可能性が低いと考える理由としては、やはり学歴フィルタ尾のボリュームゾーンの問題です。

 

学歴フィルターというのはどの辺が多いのか?というと、MARCHから日東駒専と言われているので、日東駒専が大丈夫ならば、MARCH以上が基準のケースの可能性がまず消えるわけで、それによって東宝の就職における学歴フィルターの可能性は低くなります。絶対に学歴フィルターがないと断言できるわけではないですが、東宝の就職における難易度として重要なので、知っておきましょう。東宝の就職では学歴や大学名を見ないことはないと思いますけど、学歴や大学名をチェックするとしても限定的でしょう。就活は人物重視に傾きつつあるので、学歴や大学名よりはその人自身の潜在能力と今後の成長力に企業は期待していると思います。新卒の場合には特にそういったところを見ていると思うのです。だから、東宝の就職では学歴や大学名は関係ないわけではないのですが、これから努力すべきはそういったところであり、いかに面接などで自分の可能性をアピールできるか?が重要ということなのです。東宝に就職したい人はそういったところを頭に入れておくと良いと思います。東宝の就職の倍率は高いと思うので、しっかりとした対策が重要です。そして、東宝の就職の評判について知っておいてほしいですから、社員の口コミから職場の雰囲気とか、働き方についてチェックしておきましょう。

 

東宝の就職の評判はどうなっている?

東宝の就職の評判を調べるときには、まずは東宝の平均年収が重要となります。東宝の平均年収は900万円強くらいになると思います。したがって、非常に高収入が期待できる会社ですが、東宝の給料に関する評判としては、毎年1回昇給があり、年齢を重ねていくごとに徐々に自身の年収は上がっていくみたいです。ただ、部署によって評価の仕方が異なるようで、そこに不満を感じているような口コミもありますが、それは他社でもあるようなことな気がします。昇給がない全くないような会社も多い時代なので、昇給がちゃんとあるだけでも魅力的でしょう。東宝の働き方に関する口コミでは、1日当たりの労働時間は9~10時間となっており、そこまですごい多いわけではないです。ただ、東宝の就職の評判としては残業が多いという声も一部ありますし、あとは部署移動も多いという声があります。プライベートが多少は犠牲になるという評判があるので、東宝の仕事が激務になるとは言えないかもしれませんけど、忙しい雰囲気はあるのでしょう。1日の平均労働時間からすると、ブラック企業のような長時間労働ではなさそうですけどね。瞬間的に激務になるようなことはあっても、それが恒常的に続くということではないのでしょう。

 

東宝の仕事については激務まではいくケースは少ないと思いますが、それなりに忙しい可能性はあります。しかし、東宝の社員の口コミでは給料が良いから、ある程度満足しているという感じもうかがえますね。それに残業があれば、残業代はきちんと出るようですし、全体的には東宝の就職の評判は高いと思います。そして、会社自体が安定しているので、その点も評価されています。実際は部署によって仕事内容も違いますし、それぞれで東宝の仕事の忙しい程度も変わるでしょう。だから、もしかしたらそこそこ激務に感じる職場もあるかもしれませんが、すでに話したように部署移動が頻繁にあるようなので、仮に東宝の仕事が激務になりやすい部署になっても、すぐに解放される可能性があるということなのでしょう。東宝の採用試験の難易度は高いはずですから、こういったところも理解して、会社での働き方に関して把握してから受けると良いのではないでしょうか?企業研究などに生かせる情報が得られる可能性もありますから。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っているのです。それは自分が内定を取るための確率が高い企業はどこか?というのが事前に分かるということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカではスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして参加でき、選考の一部をショートカットできます。こういった場合には他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事