リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

ローソンの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

【スポンサードリンク】

ローソンの就職の難易度はどれくらいでしょうか?ローソンに就職したいと思っている人は多くいると思います。かなり有名な企業で、誰もが知っているのである程度は人気だと思います。ローソンの就職の倍率はそこまで高いとは言えません。ローソンの就職の倍率についてはおよそ20倍強くらいです。したがって、すごい高いわけではないですけど、低いわけではないので、ローソンの就職における難易度は割と高いと認識しておきましょう。ローソンに就職したい人はそういった難易度を理解してほしいですけど、ローソンの採用試験の難易度については他にも重要なところがあります。それが学歴フィルターについてです。ローソンの就職において学歴フィルターがあるのか?どうかは非常に大きいです。したがって、ローソンに就職するには学歴フィルターを突破しないといけないのか?については知っておきましょう。

 

・ローソンの就職では学歴フィルターはあるのか?

ローソンの就職の倍率を参考にすると、恐らく学歴フィルターはないんじゃないか?と思います。ローソンの就職における倍率が20倍くらいということならば、この数字で学歴フィルターを実施している可能性は低いと思うのです。また、ローソンの就職の採用実績校を見ても、学歴フィルターをやっているという印象ではないです。ローソンの就職の採用実績校では、一般的に言えばFランク大学と思われる大学名が結構見られます。つまり、そういった大学からも多く採用されているということであり、倍率が高くないということも合わせて、ローソンの就職では学歴フィルターはないと思うのです。これは断言するわけではないですけど、客観的に見たらローソンの就職では学歴フィルターはないと言えるのではないか?ということです。ローソンの就職における難易度はどっちにしろ低くはないので、学歴フィルターがないとしてもそれだけ多くの人が採用試験の受けてくるということになります。

 

ローソンの就職では学歴や大学名はさほど関係ないとは思いますけど、やはり採用実績が多いような大学名は多少有利になる可能性があります。必ずしも高学歴が有利とは言えませんが、学生数が多いような大学は有利な可能性があるので、Fランク大学よりは中堅以上のレベルの大学の方が有利と言える可能性はあります。小売業界は学歴や大学名を気にするとはあまり思えないので、ローソンの就職でも学歴や大学名は無関係ではないけど、意識するほどでもないと思います。今更どうしようもないですし。ローソンの就職に就職するにはほとんどは面接などの出来です。そこで決まると思いますから、そこを努力して、対策していきましょう。ローソンの就職においては難易度なども重要ですが、評判がどうなっているのか?も重要と言えます。ローソンの社員の口コミなどを見て、ローソンの仕事は激務なのか?などに関してチェックをしてほしいと思います。ローソンの働き方を見てから、受けるか?どうか考えていくのも良いと思います。

 

・ローソンの就職の評判はどうなっている?

ローソンの就職における評判をチェックする際にはまずは平均年収をチェックしておきましょう。ローソンの平均年収は600~700万円くらいとなっていて、そこそこ高いので、平均年収の面では割と評判が良いと思います。ローソンの働き方に関しては、これは人によるという部分が大きいです。というのも、ローソンに就職すると、店舗勤務になるのです。そこからスーパーバイザーなどの職に就くことになるようなのですが、まずは店舗勤務というのを何年間かやるような形になるはずです。そして、どの店舗で働くか?という部分が非常に大きな要素になるわけです。というのも、店舗ごとに激務の度合いとかが違うのです。店舗によって条件が異なっているのですが、特に違うのは従業員の数です。バイトの数が多いところ、少ないところありますが、バイトが少ないところに配属されると仕事が激務になりやすくなります。バイトが多いところは相対的に激務ではないということになるので、ここは運の部分もあります。だから、ローソンの仕事が激務に感じる人もいれば、忙しいけどそこまでではないという人に分かれるのです。しかし、正社員に関してもシフト制となっているので、ものすごい長時間労働というのはないようです。

 

残業自体はあるようですけど、元々決まっているシフトに沿って勤務が行われているので、そこから大きく異なるような労働時間にはなりづらいようです。だから、ローソンの仕事は激務までは実はいかないということも言えるかもしれません。店舗ごとに多少なりとも差はあるはずですけど。ただ、ローソンの就職の評判においては休日に関しては、店舗ごとの人員によって左右される面があり、従業員が豊富なところは休みがとりやすいが、そうじゃないところは休みがとりにくいという面もあるようです。週休2日が基本のようですけど、2日休めないときもたまにあるという口コミもあります。ローソンの社員の口コミを見ると、人それぞれな面が結構あるので、実際に働いてみないと分からない面もありますけど、ローソンの就職の評判では全体的には激務になるケースは少なく、シフト通りの勤務でやっていくことになりますが、店舗ごとに従業員の人数が異なっているので、実際の感じ方は人によって違うというのは頭に入れておきましょう。ローソンに就職するには難易度はそれなりにありますから、しっかりと会社について詳しくなっていく必要があります。そのときには企業研究をしながら、こういう働き方についての部分も理解しておくと良いでしょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、基本的にたいていの就活生に関しては、自分が実際に選考を受験した企業の多くにおいて不採用になってしまうので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるというのも特徴です。今まで使っていたナビサイトと明らかにタイプが違うので、そういったタイプが異なるナビサイトを組み合わせることができるというのは、リスクが分散できるので相当なメリットとして機能するはずです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事