リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

佐川急便の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

佐川急便は多くの人の日常生活に携わっている会社で、利用したことがないという人は少ないかもしれません。物流業界はなんとなく激務なイメージもあるかもしれませんし、佐川急便の激務ぶりはニュースで話題になったことがあります。したがって、忙しいということはある程度は覚悟しないといけないと思いますけど、佐川急便に就職するにはまずは選考で合格しないといけません。佐川急便の就職の難易度を知っておく必要があります。佐川急便の就職の倍率については、公開されていないようで正確な数字は分かりません。だから、倍率から佐川急便の就職における難易度を確認することができないのですが、倍率は恐らくそこまで高くはないのではないか?と思います。佐川急便に限らず、この業界は仕事が忙しいイメージもあって、就活生に人気とは言い難い面がありますし、採用人数はかなり多いです。毎年500人ほどは採用されているので、それによって、倍率は高くはなっていないと思います。

 

・佐川急便の就職では学歴フィルターはあるのか?

佐川急便の採用試験の難易度を調べるときには学歴フィルターが重要と言えます。学歴や大学名の関係は気になりますよね。佐川急便はそれなりに大きな企業ですけど、佐川急便の就職の倍率は高いとは言えない可能性もあるので、学歴フィルターがある可能性はその時点でも低いと思いますけど、念のために採用実績校を見ておきましょう。佐川急便の就職の採用実績校は全国的にいろいろな大学からの採用があり、Fランク大学と思われるところからの採用もあります。したがって、佐川急便の就職では学歴フィルターはないのではないか?と思います。佐川急便の就職の倍率が分かれば良いんですけど、採用実績校からも推測ができなくはないと思います。佐川急便に就職するにはいろいろな選考を通過しないといけませんけど、学歴フィルターは恐らくないでしょう。ただ、学歴や大学名のチェックはしている可能性があります。これは佐川急便だけではないですけど、すでに採用実績がたくさんある大学が人気の可能性もありますから。佐川急便で採用実績が多くあるところは多少有利になる可能性もあります。

 

そういった意味では、佐川急便の就職では学歴や大学名はチェックはされているでしょう。でも、そこまで有利、不利は変わらない可能性もありますし、そんなに気にするほどではないと思います。就活は面接などが重要なので、そこでどういう評価をされるかでしょう。だから、佐川急便に就職したい人はそこで結果を出せるか?どうかを考えていきましょう。佐川急便の採用試験の難易度とは別にそういう部分も考えておくべきです。佐川急便の面接対策では志望動機や自己PRも重要ですし、佐川急便に就職するにはそういったところでどうやってアピールするか?も重要ですから。佐川急便の就職の評判も同時に調べておきましょう。佐川急便に就職したい人は会社の実態も重要ですから。激務のイメージもあるかもしれませんけど、実際はどうなのか?というのが重要です。佐川急便の就職の評判をチェックするために、社員の口コミを見ておきましょう。

 

・佐川急便の就職の評判はどうなっている?

佐川急便の就職の評判を調べるときには平均年収についてまずは知っておきましょう。給料面は気になると思いますから。佐川急便の平均年収については600万円強くらいはあると思います。平均年収については満足している口コミがそこそこあって、仕事は忙しいかもしれないですけど、ボーナスがちゃんと出て、半年に1回昇給があるという口コミがあるので、そこは割と満足いっている人が多いようです。佐川急便の就職の評判としてまず重要な面になります。佐川急便の働き方については重要な評判になりますけど、佐川急便の労働時間の平均は10~11時間となっているので、それなりに多いです。残業が多いということは言えますけど、社員の口コミではこれでも以前よりは残業は減ってきているみたいです。以前よりも人を増やした結果、1人当たりの仕事量は減ったみたいです。残業時間はそれなりにありますから、激務に感じる可能性はありますけど、少しずつ状況は改善されている会社のようです。職種によって働き方が変わるので、そこは知っておきましょう。基本的には運転が業務に入ってくるケースが多く、運転が必要ないのはセールスデリバリー職など一部みたいです。そういう働き方の違いでも激務の度合いは変わってくる可能性はあります。

 

あとは休日出勤がどうしてもあるようです。人員が増えてきたとはいえ、まだ足りない部分はあるようで、一定の頻度で休日出勤が発生する状況は避けられないとなっています。この業界特有の面でもあると思いますが、なかなか予定通りに休みづらいのです。ただ、サービス残業に関しては基本的にないようで、サービス残業を課すと厳しく警告されるようなので、会社の体質としてそういった面は心配ないのでしょう。残業代販ちゃんと出るようですし、あとは有給も取りやすいという口コミがあります。有給に関しては上司次第の面もありますけど、会社全体としては取りづらい雰囲気を感じている人はあまりいないようです。佐川急便の就職の評判はこういった感じで良いところもあるわけです。佐川急便の仕事がかなり激務な面も想像されますが、そこに関しても以前よりはよくなってきているようなので、働いているうちにどんどん改善されていく部分はあると思いますし、仕事は忙しいとは思いますけど、平均年収はそれなりに高いので、良いところもあるので、そういったところも含めて佐川急便の就職の評判は理解しておきましょう。佐川急便に就職するには選考を通過する必要もありますが、こういった口コミもチェックして、入社したらどういう働き方をするのか?も理解しておきましょう。佐川急便の就職の難易度はそこまで高いとは言えないかもしれませんが、納得したうえで受けてほしいので、こういった情報は重要です。

 

あわせて読みたい記事